楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • ギタリストのためのデスクトップ・アンプの決定版!

Positive Grid / Spark

Positive Grid / Spark

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギタリストが自宅で本格的な演奏を楽しめる機能が満載!

 Positive Grid Sparkは、小型アンプ・ヘッドとスピーカーを一体型にしたスマートなギター・アンプです。数々の賞を受賞してきたBIASトーン・エンジンにより、良質のアンプ・サウンドを楽しむことができます。しかもアプリとの連動により、今まではできなかったような新しい練習方法が体感でき、未来のアイテムと思えるようなワクワク感がたまらないです。

アンプの機能

 本体の上部には、ギター・アンプ同様のツマミを装備し、7種のアンプ、エフェクターやリバーブを搭載しています。直感的な操作で好みのサウンドが出せるのもありがたいです。前面にはフルレンジ・スピーカーが2基搭載されていて、中低域がしっかりとした太いサウンドが楽しめます。また、ギターだけではなく、ベース、アコースティック楽器用としても十分に鳴らすことが可能です。

Spark上部に配置されたコントロール部。本体のみでもギター・アンプとして十分使用できる

巨大なトーン・ライブラリ

 Sparkアプリ経由でさまざまなサウンドを入手することが可能な“ToneCloud”には、世界の有名なギタリストや、レコーディング・ エンジニア、プロデューサーらが作成した10,000を超えるトーン・ライブラリが用意されています。中には伝説的な楽曲やギタリストそっくりのサウンドも多数収録。ダウンロードしなくてもアイコンをタップだけで瞬時に音が切り替わるプレビュー機能は、ストレスなくサウンドを選べるので非常に便利です。また、ダウンロードしたサウンドはSpark本体に保存しておくと、アプリを立ち上げることなく使用できます。

ToneCloud画面。再生ボタンを押すとプレビュー・モードになり瞬時にサウンドを切り替えられる 

実機さながらの操作でオリジナル・サウンドも簡単に作成

 Sparkアプリを使えばさらに深いサウンド・エディットが可能です。用意されたシグナル・チェーン「Gate(1種類)ーComp(5種類)ーDrive(9種類)ーAmp(30種類)ーMod(10種類)ーDelay(6種類)ーReverb(9種類)」からオリジナル・サウンドが作れます。作ったサウンドはToneCloudにアップして世界中のユーザーと共有することも。すでに多くのユーザーが自作サウンドを公開しています。

Sparkで使用できるシグナル・チェーン。各アイコンを上下にスワイプするとエフェクトのオン/オフ、ダブルクリックでエフェクトの変更が可能

オートコード機能

 Sparkアプリには、ギタリストの練習や作曲をサポートする機能が満載! そのひとつがYouTube上に公開されているさまざまな曲のコード進行を解析してくれる便利な“オートコード機能”です。再生中の曲に沿ってダイアグラムを表示してくれるので、馴染みのない曲でも簡単にセッションすることができます。

オートコード機能の画面。曲のテンポを遅くしたり、セクションをループさせたりするとができる

Smart Jam機能

 ギターのリフやフレーズ、コード進行などをSparkアプリに8小節分を聞かせると、それに適したバッキング・トラックをAIが自動で生成してくれる機能です。パッと思いついたフレーズがそのままセッション曲になってしまうので、これはかなり驚きます。弾きたい時の気分に対応してくれる新しい練習ツールとも言えるでしょう。

8小節分の演奏を解析し、自動的にドラムとベースのパターン演奏を生成。バース、コーラス、ブリッジまで提案してくれる

オーディオ・インターフェース機能

 気に入ったサウンドでギターを演奏していると、“今のセッションを録音したい”、“曲のアイデアが降りてきたのでメモしたい”、ということもあると思います。Spark本体には2イン/2アウトのオーディオ・インターフェースを搭載しているので、パソコンを使ったギター・レコーディングにもバッチリ対応します。ちなみにフリーの“Presonus Studio One Prime”が付属するのでDAWソフトを持っていない方でも安心です。

リア・パネルに装備されたUSB端子。コンピューターと接続して録音/再生が可能。ギターの音はアンプ/エフェクト処理されて録音される

総評

 多機能である上に、まずSpark本体のサウンドがとにかく良い。スピーカーの前で聞いていると前から、後ろから全方位で音が聞こえるようなワイド・レンジなサウンドです。先述のとおり、単体でも十分楽しめますが、アプリとの連動でびっくりするような最先端の練習ツールに変わりますし、普段使いとしては、Bluetoothスピーカーとして音楽を楽しめます。洗礼されたデザインにより部屋に溶け込む印象もありました。しかも、これだけの機能を搭載していて、お求めやすい価格帯であることも魅力的です。ギタリストの日常生活にかかせないホームユース・ギター・アンプ&スピーカーになることは間違いないでしょう。ぜひ一度お試しいただきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS