楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 井戸沼尚也のニッポン沼めぐりっ!

国内最大級のギブソン沼。東京・御茶ノ水「G'CLUB TOKYO」へ行ってみた!

G'CLUB TOKYO

  • 制作・企画・編集:デジマート 文:井戸沼尚也 協力:G'CLUB TOKYO

日本各地に点在するという、ハマったら抜け出せない機材の沼スポット。自他共に認める機材好きで1日に5回デジマートを見る男が、全国の沼を訪ねて歩く連載、それが「ニッポン沼めぐりっ」! 今回は東京都千代田区のクロサワ楽器「G’CLUB TOKYO」に突撃です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連載、アンチ沼メグラーから単に筆者の好みに近い品揃え(ビザールとか)の店に行って、酒を飲んで帰ってくるだけじゃねえか!などと言われてはいないだろうか。きっと言われているだろうな。だいたい合ってるし。

 しかし、今回の記事を読めば、そうした見方もなくなるだろう……。

 なぜなら「G’CLUB TOKYO」は、この連載で紹介した中で最大規模のショップ! しかも品揃えは、ほぼギブソン!というThe王道のショップだからだ。

でもしっかり沼だから
安心して読んでくれたまえ。

 「G’CLUB TOKYO」は、JR御茶ノ水駅から明大通りを南下して、靖国通りに当たる交差点の所にある。楽器好きなら、JR側から楽器街を通って来るのが正しいルート(?)だ。しかし私が日頃から地下鉄を利用している関係で、今日は神保町の駅から向かうことにした。

まずは神保町周辺を散策!

到着!! 神保町駅の地上出口

 こちらのルートを選んだのは、“楽器街を通ると寄り道しすぎて取材時間に遅れるから”という裏の事情もある。あいにくの雨だが、さっそく神保町をぶらぶらしてみる。神保町といえば古書の街だ

 靖国通り沿いの古書店って、全部通りの南側に建っているの(つまり店の入り口は北向き)知ってる? あれは“日光で古書が痛まないように”ということ。いやー、沼めぐりは勉強になりますな(押し付け)。

どれどれ、面白そうな本はあるかな?

 ぶらぶらしていると、お腹が減ってくる。家でゴロゴロしていても減るんだから、当然といえば当然だ。  で、神保町といえばカレーの街でもある。カレーライスが食べたい! というわけで、有名店「エチオピア」に到着。ここのは“カリーライス”だ。

ここは辛さを70倍まで選べるんだけど、食べたことはない

私が頼んだのは
チキンカリーの2倍。どうだ!?

じゃーん! 美味そう!

では、いただきます

むむむ。やっぱウチで食べるカレーとは違うぜ

うまっ!!

ここのカリーはスパイスのせいか、心と身体が元気になりますな

お腹も満たされたところで「G'CLUB TOKYO」へGO!

 ふうう。大満足。ではそろそろ行くか。「G’CLUB TOKYO」はエチオピアからは、徒歩1分の距離だ。

G'CLUB TOKYOは、明治通りと靖国通りの交差点、駿河台下にある。青バッグの白文字のKUROSAWAと大きなレスポールの看板のビル。迷うはずがない!

 「G’CLUB TOKYO」に到着〜!! ディスプレイをよく見ると、ギブソンがアニメとコラボした『BanG Dream!(バンドリ)』発のボーイズ・バンド・プロジェクトのギタリスト「五稜結人」、ベーシスト「的場航海」のシグネチャー・モデルが!

なるほど。なにやら、店前のショーケースの雰囲気がいつもと違うと思ったらそういうことか

ギタリスト五稜結人シグネチャーのレスポール!

 なるほどねー。では、店に入ってみるか。

 ごんぬずばー。

ここは個人的に何度も来ている店だが、やはり入店時にはドキドキする

 「G’CLUB TOKYO」は、1階から4階まで各フロアに100本以上のギターが展示されている、ギター好きにとっては夢のようなところ。1階はエピフォンやギブソンUSAのスタンダードなモデルが多く並ぶフロアだ。

  圧巻のレス・ポール・ウォール! これだけ揃っていると、音や杢目など好みの1本を選ぶことができる。

1階だけでこの品揃え!!

こちらはエピフォン・コーナー。コロナによる外出自粛により「家でギターでも始めてみっか」という人が急増。比較的手にしやすい価格のエピフォンは大人気なのだとか

フェンダーのギターも、ちらほら。よく見ると結構レアなモデルがあるぞ!

1階で私が選んだのは、この2本! USAのレス・ポール・スタンダード、赤みが強いフィニッシュと、やや赤みが抜けているフィニッシュ、それぞれが大量にあるので選び放題だ!

 1階を見たら2階へ、というのが普通の流れ。

 しかし2階には今、ものすごいギターがあるらしいという噂を聞いてきたので、先に4階へと向かう。

 4階はアコースティック・ギターのフロア。ここももちろんギブソン中心だ。フロアには、古着やバーボンの瓶が飾ってあり、ものすごくアメリカンな雰囲気。

いやー、いい感じでしょ? 照明も少し落としてあって、落ち着いてギター選びができそう!

このフロアで気になったのは、この1本! 63年のJ-200! かっこいいだけじゃなく、レギュラー・グリップで弾きやすい! ひー!

 J-50とか、ほかにも気になるギターは多数あったが、4階はささっと回って、下のフロアへ。

 3階はフルアコ/セミアコの、いわゆる箱モノのフロア! 実は私、箱好きなんで、テンション上がるぅぅぅぅーっ!

入ってすぐのところに、アイバニーズ。でも奥は、ギブソン、ギブソン、ギブソン!

 あー、良いギブソンの箱モノ、もう1本欲しいなぁ。今、1958年のES-125Tを愛用しているんだが、もう1本、いや、もう2本か3本欲しい。

 ……しかし、いっぺんに弾けるギターは1本なのに、なぜこんなに欲しいのか。

フローレンタインのSuper400! 欲しい欲しい欲しい欲しい! 思わずガラスケースにしがみついてしまった(……やっちゃダメです)

 ああ、興奮する。このフロアでオススメのもの、何か1本弾かせて! そうでないとおさまらない……。  すると、出てきたのが、これ!  

 1962年のチェリーのES-345!! 
 ファクトリー・セットのビグスビー、Cutom Madeのプレート付き!

ソファでくつろぎながら試奏できる! 態度のでかさだけは往年の大物ブルースマンのようだ(笑)。でも、このギター、めちゃくちゃ音が良かった!! 345なのにニッケルパーツ(オリジナル)なのも珍しい!!

 その後、最近のモデルのES-335をまじまじと見ていたら、あることに気がついた。  

 ん? ギブソン、ロゴ変わった?  

 ほら、見てみて?

よーく見てください。これが最新モデルのロゴ。Gの文字の上の部分、少し丸くなっていませんか?

こちらは、ちょっと前のモデルのロゴ。Gの上の部分が平べったいでしょ? わかる?

 うーん、わずかな違いですが、よりビンテージに近づいていますな。

 3階もヤバイのだが、そろそろ沼の最深部である2階へ向かわなければ……。階段には大物ギタリスト達のサインがずらり! これを見るだけでも楽しい!

 おおっ! 
私の師匠、岡安芳明先生のサインも!

私のジャズ・ギターの師匠、岡安芳明さんです!

 

 私の人生で人にギターを習いに行ったのは、後にも先にもあの時期だけだ。

「え、♭13thを小指で押さえて、ルートを薬指で押さえる? む、むずい……先生、こんな形のコード、生まれて初めて押さえました……」
岡安先生 「そうん、それはケニー・バレルが50年以上前のレコードで弾いたコードですね。」

 ……という楽しい思い出がよみがえる(笑)。

ついに沼の最深部へ……
そこで見たものとは?!

 そして、ついに2階へ! ここはギブソンの中でも、カスタム・ショップの製品、かつソリッドの製品が中心のフロアだ。加えて、ビンテージもある。

ということは……ゴクリ。

レス・ポールの沼だぁぁぁぁぁ!!!

ああっ眩しすぎる……ヒスコレのレス・ポール・ウォール!

普段は撮影NGだが、特別に許可をもらった
バースト、1960年製!

やはり1960年製らしく、赤みが強いですな。眼福、眼福

そして同じケースの裏側には
1959年製のカスタムも! 失禁!

右肘が当たるあたりの塗装が剥がれていて、弾き込まれてきたことを伺わせる

 さらにこちらはアイドル・コーナー! 

ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、デュアン・オールマン、スラッシュ、そしてジョニー・ウィンター!

 つか、ジミー・ペイジのギターの上にジミー・ペイジの写真! これは渋谷店に来店した時に撮った写真だそうだ。ちなみに生前のゲイリー・ムーアが来日した際に、この店でレス・ポールを購入し、それを亡くなるまで大切に弾いていたというのは一部のファンの間では有名な話(らしい。私はこの日の取材まで知らなかったが、胸アツ!)。 ゴールド・トップもかっこいい! 思わず見入っちゃう。

ああ。どれか1本でも欲しいな。カスタムも、いいな。と見ているだけで時間が過ぎていく……

 ここらで1本、弾かせてください! ということで、1972年製にしてはお手頃価格だった黒のレス・ポール・カスタムを弾かせてもらう。

はあ、黒カスタムかっけえ。後ろのゴールド・トップもかっけえ

 ついでにチェリーのカスタム1974年製も! チェリーのカスタムって、昔スティーヴィー・ワンダーのバックの人が使っていて、個人的には憧れのギター。フランク・ザッパもチェリーのカスタムだし!

こういうギター、意外とファンク系で使われていますよね、と話を振ったら、ノリノリで解説してくれた同店の藤川忠宏さん。楽しすぎる!




 さて、と。  

ここまでは長ーいイントロダクションでした。
本当に、長い(笑)  

事前に、噂を聞いていたんです。

今ここに
表には展示されていない
すごいいギターがある
と。



 藤川さん、そろそろソレを出してくれませんか。



 「わかりました。今、持ってきます」



え? いいの??



 わ、出た! 
すでにケースから、すごいオーラが!

ご、ごくり……

キタキタキタキタキタキタキタ!!!!!!

うわー、きたー!

ズガーン!

キタキタキタキタキタキタキタ!!!!!!!

1959年製の、グリーン・レモンの、めちゃめちゃ状態のいいバーストだああああああああああああ!!!!!

これ! すごくないですか、すごいよね?

じーっと、見る!

さらにさらに、舐めるように見る!

このカーブ、この杢目! この角度から見たくなるの、わかるよね?

はあああああああああ
ため息しか出ない。



藤川さん、これ持ってみていいですか?



「どうぞ」



ええ、いいのかよ(本日2回目)。  



というわけで、この写真。

最初、「井戸沼さん、目、目!」と言われて……

で、こうなった(笑)。顔は笑っているけど、これ落としたら人生終わる……

 それにしても、この色、この杢、この存在感、圧倒的! くどいけど、何度も言いたくなる。はぁー……。

 藤川さん、こ、これ……弾かせてくれませんか?



「いいですよ」



い、い、いいのかよ?(3回目)



「はい、どうぞ」



うわーーーーーーー

やばい……良すぎる……

…………バーストを弾かせてもらうの、これで4本目かな。もちろん所有したことはない。で、これは今までで1番すごいかも。ちょこっとブルースを弾いたら、不遜だが「俺はピーター・グリーンか」ってくらい、うまく弾けた。タッチだけで、クリーン〜クランチ〜オーバードライブまで変わるんだけど、どう弾いても旨味、艶がたっぷりと乗って、自由自在に弾ける…………。

完全に、昇天……

 久しぶりに、本物のビンテージ・ギターのすごさを味わった。身体中がざわざわして、弾いた後もしばらく止まらなかった。

 ちなみにこのバースト、非常に状態が良いので通常のバーストの約2本分くらいの価格だと思ってもらうと、わかる人にはわかるだろう。

 このクラスは、普通にG’CLUB TOKYOにプラっと行って「あれ、弾かせて」と言っても無理なので、上記の価格を承知の上で、事前に連絡、相談すべし。私のような人間には、本来は縁がないギターだ……。

 まだ、興奮しているが、ここらでお話を聞いてみよう。

中央が、店長の村木克弥さん。左が藤川さん、右が私。それにしても、私に向けてジャックス、オリコの申込書が置かれているのが気になる(笑)

──「G’CLUB TOKYO」のコンセプトは、やはりギブソンということですよね?

村木さん ── はい。クロサワ楽器系列店の中では、ギブソン系を中心に幅広い層に向けたギターをラインナップしていますが、特に店名のロゴにも使用している”Fine Electric Guitar Shop”というコンセプトは、オープン当初から大事にしています。

── なるほどー。それにしても、1階にはリーズナブルなギターもありますが、2階から4階にはかなり高額なギターもあるので、気を使うのでは?

藤川さん ── そうですね、高額な委託品なんかは保管にすごく気を使いますけど、お客様に販売するという意味では、正直、価格は関係ないです。だって、ギターにまつわるドラマって、お客様ごとにあるじゃないですか。高額なギターをポンと買える方もいれば、一生懸命ローンを払ってギターを手に入れる方もいます。皆さん、金額以上にそれぞれのストーリーがあるので、その思いに見合う高いクオリティのものを提供したいという考えですね」

── ドラマ、わかります! 最後に、『沼めぐりっ』読者にひとことお願いします。

村木さん ── 特にギブソンの品揃えには自信がありますが、ギブソン以外のご相談も喜んで承ります。 ギターにご興味のある方は、是非お気軽にご来店ください!

 では、3人で記念撮影を!

おふたりとも、ありがとうございました!!

シメの一杯もビンテージなお店で!

 ふう。今日は、目の保養、耳の保養をたっぷりとさせてもらい大満足だった。

 個人的に、気になるギターもあったので、また近いうちに再訪しよう。

 とにかく、バーストのオーラにやられて喉がカラカラだ。はやくなんとかしなければ。



 というわけで、やってきたのが明治38年創業の居酒屋、みますや。115年続く、現存する最古の居酒屋と呼ばれる店だ。

このたたずまい。今日はビンテージ尽くしだな(笑)

ではでは、こんばんはー

 早速、ビールを注文する。……そろそろビール・メーカーから「ビールを飲みに行って、帰りにギターを弾く変則『沼めぐりっ』」のオファーがあってもよいのでは……などと妄想していたら、ビールがきた。

いつもながら、私、うれしそうだな(笑)。いただきます

グビグビグビ

グビ

うまっ! ビールうまっ! ひと口で、減りすぎ(笑)

 よいギターを弾いて、うまいビールを飲む。今日もよい1日だった。

ミッション・コンプリート!

「G'CLUB TOKYO」の沼度

水深(ギターの品ぞろえ)★★★★★(ギブソンに関して、星5つ!)
水質(スタッフの対応)★★★★★
沼の面積(フロアの広さ)★★★★★
周辺状況(近隣の飲食店など)★★★★★
判定:ギブソン好きなら必ず行かなければならない、国内最大級のギブソン沼!

店舗情報

G'CLUB TOKYO
住所:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-8
電話番号:TEL 03-3295-2800
FAX:03-3295-2815
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休

デジマート・ショップページ
https://www.digimart.net/shop/35/

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

「G-CLUB TOKYO」の在庫

デジマートでこの商品を探す

Gibson / ビンテージ・中古エレキギター

デジマートでこの商品を探す

Gibson / 新品・特価品 エレキギター

デジマートでこの商品を探す

Gibson / ベース

デジマートでこの商品を探す

Gibson / アコースティック・ギター&エレアコ

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

井戸沼尚也(いどぬま なおや)
日本で唯一の、沼鑑定士(自称)。 1日5回デジマートを見る、機材大好きのギタリスト/レビュアー/ライター/ワウペダル奏者。 インスト・ファンク・バンドZubola Funk Laboratoryのメンバー。 2019年3月より、ドラムとギターのみの変態インスト・バンド「Ragos」を始動。マスクをするとデジマート地下実験室の室長に似ているらしい。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS