楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【BOSS/GT-1000CORE】最高峰の音質と高い柔軟性を備えたポータブルなエフェクト・プロセッサー

BOSS / GT-1000CORE

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BOSSより、フラッグシップ・モデル「GT-1000」に採用されている超高性能DSPを搭載し、最高峰のサウンド・クオリティと高い柔軟性を備えたポータブルなギター/ベース・エフェクト・プロセッサーが新登場。

 「GT-1000CORE」は、最先端のAIRD(Augmented Impulse Response Dynamics)テクノロジーにより本格的な真空管アンプのサウンドと弾き心地を実現している。AIRDは、WAZA AMPやKATANA AMP、Blues Cubeにも採用されたTube Logicテクノロジーを応用。真空管アンプがサウンドを出力する際に起きている各コンポーネント同士の相互作用を、入力から出力先となるアンプ/PAまでを考慮して再現する。豊富なAIRD OUTPUT SELECTから最適なセットアップを選択することで、あらゆる出力デバイスで極上の弾き心地を得ることができるというわけだ。

 アンプ・タイプは、あらゆるスタイルに対応できるBOSSオリジナルのものをはじめ、ビンテージ系からモダン・ハイゲイン系まで多彩なタイプを搭載。エフェクトは、定番のペダルやBOSSのクラシックなモデル、MDPエフェクトやBOSS 500シリーズの高度なアルゴリズムで設計されたものまで、多彩なバリエーションを誇る。プリアンプ/エフェクトは合計140種類以上で、2つのプリアンプを含む24のエフェクト・ブロックが同時に使用可能だ。また、エフェクト・チェイン上では複数のディバイダーとミキサーを駆使することで、シリーズ/パラレル接続を自在にコントロールして直感的な音作りが可能となっている。

 ユーザー・パッチは250まで保存でき、MEMORYモードでは瞬時に呼び出すことが可能。任意のエフェクトをダイレクトにコントロールするMANUALモードも選択できる。さらに、高性能カスタムDSPチップの採用により、ディレイのキャリーオーバーや超高速パッチ・チェンジなど、演奏時にもクラス最高峰のパフォーマンスを発揮。モノ/ポリフォニックに対応した高解像度チューナーも内蔵している。

 入出力に関しては、ステレオ対応の入出力や2系統のSEND/RETURN端子、TRS端子のMIDI IN/OUTなど豊富に装備。外部エフェクトの追加やアンプとの4ケーブル・メソッド接続、PA/レコーダーへのダイレクト出力など、外部デバイスとの柔軟な連携も実現している。また、側面のCTL端子は入力だけではなく出力へも対応。フットスイッチの増設やエクスプレッション・ペダル接続でのリアルタイム・コントロールはもちろん、アンプに接続してチャンネルを切り替えることも可能で、あらゆるシステムの司令塔としても活躍する。

 OUTPUT SELECTをRECORDINGモードにすれば、多彩な内蔵スピーカーやマイク・タイプに加え、インポートした外部IRデータも使用できるため、バリエーション豊かなサウンド・メイクが行なえる。また、ルーパー機能も内蔵しているため、日々の練習やフレーズのアイデア出しはもちろん、サウンド・メイク時に音をリファレンスしながら調節していくこともできる。さらにPC用エディターBOSS TONE STUDIO(Windows/Mac対応)では、セッティングの全容を確認しながら直感的にサウンドの編集が可能となっている。

 なお、本機は次世代のサウンド・クオリティを備えたベース・エフェクト・プロセッサーとしても活躍する。サウンドのコアとなるAIRD Preampには、こだわり抜いた3つのアンプ・タイプを搭載。8種類のベース・オーバードライブ/ディストーションと組み合わせることで、多彩なサウンド・メイクが可能となっている。また、ベーシストの演奏に反応し、自然なコンプレッションを生み出すMDPコンプレッサーをはじめ、コーラス、フランジャー、タッチワウなど、ベース用に特別にチューニングされたエフェクトも多数搭載。さらに、SEND/RETURN端子をSUB OUTとして使用すれば、アンプとPA/レコーダーへ個別に出力することができるため、さまざまなシチュエーションに対応してくれる。

 コンパクトなサイズでありながら、GT-1000と同等のサウンド・メイクができ、リハーサルからライブまで、さまざまなシーンで力を発揮する「GT-1000CORE」。発売は2020年10月24日を予定。その性能をぜひ体感してほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

BOSS / GT-1000CORE

価格:オープン

【発売日】
2020/10/24
【スペック】
●サンプリング周波数:96kHz●AD、DA変換:32ビット●内部演算:32ビット浮動小数点●メモリー:250(ユーザー)+250(プリセット)●フレーズ・ループ:38秒(モノ)、19秒(ステレオ)●チューナー内部検出精度:±0.1cent●規定入力レベル:INPUT L/MONO・R=-10dBu、RETURN 1・RETURN 2=-10dBu●最大入力レベル:INPUT L/MONO・R=+12dBu、RETURN 1・RETURN 2=12dBu●入力インピーダンス:INPUT L/MONO・R=2MΩ、RETURN 1・RETURN 2=1MΩ●規定出力レベル:OUTPUT L/PHONES・R/MONO=-10dBu、SEND 1・SEND 2=-10dBu●最大出力レベル:OUTPUT L/PHONES・R/MONO=+12dBu、SEND 1・SEND 2=+12dBu●出力インピーダンス:OUTPUT L/PHONES・R/MONO=44Ω、SEND 1・SEND 2=1kΩ●推奨負荷インピーダンス:OUTPUT L/PHONES・R/MONO=10kΩ以上(ヘッドホン接続時=44Ω以上)、SEND 1・SEND 2=10kΩ以上●コントロール:▼スイッチ、▲スイッチ、CTL 1スイッチ、EFFECTボタン、MENUボタン、EXITボタン、WRITEボタン、PAGEボタン(×2)、1~5つまみ、SELECTつまみ、OUTPUT LEVELつまみ●ディスプレイ:グラフィックLCD 256×80ドット●インジケーター:▲インジケーター、▼インジケーター、CTL 1インジケーター●接続端子:INPUT(L/MONO、R)・OUTPUT(R/MONO)端子=標準タイプ、OUTPUT(L/PHONES)端子=TRS標準タイプ、CTL 2・3/EXP 1・CTL 4・5/EXP 2端子=TRS標準タイプ、MIDI(IN、OUT)端子=ステレオ・ミニ・タイプ、USB COMPUTER端子=USBマイクロBタイプ、DC IN端子●電源:AC アダプター●消費電流:670mA●外形寸法:173(幅)×135(奥行)×63(高さ)mm(ゴム足を除く)、173(幅)×135(奥行)×65(高さ)mm(ゴム足を含む)●質量:920g●付属品:ACアダプター、取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、ゴム足×4、保証書、ローランド ユーザー登録カード●別売品:フットスイッチ(FS-5U)、デュアル・フットスイッチ(FS-6、FS-7)、エクスプレッション・ペダル(FV-500H、FV-500L、EV-30、Roland EV-5、TRS/MIDIコネクティング・ケーブル(BMIDI-5-35) ※0dBu=0.775Vrms
【問い合わせ】
ローランドお客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.boss.info/jp
デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS