楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • コスパに優れたイヤモニ用デジタル・ワイヤレス・システム

大石理乃 × Xvive U4 IN-EAR MONITOR Wireless System

Xvive / U4 IN-EAR MONITOR Wireless System

コスト・パフォーマンスに優れたミニマル・サイズのエフェクター、エックスヴァイブ・エフェクツ・ペダルズでも知られるエックスバイブより、イン・イヤー・モニター用のデジタル・ワイヤレス・システム、“U4 IN-EAR MONITOR Wireless System”が登場した。今回、この魅力的な新たなギアをシンガー/ソングライター、ギタリスト、アイドル・プロデューサーと多彩な顔を持つ大石理乃に試してもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大石理乃 × Xvive U4 IN-EAR MONITOR Wireless System

Xvive U4 IN-EAR MONITOR Wireless System

ハイ・コストパフォーマンスを実現した
イヤモニ用デジタル・ワイヤレス・システム

Xvive U4 IN-EAR MONITOR Wireless System / 価格:オープンプライス(実勢市場価格:24,000円~ 26,000円程度)

デジマートでこの商品を探す

 Xviveから登場した“U4 IN-EAR MONITOR Wireless System”は、インイヤー・モニター用に設計された新たなデジタル・ワイヤレス・システム。近年、インイヤー・モニターのバリエーションも広がり、価格レンジも下がってきたことから、幅広いユーザーがイヤモニを手にしやすくなった。それゆえ、高機能で求めやすいワイヤレス・システムを望む声もあったが、ついに登場したのがこのモデルだ。2.4GHz帯を使い最大伝達距離は約27mと、大ホールでない限りは、十分な伝達能力を誇る。またフル充電時は、約5時間の連続使用が可能で、長時間のワンマン・ライブでも1台のみで対応できる。さらに最大は6チャンネルの設定が可能なため、バンドでの使用も想定されている。使用方法も簡単で、送信機をミキサーなどの外部音声出力に挿し、受信機にイヤモニを挿すだけ。あとは任意のボリュームに設定して聴きやすく、演奏しやすい音量へセッティングするだけだ。筐体も非常にコンパクトで、持ち運びも容易で、受信機をベルトやストラップに付けても演奏の邪魔にならない。シンプルで高機能ながら、高いコストパフォーマンスを誇っており、手軽にワイヤレスのモニター環境を構築できる点が大きな魅力だ。

使用例

 今回は、“U4 IN-EAR MONITOR Wireless System”を使った弾き語りを想定してシステムを組んでみた。歌のマイクとギターをBoseのポータブルPAシステムS1 Proに入力。そのラインアウト・ジャックに直接U4の送信機を挿して、大石理乃のストラップに付けた受信機へと飛ばし、イヤモニに返している。このセッティングで、代表曲「中央快速ハミングバード」を歌ってもらったが、返しの音のバランスも良く、非常に演奏しやすかったという感想をいただけた。また、マイク用“U3 Microphone Wireless”と併用したところ、U4との混線もなくスムーズに出力できた。オール・ワイヤレス化も全然夢じゃない!

Bose S1 Proの音声入力にU3の受信機、出力にU4の送信機を同時に付けたところ。ケーブルが少ないと非常にスッキリ!

図のようにU4の送信機は、XLRとフォーン端子の両方使うことができる。本体はXLRのみだが、図のような変換プラグが付属している。

U3 Microphone Wireless - Xviveが販売するマイク用のワイヤレス・システム。こちらはダイナミック・マイク専用。コンデンサ・マイク用も発売されている。

Rino Ohishi’s Impression

「音がクリアで、歌がとても歌いやすいですね」

 イヤモニ(※インイヤー・モニター)の音がすごくクリアに聴こえて、歌がとても歌いやすかったですね。音の遅延とかもなく、とにかく演奏に集中できますね。それに、ボタンがたくさん付いていないので、直感で操作できる点も嬉しいです。

 ソロで使う時にいいなと感じた点は、シンガー/ソングライターが路上ライブとかをする時には、アンプを持っていくと思いますが、それはあくまでお客さんに聴かせるためのアンプですよね。そのアンプ以外に自分用のモニター・スピーカーを持っていくことは、なかなか難しいはずです。だから、お客さん用のスピーカーしかないと、自分の歌や演奏が聴き取りづらこともあって。そんな時にこのワイヤレス・システムがあれば、モニター・スピーカーをもう1台持って行かなくても、耳から自分の声がしっかり聴こえるので、演奏しやすくなるはずです。

 それから私のバンドもですが、同期を使うバンドも増えているので、これを使えばその環境も作りやすいと思いました。それに同期とクリックを併用する時もありますが、耳からクリックの音だけを聴こえるようにもできるので、変拍子の曲でも同期にバッチリ合わせて演奏できると思うので、使い方は無限大ですね。

 かなり遠くまで音を伝達できるので、大きなステージやライブハウスでも使えて、使用時間も長いので、ワンマンでも十分に対応できますね。あとは何と言っても、求めやすい価格で、金欠なバンドマンでも購入できそうですね(笑)。

アコースティック・ギター・マガジンVol.84 発売中!

AGM84_202004.jpg 2020年4月27日(月)発売のリットーミュージック刊『アコースティック・ギター・マガジンVol.84』にて、本記事を掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Xvive / U4 IN-EAR MONITOR Wireless System

価格:オープン

【スペック】
●質量:トランスミッター約90g/レシーバー 約118g ●最大伝送距離:約27m(※電波の反射・干渉・吸収など環境によって変化) ●駆動時間:約5時間(※フル充電時) ●バッテリー:リチウム・バッテリー内蔵(※充電時間:約2時間30分) ●レイテンシー:5ms未満 ●使用周波数帯域:2.4GHz ISM ワールドワイド ●同時使用チャンネル数:6
【問い合わせ】
パール楽器製造 TEL:047-484-9111 https://pearlmusicinstrumentaljp.com/xvive/product-cat/u4-in-ear-monitor-wireless/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

大石理乃(おおいし・りの)
鹿児島県出身のシンガー/ソングライター。またアイドル・プロデューサーとしても活躍し、清純派パンク・アイドル“tasotokyo ガールズ”のギタリストとしても活動するなど、多方面に才能を発揮。2019年にはふたり組ユニット、グランピーアニマル名義のアルバム『僕のロックはこんなんじゃない』を兎盤、犬盤の2タイプ同時にリリースしている。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS