楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【NATIVE INSTRUMENTS/MASCHINE+】スタンド・アローン動作可能なMASCHINE最新モデル

NATIVE INSTRUMENTS / MASCHINE+

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NATIVE INSTRUMENTSは、スタンド・アローン型パフォーマンス&音楽制作システムMASCHINE+を2020年10月1日より発売する。

 アルマイト仕上げのアルミ・デザインによる本体にクアッド・コア・プロセッサーと4GBデュアル・チャネルDDR3L RAM、24ビット/44.1kHzのオーディオ・インターフェイスを搭載(コントローラー・モード時は24ビット/96kHz)。ベロシティー対応パッド、MASCHINEエフェクトとプラグイン、スウィング、パッド・リンク、ノート・リピート、ステップ・シーケンサー、ビンテージ・サンプラーのエミュレーションなど、MASCHINEを象徴する各種機能はもちろんのこと、Wi-FiとAbleton Linkに対応。製品のインストールやアップデート、外部機器との同期をワイヤレスで実行可能だ。

 製品にはエフェクトなど数1,000種のサウンドをパッケージしたMASCHINE+ Selectionが付属し、パッケージ内容はMASSIVE、MONARK、PRISM、FM8などのシンセのほか、MASCHINE Factory Library、RAUM、PHASIS、ジャンル別拡張音源Expansions5種に加え、2つのExpansionsと交換可能なE-バウチャーが含まれる。 これらの音源とエフェクトは、スタンド・アローンのワークフローに最適化され、ユーザーはSDカードを介して自分のお気に入りのサンプルやNIのExpansionsでサウンド・ライブラリを拡張できる。

MASCHINE+ Walkthrough | Native Instruments

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

NATIVE INSTRUMENTS / MASCHINE+

価格:¥149,800 (税込)

【発売日】
2020/10/1
【スペック】
●4コアプロセッサー、4GB デュアル・チャンネルDDR3L メモリ、32GB eMMC内蔵フラッシュ・メモリ(OSとファクトリー・コンテンツに利用) ●カラー・ディスプレイ(480 x 272)×2 ●64GB SDカード付属(1TBまで対応、大型ライブラリにはUSB経由での拡張も可能) ●寸法:322×301×51(mm) ●重さ:2.50kg
【問い合わせ】
https://www.native-instruments.com/jp/products/maschine/production-systems/maschine-plus/
デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS