楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 井戸沼尚也のニッポン沼めぐりっ!

個性的なギターがそろう店。町田「Millimeters Music」に行ってみた!

Millimeters Music

  • 制作・企画・編集:デジマート 文:井戸沼尚也 協力:Millimeters Music

日本各地に点在するという、ハマったら抜け出せない機材の沼スポット。自他共に認める機材好きで1日に5回デジマートを見る男が、全国の沼を訪ねて歩く連載、それが「ニッポン沼めぐりっ」! 今回は東京都町田市の「Millimeters Music」に突撃です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

町田市は神奈川県? いいえ、東京都です(鉄板ネタ)

 ひと口に東京都内といっても、実はけっこう広い。都内の東側の街に住む私にとって、南西方向にある町田市はなかなか行きにくいところなのだ。しかし“楽器店に行く”となれば話は別。

 今回の訪問先は町田市の「Millimeters Music」。ウキウキしながら電車に乗り、新宿から小田急線に乗り換えて町田駅へ向かった。

到着!! ここがザ・町田です(どの場所をザ・町田と感じるかは個人差があります)  

 町田にはJR線と小田急線の駅があり、「Millimeters Music」に行くなら小田急線の出口から行く方が近い。しかし、久しぶりの外出に高ぶった私はJR線方面へと寄り道……。

お店に行く前に、何か食べちゃうぞ!

 まずは町田近辺の食いしん坊には有名だという、仲見世商店街に向かった。

ここに、たくさんの美味しいものが……!!

 とにかくメチャクチャ美味しいというカレーの店に向かったが、なんと定休日。

未練たっぷりに「定休日」の文字を見つめる、私

 ほかに、行きたかったラーメン店も定休日だった……。

 しかし、美味しそうなラーメン店を発見! ここにしよう!

仲見世商店街のほとんどが水曜が定休日の中、81番というラーメン店は営業中だった! ホタテの旨味を凝縮だって……

 今すぐ私にラーメンを、ということで出てきたのがこれ!

特製うま味塩そばが到着。ごくり……美味しそうでしょう?

では早速、いただきます!

ほかのことはともかく、「いただきます」と「ごちそうさま」はちゃんとしたい派です

フーフー、真夏に熱いラーメン、良いですなぁ

 うまい! 町田に来てよかった……
(まだ「Millimeters Music」には行ってないが……)

看板に偽りなし! 確かにホタテの旨味が口中に広がります! ぬはー!

 いやー、満足、満足。しかもこの後、良いギターとの出会いが待っている!

今日は、なんていい日だ!



移動。小田急側のこのあたりが、Millimeters Musicに1番近い出口となっています

 最寄りの出口からは、徒歩2〜3分というところだろうか? このあたりなのだが、お店の入り口がわかりにくいかも……。

確か、この辺りだったような……。今後、訪問される方は「CoCo壱」のビルと覚えてください(ただし、2020年8月現在です)




あっ、発見! 
店の看板は出ていないが
こんなところに……

これこれ! これ見てください!

「Millimeters Music」の
郵便受け!!

だ、段ボールでしょうか!?

 では、ここで間違いないということで、階段を上っていく。

エレベーターなどはない様子

 2階に店舗の前を通り過ぎ、3階へ向かう階段の前に看板を発見!!

なぜこんなところに看板を置くのか……その理由は後のインタビューで明らかになります

やはりここだということで、安心してさらに階段を上がります

到着〜! いよいよ入店! 
長い道のりだった(ラーメン食べて寄り道したのは私だが……)。

こんにちはー! おお!? おおうっ!!

やってきました、夢の国!!

もうね、至るところから面白いものが「こっちこっち!」と呼びかけてくるっ!

雑然とした雰囲気の中に、キラリと光る宝石のようなアイテムが多数!!

 店内は、逆L字型というか、入って奥に行くと左手方向にもスペースがある。

私が、左手を見ているのがわかりますか? こっちにも、いろいろとあるんですよ。

 では、早速店内を物色させてもらおう。どれどれ……ぬおっ、これはカシオのEG-5! 時計や電子計算機で知られるカシオがなぜか出してしまった、カセット・テープのデッキ付きギター。これでテープを再生して、合わせてセッションしたりできる。“大昔に考えられた、未来のギター”だ。

ちなみにこの日、EG-5が2本ありました(笑)。こんな店、見たことがないです

 カシオの2つ隣には、シルバートーン! 2ピックアップのこれ、最近あまり見なくなった。

ミック・ジャガーがライブでこれを使っている写真を見たことがあります

“クワガタのメス”ヘッド。……今、命名しました

 この辺りは、王道系のお宝ギター。こういったギターでも、「Millimeters Music」の場合は相場より安いのが特徴。それでいて、調整がバッチリされているのが素晴らしい!!

ビンテージのムスタング、SG、SG PRO、ストラトキャスター……

 ペルハム・ブルーのメロディメイカー。これも最近、めっきり見ないが……。

ここにいたんですね

 それから、この一角で気になったのは、写真中央の赤いバイオリン・シェイプのギター。こんなの見た事がないぞ?? 実はこれ、本物のバイオリンのボディを塗装して、無理やりギターのネックを取り付けたというすごいギター!

真ん中の奥に見えるの分かります? 残念ながら演奏には向かないオブジェだそうです

 この店はビザール系も充実している。これはピックガードの形が独特なZEN-ON、もしくはZEN-ONのOEMのギターだろう。

このピックガード、デジマート・マガジンで『出張版 ジャンク・ギターでこいち時間』を連載しているこいちさんが、SNS上で時々描く“ツマ”を連想させてほっこりするんですが、同意してくれる方、いますでしょうか……??

ウチの部屋の電灯をつけるスイッチに似ています

 カウンター近くのこの一角は、ビザールというより古い国産ギターが多いコーナー。ここが気になるという人も多いはず。

私が気になったのは、サンダーのレス・ポール・タイプ! それからハグストロームのレフティ! ほかではあんまりないでしょう?

 窓側のアコースティック・ギターのコーナー。よく見ると面白そうなギターがいろいろあるが、なぜかここにあるピンク・ペイズリーのストラトに目を奪われる!

うーん、これは、私の娘に持たせたいところですが、まだ生後6か月なんです……(ギター馬鹿で親馬鹿という、二重の馬鹿に苦しんでおります……)

 めっちゃキュートな、エレクトリック・マンドリン! 王道マンドリン・プレイはできないので、ファズかけて無茶苦茶に弾きたい!

詳細はわからないのですが、形、色、塗装のダメージなどすべてが愛しいです

 この店は、商品だけじゃなく、さりげなく飾ってある小物類を見るのも楽しい! 

 かつて、空間から物質(ビブーティと呼ばれる灰のような、粉)を出すと話題になった、インドの霊的指導者サイババ。

↓ その飾りから、謎の粉が出て ↓
↓ 湿度計の上にたまっているのわかりますか!? ↓

偶然なのか……必然なのか……「Millimeters Music」に行ったら、その奇跡を目の当たりにすべし!

 ビ、ビブーティ!? オーナーによると「なんかすごいので、そのままにしています」とのこと。

 こちらも大変にありがたい、日本のギターの神様・寺内タケシさんのサイン!!

私は寺内タケシさん、完全に後追いですが、すごいですよ! みなさんも今の耳で、ぜひ!

 こちらはグレコのギターのおまけだった、竹田和夫さんの教則本と、教則カセット!

あ、このテープ、さっきのカシオEG-5で鳴らせるかもしれませんね??

 「Millimeters Music」にはプロ・ギタリストのお客さんも多い。こちらは某有名ギタリストが来店した際に、一緒に来店して暇を持て余した娘さんが製作した“太郎ちゃん”。

某ギタリストとは誰か、知りたい方はお店に行った時に聞いてみてください(混雑時はご遠慮ください)

 エフェクター・コーナー。こちらも価格はリーズナブルで、よく見るとおもしろいもの、レアなものも紛れている。

ガラスケースの上に並ぶこちらは、BOSS、MXRなどぜひ持っておくべき製品が多い印象です

カ、カ、カ、カラーサウンドのリバーブ! 初めて見ました。欲しい!!!!!

エレハモのブラックフィンガー。謎イラストが印象的です

フォックスのダウン・マシーン! ベース用のボリュームペダル/ワウということです

コルグのギター・シンセ!! どんな音がするんでしょう……

 アンプもいろいろあるが、ここでは特にキュートなビンテージ・アンプを並べて撮ってみた。

ケイ、ギブソンなどの古くて可愛いアンプ! 1番古いのは1940年代で、まだ量産型ソリッド・ボディのエレキは生産されていない時代だから、恐らくスティール・ギター用ではないかとのことです

はああ、ときめく!!

 さて、ここらで試奏をさせて頂く。気になるギターばかりだったが、本当に欲しいと思った70年代前半のギブソンSG PROを!

プリップリのP-90サウンド! クリーンもクランチも最高! ややビザールっぽいルックスも最高です!!

もうニッコニッコ! 持って帰りたい。妻にバレないのなら買って帰りたい! これで税込22万円は買いですよ(取材の前日に入荷し、翌日くらいには速攻で売れてました……)

この、ピックアップに加工してあるGibsonの文字がまたいいんですよ……。 本当、購入した方おめでとうございます

はあああああ。
よかった。堪能した!

お店のことについて訊いてみた

 では、ここらで「Millimeters Music」のオーナー、松澤俊春さんと、リペア/販売を担当している力武誠さんにお話を聞いてみよう。

写真中央、奥がオーナーの松澤さん、左側手前が力武さん。距離を保ってお話を伺いました

── 品ぞろえが面白いですよね。

松澤さん ── レス・ポールやストラトといった王道ももちろん好きですし、もっと扱いたいんですけど、個性的なギターが集まってくるのは確かですね。僕自身、個性的なギターが好きだということもあるかもしれないです。

── あとは、お値段が抑えてありますよね。例えばペルハム・ブルーのメロディメイカー、74年のマホネックSG、72年のSG PROがどれも税込22万って、いいのかなって。今、どれも相場が上がっているので。

松澤さん ── それは、町田だからできる値段です。一律22万はたまたまで、僕が感覚でつけているからかもしれません。

……いいなぁ、良い意味での緩さ。

── 一般の方からバリバリのプロの方まで、お客さんの幅が広いですよね?

松澤さん ── ありがたいことに、そうなんですよ。彼(力武さん)が、一人ひとりのお客様の要望をよく聞いて、リペアもしっかりやってくれていることと、あとはあまり敷居が高くないからかもしれません。だからプレイヤーの方ですよね、来ていただけるのは。コレクターの方は、もう少し格調の高いお店に行くんじゃないでしょうか(笑)。

……格調はともかく、店構え、品ぞろえ、対応、すべて味がある。いいなぁ。いいお店。 力武さんは、ちょうど話を伺うタイミングでお客様が来店されたので、その対応であまりお話を伺えなかったが、「お悩み、お困りのギターがあったらぜひ持ってきてください! 僕がビシッと調整しますので!」とコメントしてくれた。

 実はギター・マガジンにもちょくちょく登場している力武さん、多くのトップ・ミュージシャンからの信頼も厚い方なので、愛器のコンディションに困っている方はぜひ相談を!

 最後に、松澤さんがこんな話をしてくれた。

「ウチの看板、分かりにくかったと思うんですけど……今、こんな状況なので、お客様には来ていただきたい、でも来ていただくのも……という葛藤があって、看板を表に出さない形にしています。ただ、これからは我々もできる限りの感染防止策を講じてお待ちしておりますので、お客様もマスク着用でご来店いただければ……。お互いに注意しながら、お会いできればと思います」

 これまで以上に買取りにも注力するそうなので、売りたいギターを持って、遊びに行ってみて欲しい。

松澤さん、力武さんと、3人で記念撮影!

左から力武さん、松澤さん、そして私。早く、もっと寄って写真が撮れるようになりますように!

 これにてお店の取材は終了。

いつもの"ぷはぁ〜”タイム!

 では、軽く一杯やって帰るか。 というわけで、「Millimeters Music」のすぐ近くの立ち飲み屋さんに突入!

よく見ると「昼間っから晩杯屋(バンパイヤ)」と書いてあります(笑)

 赤羽いこい系とあるので、町田ならではの店ではないようですが、とにかく早く! 生ビールを! マスクでジョッキを持つ、変な姿! 

我ながらうれしそう!

喉を潤し、ご機嫌なアル・マッケイさん(偽物)

 それにしても「Millimeters Music」、よかったなぁ。今度は取材じゃなく、遊びに行ってみよう(もちろん買い物も)! 

ミッション・コンプリート!

「Millimeters Music」の沼度

水深(ギターの品ぞろえ)★★★★(時期による)
水質(スタッフの対応)★★★★★
沼の面積(フロアの広さ)★★★
周辺状況(近隣の飲食店など)★★★★
判定:個性的なギターが集うという点で、都内屈指の沼! 行くべし!

店舗情報

numa10_51.jpgMillimeters Music
住所:〒194-0021 東京都町田市中町1-16-11 WING町田3F
電話番号:TEL 042-739-6562
FAX:042-739-6562
営業時間:13:00~18:00
定休日:月曜日

デジマート・ショップページ
https://www.digimart.net/shop/48/

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

「Millimeters Music」の在庫

デジマートでこの商品を探す

中古エレキ・ギター

デジマートでこの商品を探す

中古ベース

デジマートでこの商品を探す

中古エフェクター

デジマートでこの商品を探す

中古アンプ

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

井戸沼尚也(いどぬま なおや)
日本で唯一の、沼鑑定士(自称)。 1日5回デジマートを見る、機材大好きのギタリスト/レビュアー/ライター/ワウペダル奏者。 インスト・ファンク・バンドZubola Funk Laboratoryのメンバー。 2019年3月より、ドラムとギターのみの変態インスト・バンド「Ragos」を始動。マスクをするとデジマート地下実験室の室長に似ているらしい。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS