楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • "夢の空間"を実現した自宅スタジオに大接近!

アコースティックエンジニアリングが手がけた"ドラムが叩ける"プライベート・スタジオ Vol.17

アコースティックエンジニアリング

“自宅で思いきり音を出したい!”、“いつでも楽器を鳴らせる環境を手に入れたい!”……自分のスタジオを持ちたい願望は、楽器を演奏する人ならば誰もが思うこと。そんな“マイ・スタジオ”の夢を実現してくれるのが、プロ用のスタジオやライヴ・ハウスの防音/音響工事も行う、アコースティックエンジニアリングだ。ここでは同社が手がけた“ドラムが叩ける”プライベート・スタジオにフォーカス! 2021年の第一弾は、家族で活用しているという埼玉県在住の勝沼智彰さんの自宅スタジオを紹介していこう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CASE:17 埼玉県 勝沼智彰さん宅スタジオ

小学生の頃にテレビで見たX JAPANのYOSHIKIに衝撃を受けてドラムに興味を持った勝沼さん。中学では吹奏楽部でトロンボーンを担当し、大学時代にはスカコア・バンドも経験。もちろんドラムでも邦楽ロック系を中心にさまざまなバンドをコピーしたそうだ。「防音室を作りたいなんて、最初は口に出すのが恐い気持ちもありましたが、うまくやりくりすれば手が出ないものではないのかなと思います。もちろん安い買い物ではないですが、家にスタジオがあるおかげでできることが増えたのは大きいですね」

ほんの10分くらいドラムを叩くだけでも
気分がスッキリするんです

 プロ用のスタジオやライヴ・ハウスなどを手がける防音/音響建築の専門業者アコースティックエンジニアリングが設計した自宅スタジオで“好きな時間に思いきりドラムを叩きたい”という夢をかなえたドラマーを紹介しているこの連載。今回の訪問先は、埼玉県に住む勝沼智彰さんの自宅スタジオだ。

 木造2階建ての住宅に家族4人で暮らす勝沼さん。大学時代は音楽サークルでバンド活動に明け暮れたそうだが、卒業して仕事を始めてからは、多くの人がそうなるようにバンドやドラムからは遠ざかっていた。

 「でも身体のどこかで“ドラムが叩きたい”っていう感覚がずっとあって、思い切り叩ける環境をいつか手に入れたいと思っていたんです。それで、家を建てることになったときに一番に“防音室を作りたい”という話をして、予算や間取りなどを最初から全部考えて作っていきました」

スタジオは約8畳と余裕の広さ。階上にはユニット・バスがあり、通常なら天井高が低くなってしまうところだが、住宅会社と設計のすり合わせを行ったことにより、2.3mという十分な天井高を確保している。こうしたことも新築時にスタジオを作るメリットの1つだ

正面には大きな鏡を設置。部屋を広く見せると同時に、以前ダンスをやっていた奥様のことも考えて決めた仕様だという

ドラム・セットの反対側には、PAミキサーやCDJセット、カラオケ用のNintendo Wii、トイ・ピアノなどが置かれていた

 そうして出来上がったスタジオに置かれているのは、グレッチのドラム・セット。

 「別に楽器にすごくこだわっているわけではなくて、これもネット・オークションに格安で出ていたのを、まだドラムのこともよくわかっていない頃に憧れの気持ちだけで買ったんです。もちろん家では叩けないので置きっぱなしになっていて、ようやくここで鳴らしたときには感動しました。スタジオによっては大きい音を出すと耳が痛くなったり、あまりにも音が響かなくて味気なかったりしますが、ここはそういうことが全然なくとてもバランスの良い音だと思います」。

 今はほぼ毎日ドラムを叩く一方で、学生時代の友人を招いて音を出したり、ご夫婦でカラオケを楽しんだりとフル活用。お子様も楽器に興味を示しているという。

 「ほんの10分くらいドラムを叩くだけでも気分がスッキリするんですよね。それに、僕だけじゃなく家族で使える部屋になったので、作ってよかったなと本当に思います」

「中村達也の野性味あふれるドラムが好き」という勝沼さんらしいセッティング。スネアはセットとは別に、御茶ノ水に何度も通って買ったG-4160。「その後、達也さんも同じのを手に入れたと知って“ウオーッ!”ってなりました(笑)」

出入り口は木製防音ドア2枚

※本記事はリズム&ドラム・マガジン2019年3月号の記事を転載したものです。

アコースティックエンジニアリングとは?

 株式会社アコースティックエンジニアリングは、音楽家・音楽制作者のための防音・音響設計コンサルティングおよび防音工事を行う建築設計事務所。1978年に創業して以来、一貫して「For Your Better Music Life」という理念のもと、音楽家および音楽を愛する人達へより良い音響空間を共に創り続け、携わった物件の数は2,000件を超えている。現在も時代の要請に答えながら、コスト・パフォーマンスとデザイン性に優れ、「遮音性能」、「室内音響」、「空調設備」、「電源環境」、「居住性」というスタジオの性能を兼ね備えた、新しいスタイルのスタジオを提案し続けている。

株式会社アコースティックエンジニアリング

【問い合わせ】
TEL:03-3239-1871
Mail:info@acoustic-eng.co.jp
住所:東京都千代田区九段北2-3-6九段北二丁目ビル

HP:http://www.acoustic-eng.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

アコースティックエンジニアリング

【問い合わせ】
株式会社アコースティック・エンジニアリング TEL:03-3239-1871 http://www.acoustic-eng.co.jp
住所:東京都千代田区九段北2-3-6九段北二丁目ビル

ドラム

デジマートでこの商品を探す

シンバル

デジマートでこの商品を探す

ペダル

デジマートでこの商品を探す

ドラム用スタンド

デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS