楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 井戸沼尚也のニッポン沼めぐりっ!

DEEPER’S 沼! 東京・渋谷「フーチーズ」へ行ってみた!

Hoochies (フーチーズ)

  • 制作・企画・編集:デジマート 文:井戸沼尚也 協力:Hoochies (フーチーズ)

日本各地に点在するという、ハマったら抜け出せない機材の沼スポット。自他共に認める機材好きで1日に5回デジマートを見る男が、全国の沼を訪ねて歩く連載、それが「ニッポン沼めぐりっ」! 今回は東京都渋谷区の「Hoochies(以下、フーチーズ)」に突撃です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回で12回目となる「沼めぐりっ」も相当深い。なにしろあの「フーチーズ」だ。プロ御用達の機材がずらりと並ぶ圧巻の品揃えに加えて、スタッフの方々の知識も半端ない、すごい店なのだ(でも敷居は高くないですよーw)。

 「フーチーズ」は、デジマート・マガジンを読んでいるのなら知らない人はいない「DEEPER’S VIEW 〜経験と考察〜」のお方、村田善行さんがいらっしゃるお店だ。今回は店内を探索しつつ、村田さん自身も掘り下げてしまおうという、いわば特別企画「DEEPER’S 沼めぐりっ!」なわけで、これは見逃せないぜ!?

まずは渋谷の新名所にて街並みを見渡してみる

 というわけでやってきたのが、渋谷駅。集合場所は定番の“モヤイ像前”だ。

こうしてみるとモヤイ像2体にしか見えない(笑)

 渋谷の駅周辺は、今、強力に再開発を推し進めている。こんな写真も将来は貴重な資料になるかもしれない。

重機マニアは今すぐ渋谷へGO!

 いつも「沼めぐりっ!」では何かをモグモグ食べてから楽器店に行くのだが、いつもそれではバカみたいなので(12回目にして気付いた!)、今回はちょっと趣向を変えてみる。

↓ あそこに昇って、街を一望するのだ!

なんか、かなり高そうに見えるのは気のせい……?

 早速、渋谷スクランブルスクエアの屋上、渋谷スカイへ。屋上へと向かう通路は近未来感、満点だ。

なんか凄い(0点のコメント……)

 屋上からものを落とすと危険なので、ロッカーに荷物をしまうように指示される。帽子もかぶってちゃダメなんだって(風で飛ばされるから?)。

 ↓そしてロッカーはやっぱりこの番号を探してしまうのであった。

こういう時は、必ず335を探す!!

ロッカーのあるフロアから、最上階へ。

このエレベーターで、すでに怖い。

言い忘れていたが、私は高所恐怖症だ。



えーと、何でこんな苦行をしてるんだっけ?

怖い怖い怖い怖い怖い……

おーい、いつかこれを見るかもしれない子供達よ、わけわかんないと思うけど、これも父さんの仕事なんだよー!

怖い怖い怖い怖い怖い……

地上230mの最上階の一角は、周りが低めのガラスの柵のみ!
そこの端っこに行って写真を撮るのが楽しいんだって! 

楽しいことあるかー



はい、エレベーターで戻ってきました。

地上14階あたり、ここなら余裕です。

普通はこの高さでも怖いけど、脳がいつも以上にバカになっているから平気!

246通り沿いを上って「フーチーズ」へ!

 これ以上寄り道してないで、そろそろ村田さんに会いにいこう! ということで、渋谷駅前から246通り沿いの坂を上って「フーチーズ」に到着!

大きなPRSの看板が目印

店舗は地下1階なので、階段を下りる

 ここが「フーチーズ」だぁーーーっ!

全景ではないけれど、お店の感じ、わかるかな?

 入ってすぐに出迎えてくれたフルアコ、セミアコのギター! オリジナル・ブランドのCrews、それとVOXの新製品も見える。

中央のセミアコ、弾いたことあるけど強烈に良い!

 その裏にはソリッドのモデルが並ぶ。オリジナル・ブランドのRabbit isの製品だ。

ネック側にP-90タイプ、ブリッジ側にハムバッカーで、使い勝手が良さそう!

 階段を降りてすぐのところにカウンター(修理の受付なんかをここでするのかな?)があって、その下に飾ってあるのがこれ! 野村義男さんの改造メロディメイカー! なんでも、元はシングルカットなのを切ってダブルカットにしちゃったそうな。PUはディアルモンドかな? センスいいなぁ。

思わずガン見! パイナップル型のペダルも可愛い!

 こちらはなんとイギリスのキャッスルダインエレクトロニクスが作った
「フーチーズ」オリジナル・ファズ、オリンピック! 

キャッスルダインといえば、ビンテージ・ファズ、ワウ研究の第一人者! 間違いなしの逸品!

 やっと入荷したそうだが、今回のロットはすべて予約済み。試奏したけどめっちゃよかった! 今から次回入荷分を頼むのが吉!

ゲインはそこまで高くないけど、太く生々しい70年代あたりのクラシック・ロック・サウンドがズバリ出せます!! ほかの歪みペダルとスタックして歪みを増やしても◎!!「フーチーズ」の名前が付いていて、悪いわけがないっす

 カウンターの上は、こんな感じ! よく見ると、カラーサウンドのオーバードライバーや、今や超高額ペダルとなったクロン・ケンタウルスがポロポロ置いてある。

デジマート・マガジンともよくコラボする、エフェクター専門誌「THE EFFECTOR book」もあるぞ……?  ん?

恐る恐る、本を持ち上げると……

この下には何があるかな……?

ぎゃーっ! 
クライドマッコイのピクチャーが!!

世界広しといえど、「本を置く台」としてピクチャーを使っている店はここだけでしょう……

 カウンターに置いてあったマニアックなペダルの洋書「Vintage & Rarities」村田さんが!

もはや海外でも知る人ぞ知る、ですな

 ここのカウンターは本当に恐ろしくて、リペア待ちなのか村田さんの私物なのかはわからないが、棚にぼこぼこレア・ペダルが入れてある。

ディジートーンとか、ボストーンが2台とか……。これらは売り物ではないが、店に入ってきてここを見るなり「売ってくれ」と言う人が続出するというのも納得

 棚の足元にあるのは、これは村田さんの私物であろう、ファズフェイスがゴロゴロと!

黒いのはDEEPER’S VIEWでもおなじみの、ファズ好きが口をそろえて「あれ欲しい」という個体!

 ここまで見て、ペダル欲が刺激されてしまったあなた! 「フーチーズ」には購入できるペダル・コーナーもあるよ(楽器店だからね)!

ここがまた、いいものばっかりなんだ……

今、話題のオーバードライブ・ペダルも!

イースタンミュージックデバイスのPD-1。私はまだ弾いたことないけど、良いという噂はよく聞いている。気になるぜ……

D.A.Mのファズも!

ギタリストの西田修大氏が愛用しているモデル!

オーガニック・サウンズも!

ゼウスとケルベロス。私、どちらも愛用中! めちゃ良いです!

 これは、オーディオ用のプリメイン・アンプUsagi no mimi「フーチーズ」のオリジナル商品だ。

取材の日はThe Metersがかかっていたが、良い音だった!! ジガブーの音の、生々しいこと! しかもMeters好きの私が来るからかけてくれていたそうで、涙。

さてさて、「フーチーズ」は当然のことながら、竿の品ぞろえも圧巻! 

 まずはこちら、クルーズのギター!

どちらかといえばモダンなモデルが並ぶ一角

 こちらはクルーズのベース!

ビンテージ・タイプからモダン・タイプまで、選び放題!

 PRSが充実しているのも「フーチーズ」ならでは。

どれも良さそうだけど、個人的にはSilver Skyのローズ指板のモデルが気になる

 アコギも充実! 

多くは商談ルームに展示してある。もちろん、ひと言声をかければ入室や試奏も可能だ。

クルーズの12弦やアコ・ベースなどがあり、バリエーションも豊富だ

 こちらは試奏用のアンプと、クルーズのオリジナル・ペダル。

以前は、試奏用のアンプはリイシューの銀パネ・デラックスのはずだったが、いつの間にかビンテージの銀パネ・デラックスに変わっていた

 販売用のアンプは、ほとんど別室に並んでいる。

VOXを中心に、マーシャル、オレンジ、ちょっと珍しいところではブッダなんかも見える

 アンプ室に置いてあった、ビンテージ・マーシャルの山! 残念だが、これらは販売用ではない。

調整を依頼されて、一時的にここに保管しているものだそう。ホワイト・トーレックスが2台! かっこいい!

ここで、村田さんを発見! 何をしているんだろう?

「オーディオ用のケーブルを作っています」とのこと

 忙しそうな村田さんに、ダメ元で聞いてみる。

「秘密の部屋も、紹介していいですか?」




すると、即答で

「いいですよ! 今、ちょっとごちゃごちゃしていますけど、
適当に写真撮ってもらって構いません」

とのこと。



 ……ごくりっ

「フーチーズ」の沼に潜入するぜ!!

(注)この部屋は基本的には公開されていませんので、いきなり訪問して「見せてください」と言っても難しいです。ご了承ください。

ジャーン! もうね、いちいち説明するのも面倒なくらい名機がそろっているので、目を皿のようにして見て!

ズガーンと置いてある、ダンブル。
足元のボードもすごい!

「ちょうど今、ボードとセットで調整しているところ」とのこと。ダンブルと、足元の銀のケンタといえば、有名なあの方のセットだと思われる

ユニヴァイブ、ピートコーニッシュ各種、
そしてマーシャルの“ブラックフラッグ”!

キャビもいいなぁ

こっちにもユニヴァイブ、
クライベイビー“トップロゴ”、
そして……。

もう、あちこちに名機がゴロゴロしていて、何が何だか

バズアラウンドもあったー! これ、本当に欲しいんですけど買える気がしない……。ところで私、泥棒みたいですな

こちらはみんな大好き、トーンベンダー系!

カラーサウンドのパワーブースト! これも欲しいなぁ……

はあ、はぁ、はぁ
これ以上この部屋にいると過呼吸になるわ。

もう退室して、村田さんに話を伺おう。

── 村田さんは、元々はパンクとかハードコアが好きで、それからクラシック・ロックも聴くようになって機材にはまったということですが、その流れ、珍しいですよね。

村田さん ── そうですね、でもガレージ・パンクの人は50年代の音楽をリスペクトしているんですよ。あとは90年代のオルタナの人って80年代はディスるんですけど、70年代はリスペクトしていたり。パールジャムがニール・ヤングを好きだとか。それで聴いてみたら、音が良かったんですよ。昔の音楽は奥行きがあるなと。それから、やっぱりこの会社に入って、クラシックなロックを耳にする機会が増えましたね。

── 村田さんが音を追求するようになったのは、その辺りからなんですね……。ところで「フーチーズ」のHPやデジマート・マガジンの試奏動画を見た人はみんな感じていると思うんですが、なんでいつも良い音を出せるんですか?

村田さん ── うーん、僕はギタリストもボーカリストと一緒だなと思っていて。うまいボーカリストは、声を出す練習、音程を取る練習なんかをするじゃないですか。ギターもまったく同じで良い音を出すには練習が必要なんです。具体的には、ダイナミックスをきちんとつけるということですね。歌うように弾く。そうすると音も良くなるんですよ。

── あー。わかります。

村田さんの話は、動画でも生でもいちいちわかりやすい

村田さん ── 常に全力疾走していると疲れるし、見ている方も飽きちゃう。話もそうですよね。常に大声の人の話は入ってこないじゃないですか。で、ギターも必要以上に力を入れずに“このくらいでアンプがいい具合に動くよな”っていう力加減とかセッティング、あとはギターとアンプの関係性がわかれば、どんな機材を使ってもいい音が出せると思います。

── なるほど。“沼めぐりっ!”にはもったいないほど(笑)、ギターを弾く上で大事な話ですね。

村田さん ── とにかく、うちに来てくれたら良い音を出せるように、相談に乗りますよ。良い音を出したかったら、うちに来てください。

 ネットでの買い物も便利だけど、実店舗の良さってこういうところだよなぁ。個人がいくら頑張っても、やっぱり楽器店さんの知見にはかなわない。触っている量が違うんだから。だから、楽器店さんに教わることって、本当は多いはず。村田さんの動画を見るのも勉強になるけど、直接見て、聞けば、段違いに得るものは多い(ただし、楽器店に行って何かを教わる時には、ケーブル1本でも買い物をするとか、楽器店と良い関係を作ることも大事っす)。

 最後に「フーチーズ」の皆さんと記念撮影!

左から村田さん、私、Vタイプ推しの酒井康信さん、SGタイプ推しの錦戸祐介さん

良い楽器店に行った後は、いつもの儀式を!

 はぁ、今日も良いショップで良い機材を堪能した。もう喉がカラカラだ。お決まりではあるが、ビールを飲まないことにはこのコーナーは終わらない(笑)。

 今日は「やきとりの名門 秋吉 渋谷桜丘店」にインだ! 厳選されたメス鶏だけを使用した「純けい」というやきとりが人気のお店だ。

 まずはやっぱり、今日もビールをお願いします!

では、いただきます

グビグビグビグビ……

……プハー! うめー!! しあわせ!!!

これが秋吉イチオシのやきとり「純けい」だ!

歯応えがあり、噛めば噛むほど鶏の旨味が口に広がる……美味すぎる!!!

 
 しあわせを噛み締めたところで……ミッション・コンプリート!

Hoochies (フーチーズ)」の沼度

水深(ギターの品ぞろえ)★★★★★(裏メニューまで含めたら星100個)
水質(スタッフの対応)★★★★★
沼の面積(フロアの広さ)★★★
周辺状況(近隣の飲食店など)★★★★★
判定:良い音を出したいなら、行かねばならぬ沼!

店舗情報

numa12-51.jpg

Hoochies (フーチーズ)
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-7 B1F
電話番号:TEL 03-5428-6739
FAX:03-3464-8567
営業時間:11:00~20:00(只今短縮営業にて19:00まで)
定休日:毎週 火曜/年末年始
(2021年は1/6(水)から営業開始)

デジマート・ショップページ
https://www.digimart.net/shop/2820/

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

「Hoochies (フーチーズ)」の在庫

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

井戸沼尚也(いどぬま なおや)
日本で唯一の、沼鑑定士(自称)。 1日5回デジマートを見る、機材大好きのギタリスト/レビュアー/ライター/ワウペダル奏者。 インスト・ファンク・バンドZubola Funk Laboratoryのメンバー。 2019年3月より、ドラムとギターのみの変態インスト・バンド「Ragos」を始動。マスクをするとデジマート地下実験室の室長に似ているらしい。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS