楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 【ジャンク・ギターでこいち時間 デジマート出張版】第3回

'90sフュージョン・シーンを彩ったシンセ・ギター「CASIO / PG-300」を修理する

エレキ・ギター(ジャンク)

ジャンク・ギターの修理をライフワークとする“こいち”による、ジャンク沼誘導連載第三弾。今回は、1990年頃にリリースされた「CASIO / PG-300」を修理する。カシオ計算機は、かつてDG-1やDG-20など独創的なギターを発表しており、本器(とその上位機種PG-380)も例に漏れず、当時としては画期的な音源を内蔵したシンセ・ギターであった。超魅力的な個体ではあるが、(文字通り)蓋を開けてみると、沼の住人ですらもおののきそうな作業が待っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【注意】
ジャンク・ギターの購入、及び修理の際は、個人の責任において、細心の注意を払って行なってください。当コーナーで示した修理内容や方法はあくまで参考であり、あらゆる人と環境、ギターに適応するものではございません。ジャンク・ギターの購入、修理において万が一の事故が発生した場合も、こいち氏、及びデジマート・マガジン編集部、デジマートで責任を負うことは出来かねますので、何卒ご了承ください。

登場人物

koichi_koichi_prof.jpg

こいち
ジャンク楽器に目がない。壊れた楽器をパズルや知恵の輪としか見ていない。難題を解いた時の快感が忘れられず、ズルズルと今に至る。

koichi_joshu_prof.jpg

助手
ブログ「こいち時間」の看板娘兼助手。楽器・機材の耳年増。ハンダづけされた部品を外す時に手伝ってくれたりする。

ジャンク・ギター出土
〜某有名リサイクルショップでCASIO / PG-300を発見

画像名を記載
助手

お出かけからの帰路にしてはわざわざ遠回りしてますね

画像名を記載
こいち

なんかこうムズムズするというか、リサイクルショップに呼ばれている気がする

ジャンク・ギターもたくさん置いてあるリサイクルショップ

画像名を記載
こいち

ふーん、このお店は楽器も取り扱っているのか

画像名を記載
助手

しらじらしい。このところ毎日のように通っているじゃないですか

画像名を記載
こいち

この連載が始まったからこその積極的にジャンク・ギターを探しに行ける喜びよ

画像名を記載
助手

立ち寄る免罪符を手に入れてしまってタチが悪い

CASIO PG-300 シンセ・ギター(ジャンク品)

画像名を記載
こいち

ということで買ってきました

画像名を記載
助手

連載の担当さんから購入可否の返信が届いてないのに……

画像名を記載
こいち

いつ来るかわからない返信を待つ時間があるなら次のリサイクルショップに行ってしまうわ

画像名を記載
助手

もしダメだったらどうしたんですか

画像名を記載
こいち

このコーナーにふさわしくないと判断されたとしても、個人的に弄ってみたかったので問題ない。形式として連絡はしてみたけどどっちに転んでも良かったかなと

画像名を記載
助手

なるほど、ジャンク・ギターが溜まるわけです

“ギター部分”の状態確認と修理
〜セレクター・スイッチとトレモロ・スプリングを交換する

状態を確認したが、音が出なかった

画像名を記載
助手

そもそもCASIOってギターを作っていたんですね。電卓や腕時計、シンセサイザー(カシオトーン)のイメージでした

画像名を記載
こいち

そうそう、これはまさにシンセが内蔵されているエレキ・ギターなのよ

画像名を記載
助手

珍しく普通のSTタイプを買ってると思ったら……!

画像名を記載
こいち

現状、どちらの音も出ないジャンク品だけどね

ヘッド部分には「Built-in iPD Sound Generator」と書かれている。新開発された(当時)音源で、64種類ものシンセ音色を内蔵している

作りはしっかりしていて、フジゲン製との噂もある。ボディ・トップには杢の出たメイプルが使われている

シンセ部分。電源は入るが音は出ない

画像名を記載
助手

気になってネットで検索してみたら、レビュー記事より修理記事のほうが多いくらいに問題を抱えたモデルなんですね……

画像名を記載
こいち

この手のマニアには有名な症状らしいし、修理情報もたくさんあるのでぜひ一度体験してみたかった

画像名を記載
助手

評判の例に漏れず、電源が入るだけでシンセの音は出ませんね

ボディ裏にはシンセ部の蓋がびっしり。パネルにはスイッチ類の機能がプリントされている

画像名を記載
助手

ボディの裏側がメカメカしくてかっこいい

画像名を記載
こいち

これぞ文面通りの“エレクトリック・ギター”って感じがするな

手応えのなかったピックアップ・セレクター。パネルを開けて確認すると破損していた

画像名を記載
助手

まずは失敗しても記事として成立するようにエレキ・ギター部から修理しようと思います!

画像名を記載
こいち

消極的な理由を声高らかにバラさないでくれ

画像名を記載
助手

この見るからに破損したピックアップ・セレクターを交換すれば、エレクトリックPUの音は出そうな気がしますね

画像名を記載
こいち

この作業は求めていた“軽症のジャンク・ギター修理”という感じで良いぞ~

デフォルトのセレクター・スイッチの同等品である、5ウェイ・セレクター「SCUD YM-50」

ピックアップ・セレクター交換後

画像名を記載
助手

交換するパーツは元のパーツと同等品なので、難しいことは考えず同じようにハンダ付けし直しました

画像名を記載
こいち

こういうのは交換前に写真を撮っておくと間違いがない

画像名を記載
助手

不調になったエフェクターのフット・スイッチ交換にも応用できますね

画像名を記載
こいち

動かなくなると、うかつに分解しちゃう人も多いと思うけど、まずはメモしたり、写真に収めたりするのがジャンク修理で重要なことかもしれない

持ち上がった状態のトレモロ・ブリッジ

トレモロ・スプリングが3本搭載されているが、弦の張力に負けている状態

画像名を記載
こいち

演奏面では持ち上がりすぎたトレモロ・ユニットが気になるので、ボディにベタ付けにしたいと思います

画像名を記載
助手

ほかの個体を確認するとスプリング5本が標準搭載っぽいですし、前のオーナーの好みで外したんですかね

画像名を記載
こいち

アームも欠品しているし、弦高も下げたいし、ブリッジを浮かせている理由はないと判断します

SCUDのパワースプリングに交換

スプリングを交換することで、ブリッジがボディにベタ付けされた

画像名を記載
こいち

せっかくなのでパワーのあるタイプのスプリングに交換してみた

画像名を記載
助手

同じ3本のスプリングでもトレモロ・ユニットがしっかりボディに密着しましたね

画像名を記載
こいち

この時点でエレクトリックPUの音も出たし、弾きやすくなったし、普通のジャンク・ギターだったら、めでたく〆に入るわけだが

画像名を記載
助手

お待ちかね、シンセ部の修理に進みます!

“シンセ部分”の状態確認と修理
〜バッテリー・ボックスと、気の遠くなるコンデンサー交換作業

新品のバッテリー・ボックス(左)、液漏れで腐食したバッテリー・ボックス(右)

新品のバッテリー・ボックスに交換した

画像名を記載
こいち

故障の直接的な原因ではないけど、腐食していたバッテリー・ボックスも同等品に交換っと

画像名を記載
助手

もしシンセ部の修理に失敗したら無駄な部品になるひとつですね

バッテリー・ボックス部には鬼目ナットが埋め込まれている

画像名を記載
こいち

何度も開け閉めするバッテリー・ボックスの蓋だけに鬼目ナットが埋め込まれているのが大変良い

画像名を記載
助手

もしシンセ部の修理に失敗したら二度と開くことのない部分ですね

バック・パネルを開き、シンセ基板を露出させた。なお、真ん中にある“CARD”と書かれた部分は、音源増設用のROMカードを挿入するためのカードスロット

画像名を記載
こいち

そしてこれが修理に失敗したくないシンセ部の基板になる

画像名を記載
助手

ここからは「ジャンク・シンセでこいち時間」をお楽しみください

電解液の漏れたコンデンサーたち

電解コンデンサーがすでに取れている部分も

シンセ基板に転がっている部品

基板から脱落した電解コンデンサー

画像名を記載
こいち

腐食具合はまちまちだけど、末期なものは少し触れただけで電解コンデンサーがポロポロと面白いように剥がれていくな!

画像名を記載
助手

誰が見てもこの状態で動作するとは思いませんね

画像名を記載
こいち

ちなみにコンデンサー交換の経験は?

画像名を記載
助手

ギターのトーン・コンデンサーをいろいろなものに変えてみたり、ハイパスを追加してみたり、楽器を弄る人の嗜みとしてひと通りは経験しているつもりですよ(ドヤッ)

交換用の電解コンデンサー

画像名を記載
こいち

ふむふむ、それを32回繰り返してみようか

画像名を記載
助手

デジマート地下実験室でも数十個の交換でしたよ

画像名を記載
こいち

こういう経験がのちのちの“やったことがある”というマウントを取れるようになるんだぞ!

画像名を記載
助手

ひ~!

交換する電解コンデンサーの一覧

画像名を記載
こいち

元の付いていたコンデンサーの値やネットの海で得た回路図を参考に、手に入りやすい値で集めてみた

画像名を記載
助手

銘柄やサイズがバラバラなのもその時の在庫に左右されている感じですね

ハンダゴテ、2台体制

ハンダ吸い取り線。残ったハンダを除去するのに便利である

アナログ・テスター。導通確認に使用する

画像名を記載
こいち

今回は基板をできるだけ傷めずにコンデンサー交換を行ないたいので、ハンダゴテは2本用意しました

画像名を記載
助手

これでコンデンサーの両端を温めて、浮いてきたところを私が取り除く流れになります

画像名を記載
こいち

助手役は無理に用意しなくてもいいけど、ハンダゴテは2本あると嬉しいな

画像名を記載
助手

ハンダゴテより優先度が低い

お漏らしした電解コンデンサーを除去する前の基板。向かって右側に7つマウントされている銀色の頭の部品がそれ

腐食している面はデザインナイフで削り、銅箔を露出させている

電解コンデンサーを交換したあとの基板

画像名を記載
こいち

シンセ基板は3枚で構成されているので気長な作業となる

画像名を記載
助手

極性があるのでテレコにならないように注意して、新しいコンデンサーに交換しまーす

画像名を記載
こいち

元のコンデンサーより高さもあるので寝かせて配置するなどの工夫も必要だ

導通が確認できなかった箇所はジャンパー線(赤い線)を追加した

画像名を記載
こいち

あとコンデンサーをひとつ取り付けたら両端の行き先へ導通しているかを、テスターで確認すること

画像名を記載
助手

赤い線はうまく導通していなかった箇所に追加したジャンパー線になります

〜全32個のコンデンサー交換終了〜

除去された電解コンデンサー。ひとつは購入時から紛失していた

画像名を記載
こいち

つ、疲れた~!

画像名を記載
助手

文字にすると簡単ですけど、小さい部品の除去、清掃、新しい部品の取付、導通確認と作業は多いですね

画像名を記載
こいち

成功の喜びを想像して最後までやりきるしかなかった

画像名を記載
助手

皆さんも、うかつに挑戦して同じ体験をしてほしいですね

画像名を記載
こいち

苦労を分かち合おうぞ

修理完了
〜シンセ部分も奇跡の復活!

苦労の甲斐あって、シンセ部も正常動作するようになった

画像名を記載
助手

シンセの音がすべての弦で鳴っている!

画像名を記載
こいち

……楽しい、楽しい!

画像名を記載
助手

これは嬉しいですね!

画像名を記載
こいち

喜びを分かち合おうぞ

修理完了。無事に動くようになりました!

「サターンバレーのテーマ」(from『MOTHER2 ギーグの逆襲』)、もとい通称“どせいさんのテーマ”もPG-300だけで演奏できる!

画像名を記載
こいち

ギターでいうなら実質32本分のトーン・コンデンサーを交換したと言っても過言ではない

画像名を記載
助手

もう普通のコンデンサー交換の記事じゃ満足できません

画像名を記載
こいち

「コンデンサーを交換するとギターの音はどう変わるのか?」

画像名を記載
助手

音の出なかったものが出るようになります!

画像名を記載
こいち

大正解!

画像名を記載
助手

きゃっきゃっ

画像名を記載
こいち

(ゴソゴソ)

画像名を記載
助手

……?

こいち所有のCASIO PG-380。今回のモデルより以前に出た上位機種に位置する

画像名を記載
こいち

ちなみにこれは自分が過去に手に入れたジャンクのカシオ・ギターだ

画像名を記載
助手

同じの持ってるんかい

画像名を記載
こいち

違う違う! こっちのほうが初期に出た上位モデルだ。指板もエボニーだし、リア・ピックアップのハムバッカーはタップできたり、トーンも付いているんだぞ!

画像名を記載
助手

この流れは慣れてしまいました

画像名を記載
こいち

同じのは音が出ないことくらいだ

画像名を記載
助手

これを機にこちらの修理も進めるんですか?

画像名を記載
こいち

ひと通り体験してしまったので後回しかな~

画像名を記載
助手

ジャンク・ギターの在庫状況は変わらずですね~

過去記事一覧

第1回:昭和の通販ギター「Tomson / SPLENDOR SERIES」を修理する

koichi#1_main.jpg

第2回:ハイセンスな名ギター「Danelectro / 59-DC Daddy-O-Yellow」を修理する

koichi#2_main.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

エレキ・ギター(ジャンク)

デジマートでこの商品を探す

エレキ・ギター リプレイスメント・パーツ

デジマートでこの商品を探す

コンデンサー

デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS