楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • 多彩なサウンド・バリエーションを備えた実用器をチェック!

MD Guitars G8-AL meets 鈴木重厚(そこに鳴る)

MD Guitars / G8-AL

  • 制作:デジマート・マガジン 取材&文:山本彦太郎 撮影:星野俊 動画撮影&編集:熊谷和樹 録音:嵩井翔平

ジャパン・ブランドのMD Guitarsから、高コスパかつオールマイティなモデル=G8-ALが登場! 高い技巧で魅せる若き鬼才、鈴木重厚(そこに鳴る)に、その真価を確かめてもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MD Guitars G8-AL meets 鈴木重厚(そこに鳴る)

世界中の幾多のプロミュージシャンの理念が息づく
本格派ジャパン・ブランド。

 MD Guitarsは、長野県塩尻市に拠点を置くクエスト・インターナショナルのオリジナル・ギター・ブランド。マツモク工業で楽器製作を学んだのち、国内楽器メーカーで設計・デザイン、リペア、アーティスト・リレーションなどの経験を積んだ大和俊夫氏が1996年に設立したものだ。

 設立当初はそれまでのノウハウをもとに、さまざまなジャンルのギターやOEMギターの開発でギター&ベースを製作・販売を行なってきた。その後、本格的にMD Guitarsをスタートし、より高品質な楽器製作へとシフトしていく。

 大和氏と親交の深かったギタリスト松原正樹氏とディスカッションする中で、『思いをカタチに・・・』をテーマに、木材のセレクトからパーツのセットアップにいたるまで、ふたりのノウハウを集約させた“MD MM-Produce”が誕生。そして松原正樹シグネチャーMD-G1、廉価版のG1/Rebornなど、スタジオ・ミュージシャンならではの貪欲なリクエストを形にしたモデルが登場していった。中でもG1は、24.75インチ・スケール、ゼロ・フレット採用、2ハムバッカー構成ながら5ウェイ・セレクターとタップ・スイッチによる多彩なサウンド・バリエーション、安定性の高い11フレット位置のストラップ・ピンなど、トップ・プロが求める/納得するサウンドと演奏性を具現化した1本だ。

 その後、G1 をもとにさまざまなアレンジがされたモデルが試行錯誤され、現行ラインナップとなるフラット・トップ&fホールデザイン・モデルのG5-HSHトラディショナルなスタイルG7-Qなどのバリエーション・モデルに受け継がれていく。その理念をより若いユーザー層に向けて落とし込んだのがG8-Qと、今回の主役であるG8-ALと言えるだろう。

 リーズナブルながら妥協のないマテリアル、クオリティ、そして高いプレイヤビリティを目指すジャパン・ブランドの矜持と意気込みが込められたシリーズだ。

G8-AL
モダンな見た目でオールマイティな音を。

メタリック・ブルー

キャンディ・アップル・レッド

 アルダー・ボディにアングル・ヘッドのメイプル・ネックという構成のレトロ・ポップなデザインの本器。オリジナルのM-4ピックアップがHSHレイアウトで配置されているが、リアとフロント両方に効くコイル・タップ・スイッチにより、リア・シングル&センター、フロント・シングル&センターなど、オール・ジャンルに対応できる多彩なサウンド・バリエーションを実現した。ロッキング・ペグやウィルキンソンVS-50トレモロ・ブリッジなど厳選されたパーツ類も搭載されており、文句なしの実用性を誇る。

フロント&リアのハムバッカーに作用するコイル・タップ・スイッチ。こちらを使えば計10種類の音を作ることができる

ボディ裏には深めのコンター加工が施され、操作性も抜群だ

【Specifications】●ボディ:アルダー ●ネック:1ピース・メイプル 指板:パーフェロー フレット:22 ●スケール:650mm ●ピックアップ:M-4アルニコ・ハムバッカー×2(フロント、リア)M-4シングルコイル(センター) コントロール:ボリューム、トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、コイル・タップ・スイッチ ブリッジ:ウィルキンソンVS-50 ペグ:ロッキング・チューニング・マシーン カラー:メタリック・ブルー、キャンディ・アップル・レッド 付属品:ギグ・バッグ

デジマートでこの商品を探す

Suzuki's Impression
ドメスティックなモノ作りへの美学を感じました。

 これまでコイル・タップできるギターってあまりピンと来なかったんですけど、このギターはタップしたシングルの音が自然ですね。クリーンの場合は、フロントPUをタップしたサウンドが良かった。このきらびやかさは普通のハムのフロントでは出せない音ですね。僕はアルペジオをよく使うんですけど、それが映えるトーンだなと。音の分離がものすごく良いという感じではないんですが1弦のニュアンスが良いので、出音がすごくシャープに聴こえるんですよ。もちろんタップ前のハムもしっかり使えて、そのうえでそういったシャープさも攻められるという印象ですね。

 僕は普段からけっこう歪ませるタイプで、機材によっては音がつぶれがちになってしまうんですけど、このギターはピックアップが良い感じで音がつぶれにくい。攻めたセッティングにしてもメチャクチャな音にならないんですね。クリーンと同じく、アンサンブルで使える範疇で音色を積み上げていけるイメージです。リア・ハムのオーソドックスな歪み、つまりパワー・コードでガーンと行けるような感じも良かったですけど、タップしたフロント&センター(註:フロント・ハムのネック側コイルとセンターの組み合わせ)がシングルコイルっぽさもあって、歪みとの馴染みも良かったですね。

 リードの音色は、歪みペダルを3つぐらい使ってかなり歪ませたんですが、音がつぶれにくくてアルペジオを弾いてもガシャガシャにならないですね。無茶をさせても大丈夫な感じがあるし、アンプやエフェクターを自分の好きなように設定していっても、ちゃんとついてきてくれる印象を受けました。“ギブ・アップ!”って言わないギターですね(笑)。高音弦のサウンドに“パコッ”とした独特のニュアンスというか、ちょっと中域に寄った感じがあるんですけど、それもあって弾いていて耳にキツくない。良いところでうまく収まってくれる感じもありました。

 僕の考える良いギターの基準は、シールドと同じように帯域に偏りやロスがないものなんです。今回G8-ALのほかにもG1-RとG8-Qも弾かせてもらいましたが、どれもその感触がありました。

 ハイエンドのG1-Rはクリーンに濁りがないし、歪みの乗りも良くてロックでも使えるギターですね。G8-Qはスタンダードでまとまった感じがありました。

 G8-ALの多彩なサウンドやしっかり使えるアームなどは、いろいろギターのことが勉強できて良いんじゃないかな。G8-ALとG8-Qはどちらもポップな見た目ですし、ビギナーが1本目に買っても後悔しないクオリティだと思います。多彩な機能を盛り込んだ高品質な製品というドメスティックなモノ作りの美学を感じましたし、僕は好きですね。

ギター・マガジン 2020年12月号 発売中!

GM2012_H1.jpg 本記事は、11月13日(金)に発売されたリットーミュージック刊『ギター・マガジン 2020年12月号』にも掲載されています。表紙巻頭特集は「ギター・マガジン40周年」。ぜひチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

MD Guitars / G8-AL

価格:¥98,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:1ピース・メイプル ●指板:パーフェロー ●フレット:22 ●スケール:650mm ●ピックアップ:M-4アルニコ・ハムバッカー×2(フロント、リア)、M-4シングルコイル(センター) ●コントロール:ボリューム、トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、コイル・タップ・スイッチ ●ブリッジ:ウィルキンソンVS-50 ●ペグ:ロッキング・チューニング・マシーン ●カラー:メタリック・ブルー、キャンディ・アップル・レッド ●付属品:ギグ・バッグ
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/products/md-guitars/g8-al
デジマートでこの商品を探す

MD Guitars / G8-Q

価格:¥105,000 (税別)

【スペック】
●ボディ:キルテッド・メイプル(トップ)、アルダー(バック) ●ネック:1ピース・メイプル ●指板:パーフェロー ●フレット:22 ●スケール:650mm ●ピックアップ:M-4アルニコ・ハムバッカー×2(フロント、リア)、M-4シングルコイル(センター) ●コントロール:ボリューム、トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、コイル・タップ・スイッチ ●ブリッジ:ウィルキンソンVS-50 ●ペグ:ロッキング・チューニング・マシーン ●カラー:シースルー・ブルー ●付属品:ギグ・バッグ
【問い合わせ】
フックアップ TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/products/md-guitars/g8-q
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS