楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • "夢の空間"を実現した自宅スタジオに大接近!

アコースティックエンジニアリングが手がけた"ドラムが叩ける"プライベート・スタジオ Vol.12

アコースティックエンジニアリング

“自宅で思いきり音を出したい!”、“いつでも楽器を鳴らせる環境を手に入れたい!”……自分のスタジオを持ちたい願望は、楽器を演奏する人ならば誰もが思うこと。そんな“マイ・スタジオ”の夢を実現してくれるのが、プロ用のスタジオやライヴ・ハウスの防音/音響工事も行う、アコースティックエンジニアリングだ。ここでは同社が手がけた“ドラムが叩ける”プライベート・スタジオにフォーカス! 今回は埼玉県在住の岡安真一郎さんこだわりの自宅スタジオを紹介していこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CASE:12 埼玉県 岡安真一郎さん宅スタジオ

高校2年生で本格的にドラムを始めた後、同級生からCASIOPEAのコピー・バンドに誘われて日本のフュージョンにハマったという岡安さん。現在はその同級生とリズム体を組む歌もののバンドでマイペースに活動しており、パートナー(写真右)がヴォーカルを担当

スタジオもドラム・セットも"神保さん仕様"
ただ叩いているだけで楽しいです

 アコースティックエンジニアリングが設計した自宅スタジオで“好きな時間に思いきりドラムを叩きたい”という夢を叶えたドラマーを訪ねるこの連載企画。今回は埼玉県に住む岡安真一郎さんの自宅スタジオを紹介する。

 岡安さん宅は昨年12月(2015年)に完成したばかりの木造住宅。以前はマンション暮らしで、ヤマハのDTXを叩いていたそうだ。

 「DTXは数年前に買ったのですが、いつかはアコースティック・ドラムが欲しいと思っていました。そんなときに家を建てることになり、住宅メーカーの方に相談したらアコースティックエンジニアリングの名前が出てきて“そこに頼みたかったんです!”って(笑)。本当に運命的でしたね」。

 そしてスタジオ完成と共に念願のドラム・セットを購入。高校時代から好きだという神保 彰のセッティングを再現した

 「リハスタのドラムを叩くときもシンバルを高くしたり、可能な限り神保さんのセッティングに近づけていたので、ようやく夢が叶いました。ただ叩いているだけで楽しいし、神保さんのすごさをあらためて感じます」。

天井の高さは約2.5m。正面の壁は大きな鏡張りで、前を見て叩けば自分の姿が目に入るため、自然にフォームを確認しながら練習できる。ヴォーカル・レッスンに通っているパートナーのパフォーマンス・チェックにも活用されているそうだ

ドラム・セットはヤマハのアブソルート・ハイブリッド・メイプル。ジルジャンのKカスタム・ハイブリッド・シリーズを含めて、神保 彰の現行セッティングをほぼ再現しているが、DTXは組み込んでいない。「以前持っていたDTXは手放してしまいました。それよりアコースティック・ドラムをしっかりやりたいです」

 さらにスタジオの吸音パネルの色も神保のプライベート・スタジオに合わせて黄色にするという徹底ぶりだ。

 「個人的にはとても落ち着く色です。音の響き方も、リハスタとは全然違いますね。音漏れの不安もありません。夜の11時くらいに叩いたこともありますが、まったく問題なかったです。今はクリックに合わせて基礎練習をしたり、教則DVDを観ながら叩いたりしています。おかげで、特に足は以前よりも軽やかに動くようになってきました」。

 今後はバンドのリハーサルやレコーディングにも活用したいとのこと。“夢が叶った”という言葉通りの素晴らしい空間だ。

出入り口は2枚の防音ドア。外側は玄関周りのデザインに合わせた白い木製ドアで、内側は「スタジオ感を出したかった」という岡安さんの希望もあって鉄製を採用。吸音パネルに揃えた黄色の鮮やかな発色は、鉄への塗装ならではのものだという

ドラム・セット横のラックには、バンドでの使用も見越した多チャンネルのPAミキサーや教則DVD/VHSなどが並ぶ

※本記事はリズム&ドラム・マガジン2016年5月号の記事を転載したものです。

アコースティックエンジニアリングとは?

 株式会社アコースティックエンジニアリングは、音楽家・音楽制作者のための防音・音響設計コンサルティングおよび防音工事を行う建築設計事務所。1978年に創業して以来、一貫して「For Your Better Music Life」という理念のもと、音楽家および音楽を愛する人達へより良い音響空間を共に創り続け、携わった物件の数は2,000件を超えている。現在も時代の要請に答えながら、コスト・パフォーマンスとデザイン性に優れ、「遮音性能」、「室内音響」、「空調設備」、「電源環境」、「居住性」というスタジオの性能を兼ね備えた、新しいスタイルのスタジオを提案し続けている。

株式会社アコースティックエンジニアリング

【問い合わせ】
TEL:03-3239-1871
Mail:info@acoustic-eng.co.jp
住所:東京都千代田区九段北2-3-6九段北二丁目ビル

HP:http://www.acoustic-eng.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

アコースティックエンジニアリング

【問い合わせ】
株式会社アコースティック・エンジニアリング TEL:03-3239-1871 http://www.acoustic-eng.co.jp
住所:東京都千代田区九段北2-3-6九段北二丁目ビル

ドラム

デジマートでこの商品を探す

シンバル

デジマートでこの商品を探す

ペダル

デジマートでこの商品を探す

ドラム用スタンド

デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS