楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 次世代のスタンダードを目指すオーディオI/O

STEINBERG UR22C × 山口和也

STEINBERG / UR22C

優れたコスト・パフォーマンスとサウンド・クオリティで、ビギナーからプロフェッショナルにいたるまで幅広い層に支持され続けているオーディオI/O、STEINBERG URシリーズがさらに進化を遂げ、『UR-Cシリーズ』として登場。音質、機能、価格と、ユーザーから求められるポイントをしっかりと押さえた“次世代のスタンダード”を目指した本シリーズを、さまざまなフィールドで活躍するアーティスト3組に試してもらった。今回は、2イン/2アウト仕様のUR22Cを使い、ギタリストの山口和也がギター・ロックを制作! その中で感じたUR22Cのサウンド、操作感の印象を語ってもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

STEINBERG UR22C × 山口和也

Product Overview 〜UR22C 製品概要

STEINBERG UR22C / 価格:オープン・プライス(市場予想価格:税別16,000円前後)

STEINBERG UR22C(Rear)

デジマートでこの商品を探す

 2イン/2アウトのシンプルなオーディオ・インターフェース「UR22C」は、最大32ビット/192kHz対応のAD/DAコンバーターを搭載し、USB 3.0(タイプC)接続による高速データ転送と高電源供給を実現。本体にはカスタム・メイドのDSPチップ“SSP3”を搭載しており、付属のソフトウェア・ミキサー「dspMixFX UR-C」上で、アンプ・シミュレーターやチャンネル・ストリップ、リバーブといったエフェクトをレイテンシー・フリーで使用することが可能だ。さらに、Cubaseの基本機能を搭載したスペシャル・バージョンの「Cubase AI」と、iOS/iPadOS版のマルチタッチDAW「Cubasis LE」が付属し、購入してすぐに音楽制作が始められる。また、本体のUR22Cとコンデンサー・マイク、モニター・ヘッドフォンがセットになった「UR22C Recording Pack」もラインナップされている。

UR22C Specifications:
■入出力:マイク/ライン・イン(コンボ)×2(インプット2はHi-Z対応)、メイン・アウト(L/Rフォーン)、ヘッドフォン・アウト(ステレオ・フォーン)、MIDIイン/アウト ■ビット&レート:最大32ビット/192kHz ■ループ・バック機能:あり ■接続:USB 3.0 ■電源:バスパワーまたはUSB 5V ACアダプター(別売) ■外形寸法:159(W)×47(H)×159(D)mm ■重量:1.0kg

Impressions 〜山口和也が語るUR22Cの魅力

DSPエフェクトによってレイテンシーを感じさせない録音が手軽に!

 最近のオーディオI/Oの中には、本体上のノブが少なく、ソフト上からコントロールするタイプのものもありますよね。UR22Cはフィジカルに操作できる部分が多く備わっていて、初心者の方でも扱いやすくなっています。ユーザーのことを考えて作られている気がしますね。

 ギタリストの目線で言うと、付属エフェクトのアンプ・シミュレーター「Guitar Amp Classics」をレイテンシー・フリーで使えるのが大きなポイント。ラインのクリーンな音を聴きながらドライブ・サウンドを想定して録る、というのは至難の技なんです。やはりギター録音ではアンプによる音のひずみ具合やトーンの移り変わりを気にしながら演奏すべきですし、本体上でリアルタイムにモニターできるというのは便利ですね。

 リバーブの「REV-X」も高域が伸びていて、クセも無く使いやすいです。また、チャンネル・ストリップの「Sweet Spot Morphing Channel Strip」は効果も分かりやすく操作が簡単。アンプ・シミュレーターと組み合わせて、いなたいサウンドを作ることも可能だと思います。ビギナーの制作環境だとスペックの良いパソコンが無いという場合もありますし、エフェクト処理をUR22Cに依存できるというのは安心できますね。

 音楽制作の初心者はもちろん、久しぶりにオーディオI/Oを買い換えようと考えている人にもお薦めできるモデルになっています。この進化にきっと驚きますよ。

STEINBERG UR-Cシリーズ 関連記事

STEINBERG UR816C × 呉 碩根(LSDエンジニアリング) feat. みるきーうぇい

feature_steinberg_ur816c_main.jpg

STEINBERG UR44C × 中田裕二

feature_steinberg_ur44c_main.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

STEINBERG / UR22C

価格:オープン

【スペック】
■入出力:マイク/ライン・イン(コンボ)×2(インプット2はHi-Z対応)、メイン・アウト(L/Rフォーン)、ヘッドフォン・アウト(ステレオ・フォーン)、MIDIイン/アウト ■ビット&レート:最大32ビット/192kHz ■ループ・バック機能:あり ■接続:USB 3.0 ■電源:バスパワーまたはUSB 5V ACアダプター(別売) ■外形寸法:159(W)×47(H)×159(D)mm ■重量:1.0kg
【問い合わせ】
スタインバーグ・コンピューターミュージック・インフォメーションセンターウェブサイト https://japan.steinberg.net/jp/home.html
デジマートでこの商品を探す

STEINBERG / UR-Cシリーズ

【問い合わせ】
スタインバーグ・コンピューターミュージック・インフォメーションセンターウェブサイト https://japan.steinberg.net/jp/home.html
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

山口和也(やまぐち・かずや)
ギタリスト。2002年プロ活動開始。2006年ギター・インスト・アルバム『Mojo Tribe』発表。YouTubeでの発信、ギター教則本や雑誌講座の執筆、アーティスト・サポートのほか、アドバイザーとして楽器、製品開発に携わる。インストラクター、セミナー講師としても活動しプロアマ問わず1,000人以上のギター指導経験、国内外で活動。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS