楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • メタルだったら部屋でも激音! 最強の“卓上&小型”ギター・アンプを探せ!

メタルを弾きたくなる“卓上&小型ギター・アンプ”11選

小型ギター・アンプ

新型コロナ・ウィルスへの警戒は未だ継続中。“スタジオやライブ・ハウスで爆音プレイ”とはいきませんが、メタル・ギタリストだったら“家だとしても激音でギターが弾きたい!”……ですよね。そこで今回、LOVEBITESのmidoriとmiyakoに、各メーカーが誇る卓上&小型サイズ・アンプをメタル的視点でチェックしてもらいました。ルーム・サイズながら迫力のサウンドを鳴らす11台のミニ・アンプで、ロック&メタルを楽しもう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の試奏では「ESP E-II HORIZON QM/FR Reindeer Blue」(midori)、「DEAN ICON Flame Top-Faded Denim」(miyako)を使用。各モデルのコメント欄には、2人がアンプを持ったカットも掲載しているので、サイズ感も参考になれば幸いです。

BLACKSTAR / FLY 3 VINTAGE

BLACKSTAR / FLY3 VINTAGE

デジマートでこの商品を探す

伝統のロック・サウンドを生む卓上アンプ

 元マーシャル出身のスタッフが立ち上げたBLACKSTAR。英国メーカーらしい伝統的なロック・サウンドを踏襲。3W出力ながら2チャンネル仕様で、歪みチャンネルでゲインをアップさせればサイズ感以上の歪みを得ることができる。テープ・エコーをシミュレートしたディレイも秀逸だ。電池駆動可能で、群を抜いて軽量なのも“卓上派”にはうれしいところだ。

端子&コントロール部

モコモコからジャギジャギまで、音の作り込みができそう。── midori

metal_amp_a3.jpg

miyako ── サイズ感は見たまんま小さいので、お家に置いておきたくなりますよね。それで音が悪かったら本末転倒ですけど、ブラックスターらしさもあって、しかもこのサイズなのにボリュームを最大にするとかなり音量が出るし、よく歪む。

midori ── タッピングをしても音が途切れないくらい歪んでくれるのがスゴいです。トーン・ノブはひとつですけど、モコモコからジャギジャギまで振り幅が大きいので、自分のギターに合わせた音の作り込みができると思います。

miyako ── ディレイにはレベルとタイムもついているので、小型なのにいろんなことができますよね。

midori ── 電池もOKなのでお外にも持っていけますし、遠征先のホテルに持っていっても良さそう……爆音にしなきゃ(笑)。

【Specifications】
ワット数:3W サイズ:170mm[W] 102mm[D] 126mm[H] 重量:900g
●入出力端子:インプット、ライン・イン、ヘッドフォン ●コントロール:ゲイン、ボリューム、EQ、ディレイ、オーバードライブ・スイッチ、ディレイ・レベル ●電源:ACアダプター、電池 ●価格:10,000円 ●問い合わせ:コルグ/KIDお客様相談窓口 0570-666-569 https://www.korg.com/jp/

バリエーション

Blackstar / FLY 3 Neonシリーズ

デジマートでこの商品を探す

 FLY3はベース専用モデル「FLY3 BASS MINI AMP」やBluetooth搭載モデル「FLY 3 Bluetooth」、そして最新モデル「FLY 3 NEON」をはじめとするカラー・バリエーションなど、さまざまなモデルで展開されている。

BOSS / KATANA-AIR

BOSS / KATANA-AIR

デジマートでこの商品を探す

無限大のサウンドをワイヤレスで弾きまくれ!

 ワイヤレス・トランスミッターが標準装備のこのモデルは、ACアダプターに加え、単3乾電池8本でも駆動するため、屋外も含めた完全なワイヤレス環境での演奏を楽しめる。5種類のアンプ・タイプ、BOSSが誇る高品位な50種類以上のエフェクターも搭載。さらに専用アプリで緻密な音色エディットが可能なため、ブラック・サバス的初期メタルから近年のラウド系サウンドまで、その出音は無限大。

端子&コントロール部

今どきの歪みが好きな人には、ドンピシャなサウンド。── miyako

metal_amp_b3.jpg

midori ── ワイヤレスでつないでも、レイテンシーが全然ない!

miyako ── アンプの遠くにいてもいいんだけど、逆に狭いお部屋でもシールドがジャマにならなくて良さそうですね。

midori ── しかもかなり高機能で、外部エフェクターもいらないんですよ。アプリを使えばプレゼンスなどもいじれるので、さらに幅広い音が作れます。もちろんアンプのノブだけでも、例えば[ブラウン]タイプはかなりジャキっとした歪みにもなって、好きな音が1発で作れてわかりやすいと思います。

miyako ── どのエフェクターの音にもBOSSらしさを感じましたし、今どきの歪みが好きな人には、ドンピシャなサウンドだと思います。路上ライブができるくらいの音量も出るし......でも路上でメタルはやらないか(笑)。

【Specifications】
ワット数:30W サイズ:350mm[W] 144mm[D] 181mm[H] 重量:2.2kg
●入出力端子:インプット、AUXイン、ヘッドフォン/レック・アウト、USB ●コントロール:アンプ・タイプ、ゲイン、ボリューム、ベース、ミドル、トレブル、BST/MOD、ディレイ/FX、リバーブ、マスター、トーン・セッティング・ボタン×3、ほか ●電源:ACアダプター、電池 ●価格:オープン・プライス(市場実勢価格:40,000円前後)
● 問い合わせ:ローランドお客様相談センター https://roland.cm/contact

BOSS / KATANA-MINI

BOSS / KATANA-MINI

デジマートでこの商品を探す

“WAZA AMP”ゆずりのサウンドをこのサイズに

 同社のフラッグシップ・アンプ[WAZA AMP]のエッセンスを取り込んだKATANA AMP。同シリーズ最小となる本機は電池駆動OKながら、アナログ・ゲイン回路による表現豊かなドライブ・サウンドが楽しめる。クリーン~歪みの3つのアンプ・タイプを持ち、卓上サイズながら3バンドEQを搭載するのも音作りの強い味方。あの“ブラウン・サウンド”を彷彿させる伸びやかなハイ・ゲインは、メタルの導火線にも火をつける!

端子&コントロール部

見た目以上に軽いのに、ゲイン半分くらいでも充分に刻める。── midori

metal_amp_c3.jpg

miyako ── さすがBOSSさんって感じで、小型なのに歪みますね〜。正直物足りなくなるかもと思っていたんですが、充分にメタルができます。[クランチ]は“真空管入っているのかな?”っていう音でもあって。

midori ── 見た目以上に軽いのにファットな音というか、小型だけど太さがあってイイ感じですよね。[ブラウン]だったらゲインが半分くらいでもリフやバッキングが充分に刻めます(笑)。ノブもそんなに多くないので、直感で回せばいい音が出るという。

miyako ── EQも3バンドあるので、細かく音作りもできる。わたしは特にトレブルの効き具合が“BOSSっぽい”と思いましたね。ディレイでは好きなポイントを見つけてもらって、そこでソロを弾いたら気持ちいいと思うな。

【Specifications】
ワット数:7W サイズ:250mm[W] 146mm[D] 181mm[H] 重量:1.2kg
●入出力端子:インプット、AUXイン、ヘッドフォン/レック・アウト●コントロール:ゲイン、ボリューム、ベース、ミドル、トレブル、ディレイ・タイム、ディレイ・レベル、アンプ・タイプ・スイッチ ●電源:ACアダプター(別売)、電池 ●価格:オープン・プライス(市場実勢価格:10,000円前後)● 問い合わせ:ローランドお客様相談センター https://roland.cm/contact

LANEY / MINISTACK-B-IRON

LANEY / MINISTACK-B-IRON

デジマートでこの商品を探す

スタック・アンプの迫力を机の上で完全再現!

 スタック・アンプはロック・ギタリストのあこがれ。それを卓上に鎮座させられるのがこの1台。ドライブ・チャンネルを有し、2段積みのルックスに違わぬ深い歪みと音圧感が得られるのだ。付属のLSIケーブルでスマートフォンなどをつなげば、専用アプリを介して本体のディレイ以外にもさまざまなエフェクトを使うことができる。電源アダプター(別売)のほか、電池での駆動も可能だ。

端子&コントロール部

家ではないようなサラウンド感にテンションが上がる!── miyako

metal_amp_d3.jpg

midori ── まずはこのルックス……2段積みの雰囲気が味わえてアガりますし、ヘッドが光るのもめっちゃカッコいいですよね(笑)。

miyako ── スタック・アンプを弾いている気分になってテンション上がります(笑)! ドライブ・チャンネルでゲインを上げれば、メタルでも歪みが足りないってことは全然ないですね。

midori ── 歪みは荒々しい感じなので、リフを刻む系のギタリストにおすすめしたいな。ミドル域に特徴があってトーンがよく効くんですけど、その効き方が自然なので“使える音”も作りやすいなと。

miyako ── ディレイとスピーカーの相性も良くって、家ではないようなサラウンド感にますますテンションが上がるという。タイムも調整できて、これはソロを弾くときにもいいですよね。

【Specifications】
ワット数:6W サイズ:205mm[W] 105mm[D] 295mm[H] 重量:2.6kg
●入出力端子:インプット、ヘッドフォン、AUXイン、LSI ●コントロール:ゲイン、レベル、トーン、ディレイ、ボリューム、ドライブ・スイッチ、ディレイ・レベル ●電源:ACアダプター(別売)、電池 ●価格:8,980円 ●問い合わせ:サウンドハウスhttps://www.soundhouse.co.jp/

MOOER / SILVEREYE 10

MOOER / SILVEREYE 10

デジマートでこの商品を探す

高音質でのメタル・セッションに興奮せよ

 超小型のエフェクターを手がけるMOOERから、ギター・アンプと音楽を楽しむBluetoothスピーカーが融合したアンプが登場した。出力は10Wで、3インチのフル・レンジ・スピーカーを2発搭載したステレオ仕様。また独自のバスレフポートで低域をブースト。高品位な音楽再生ツールでもあるため、メタル・ナンバーを流しながらのセッションは、まさにスタジオで本人たちとジャムっているかのようだ。

端子&コントロール部

70年代HRに持ってこいの、ふくよかさがある温かい音。── midori

metal_amp_e3.jpg

midori ── 高級感のあるブティック・アンプ的な音だと思いました。ブラック・サバスとかレッド・ツェッペリンとか70年代のハードロックには持ってこいの、ふくよかさがある温かい音というか。

miyako ── うん、真空管がたくさん入っているような音でね。ほかにもジャズとか、歌を大切にしたロックをプレイする人にも刺さるアンプだと思います。EQも急激に変わるんじゃなくて、マイルドに変わっていく感じ。狙った中での“さらにここ”というポイントを見つけられるとイイんですよ。

midori ── どこに設定しても、“このアンプの音”というのが明確に存在している感じかな。カバリングの質感もイイですよね。

miyako ── リスニング用としてもバッチリ使えて、しかもお部屋に置いていたら“映え”そう(笑)。

【Specifications】
ワット数:6W サイズ:205mm[W] 105mm[D] 295mm[H] 重量:2.6kg
●入出力端子:インプット、AUXイン ●コントロール:ボリューム、ゲイン、トレブル、ベース、マスター、EQトグル・スイッチ、Bluetooth ●電源:ACアダプター ●価格:オープン・プライス(市場実勢価格:15,500円前後) ●問い合わせ:LEP INTERNATIONAL 0198-23-6600 https://www.lep-international.jp

ORANGE / CRUSH 12

OGANGE / CRUSH 12

デジマートでこの商品を探す

ビンテージ・ライクな出音が弾き手の個性を生かす

 ORANGEは近年、小型アンプにも力を入れており、このモデルは12W出力だが、自宅では充分過ぎるほどの音量が得られる。ビンテージのチューブ・アンプを彷彿させる音質で、モダンなメタルよりも、ぜひ弾き手のニュアンスを生かす骨太なハードロックをプレイしたい。クリーンは癖がなくエフェクターの乗りも良好で、ハイ・ゲイン・ペダルとの相性もいい。ブラックのカバリングもラインナップ。

端子&コントロール部

これでアイアン・メイデンが弾きたい!──miyako

metal_amp_f3.jpg

miyako ── 昔、イギリスのロック・バンドがこういう音で鳴らしていたんだろうなっていう、まさにブリティッシュ・サウンドという感じ。わたし的にはこれで初期のアイアン・メイデンが弾きたい! ギター側のボリュームを絞れば、オシャレなクランチ・サウンドも出るし、このサイズでもしっかりとオレンジの音がするんですよ。

midori ── 歪みのザラツキ感に特徴がありますよね。ゲインで基本の歪みを作って、そこにオーバードライブで足してあげるという音作りがコツかも。両方をうまく使っていいところを探したいですね。出力的にも余裕があるので、エフェクターをひとつ足してガッツリ歪ませるという使い方もアリだと思います。

miyako ── あとは、なんといっても見た目がカワイイ!

【Specifications】
ワット数:12W サイズ:305mm[W] 175mm[D] 290mm[H] 重量:4.7kg
●入出力端子:インプット、ヘッドフォン
●コントロール:ボリューム、トレブル、ミドル、ベース、オーバードライブ、ゲイン
●電源:ACアダプター ●価格:16,000円 ●問い合わせ:黒澤楽器店 03-5911-0611 https://www.kurosawagakki.com/

POSITIVE GRID / SPARK

POSITIVE GRID / SPARK

デジマートでこの商品を探す

専用アプリと連携で味わう1万の音色+最新機能

 数々の受賞歴を持つBIASトーン・エンジンにより、良質なサウンドが得られるSPARK。本体には<メタル>を筆頭に7種類のアンプ・タイプ、ディレイやリバーブを内蔵するが、ここはやはり専用のアプリから得られる著名なギタリスト等が制作した1万を超える音色を活用したい。本体にプリセットが記憶できるほか、アプリには“ジャム機能”、“コード解析機能”など最新機能も充実。

端子&コントロール部

これで歪ませて弾くと、ギター・ヒーローになれちゃう。── midori

metal_amp_g3.jpg

miyako ── 音色はやっぱりクリーンから歪みまで、物足りないって感じはまったくないですね。

midori ── [グラッシィ]や[クランチ]でもけっこうしっかり歪むので、歪み方の違いを楽しむこともできるかな。ほど良いコンプ感もあって、リードを弾いていてもツヤのあるミッド、それからコシがあるというか。あとリバーブの広がり方がすごいですね、ビックリしました。これで歪ませて弾くと、ギター・ヒーローになれちゃう(笑)。

miyako ── 確かに。弾いているお部屋が本当にホールになっちゃうような感じなんですよ。弾いていて気持ちのいい音を出してくれるから、うまくなった気がしちゃいます(笑)。音量もしっかり出るから、例えばバーくらいのスペースで演奏するのにも使えるんじゃないですか。

【Specifications】
ワット数:40W サイズ:350mm[W] 190mm[D] 180mm[H] 重量:5.2kg
●入出力端子:インプット、ヘッドフォン、AUXイン、USB ●コントロール:アンプ・タイプ、ゲイン、ベース、ミドル、トレブル、マスター、モジュレーション、ディレイ、リバーブ、アウトプット・ボリューム、ミュージック・ボリューム、プリセット・ボタン×4、タップ/チューナー・ボタン ●電源:ACアダプター ●価格:34,000円 ●問い合わせ:Media Integration 03-3477-1493 https://www.minet.jp/brand/positivegrid/top/

VOX / ADIO AIR GT

VOX / ADIO AIR GT

デジマートでこの商品を探す

ポップな見た目に包まれた充実の音色バリエーション

 レトロなフォルムが印象的なこのアンプは、約2.9kgと軽量コンパクトながら、25W×2(※ACアダプター使用時)という出力を誇る。本体にはアンプ・モデル11種類を始め、コーラス、フランジャーなどを4種、ディレイ、リバーブなどを4種搭載し、ジェント系激烈サウンドも余裕でカバー。さらに専用アプリを使えばさらなるサウンドメイクが可能になる。お気に入りの設定を記憶できるのもうれしい。

端子&コントロール部

いろいろできるので、どの音で弾くか迷っちゃう(笑)。── miyako

metal_amp_h3.jpg

midori ── 金色のロゴがゴージャスでかわいいし高級感もあって、その見た目でまず優勝(笑)。サウンドの幅広さはクリーンからヘビーメタルまで、アンプだけでもなんでもできるって感じですよね。スピーカーが2発あるからか、音にも太さと厚みが感じられるんです。

miyako ── アンプのタイプもそれぞれ特徴を捉えていて、スゴく研究したんだなって。細かくいろいろできるので、どの音で弾くか迷っちゃいそう(笑)。だからまずは各アンプのタイプを順番に試して、自分の好きな歪みを見つけるといいと思います。

midori ── 後半に設定されているアンプ・タイプなら、ゲイン半分でも充分にメタルできちゃうみたいな。明確に“こういう音が欲しい”という人は、アプリでの作り込みも楽しめると思います。

【Specifications】
ワット数:50W サイズ:360mm[W] 165mm[D] 163mm[H] 重量:2.9kg
●入出力端子:インプット、AUXイン、ヘッドフォン、USB ●コントロール:アンプ・タイプ、ゲイン、トレブル、ミドル、ベース、ボリューム、FX1、FX2、インストゥルメンツ、オーディオ、バンク・スイッチ、ユーザー・プログラム×4、タップ、ワイド、Bluetooth ●電源:ACアダプター、電池 ●価格:19,800円 ●問い合わせ:コルグ/KIDお客様相談窓口 0570-666-569 https://www.korg.com/jp/

Yamaha/ THR 10Ⅱ WIRELESS

YAMAHA / THR 10Ⅱ WIRELESS

デジマートでこの商品を探す

ハイ・ゲイン・サウンドをワイヤレス環境でプレイせよ

 ポータブル・アンプの最新シリーズで、専用アプリと連動させ、ハイ・ゲイン・サウンドも得られる最大15種類のアンプ・タイプ、さらに8種類のエフェクトも使える20Wステレオ出力モデル。別売りのワイヤレス・トランスミッター[LINE 6 RELAY G10T]を用いれば、イングヴェイばりの派手なアクションでもストレスなくプレイが楽しめる。また、オーディオ・インターフェースとして音楽制作にも活用可能。

端子&コントロール部

デジタル系アンプのなかでも、温かみのある音が特徴。── miyako

metal_amp_i3.jpg

midori ── アンプだけでもクリーンからかなり深い歪みまで作れますし、アプリを使えばさらに歪みの種類が作れちゃう。もちろんディレイとかはアプリでさらにいじれるという。

miyako ──どのアンプ・タイプでもミドルとトレブルの使い方がキモだなと思っていて、この2つのノブで音の質感やヌケがけっこう変わるので、そこを研究してほしいです。ローもよく出ていて、デジタル系の多機能アンプのなかでも温かみのある音が特徴なのかな。

midori ── そこがYamahaの音なんだよね。それがこのサイズでも一貫してあるんですよ。音量も出るので、家でフルテンで鳴らしたら怒られちゃうと思います。

miyako ── 充電式でワイヤレスでもあるから、海でも山でも演ってください!

【Specifications】
ワット数:20W サイズ:368mm[W] 183mm[D] 140mm[H] 重量:3.2kg
●入出力端子:インプット、ヘッドフォン、AUXイン、USB ●コントロール:アンプ、ゲイン、マスター、ベース、ミドル、トレブル、エフェクト、エコー/リバーブ、ギター・アウトプット、オーディオ・アウトプット、タップ/チューナー・スイッチ、ユーザー・メモリー・スイッチ×5、Bluetooth ●電源:ACアダプター、充電式バッテリー ●価格:オープン・プライス(市場実勢価格:48,000円前後) ●問い合わせ:ヤマハミュージックジャパン 0570-056-808
https://jp.yamaha.com

HUGHES & KETTNER / SPIRIT OF METAL

HUGHES & KETTNER / SPIRIT OF METAL

デジマートでこの商品を探す

完全アナログ回路が実現するメタル対応高速レスポンス

 メタル・バンドにも愛用者が多い独ブランドが展開する3種類の小型ヘッドから、クラシカルからモダン・ヘビーまでをカバーするのがこの“スピリット・オブ・メタル”。完全アナログの回路による高速レスポンスは、速弾きギタリストでも高い満足度が得られるはず。スピーカー・エミュレーター搭載のヘッドフォン・アウトで家練習、キャビネットにつなげてバンド練習と使い方はいろいろ。

知っているケトナーの音が凝縮されているイメージ ── midori

metal_amp_j3.jpg

miyako ── さすが“メタル”ということで、歪みは9時くらいでもスラッシュからデス・メタルから、充分いけると思います。トーンの位置によって音の表情が想像以上に変わるので、ここの好きなポジションを見つけるのがコツかも。

midori ── コントロール・ノブが少ない分、どれもしっかり効くようにしているんでしょうね。トーンは“上のほうが、より上まである”というイメージで、少しずつ回して探していくのがいいかも。イヤフォンで聴いていても知っているケトナーの音がここに凝縮されている印象で、その持ち運びできる版という感じですね。

miyako ── キャビネットを足せばさらにロー感も出て、これはライブでも使えちゃいます。世界中のヘッドがこのサイズになればいいのになぁ(笑)。

【Specifications】
ワット数:50W(4Ωの場合) サイズ:190mm[W] 90mm[D] 90mm[H] 重量:720g
●入出力端子:インプット、ヘッドフォン、ライン・アウト、スピーカー・アウト、ライン・イン ●コントロール:マスター、サギング、トーン、ゲイン ●電源:ACアダプター ●価格:29,800円 ●問い合わせ:パール楽器製造 047-484-9111 https://pearl-music.co.jp/hughes-and-kettner/

バリエーション

SPIRIT OF VINTAGE

SPIRIT OF ROCK

デジマートでこの商品を探す

 SPIRIT OF METALには、兄弟機となる2モデルもラインナップ。SPIRIT OF VINTAGEは温かみのあるクリーンを主体に、オールド・ロックなクランチ・トーンも作り出す。SPIRIT OF ROCKはチューブ・アンプらしい骨太な歪みを創出。幅広い音色が作れるので、本機でハードロックをプレイするのもいいだろう。このサイズ感であれば、常に3台持ち運んで使い分けることも可能だ。

PEAVEY / 6505 PIRANHA HEAD

PEAVEY / 6505 PIRANHA HEAD

デジマートでこの商品を探す

プリに真空管を用いた分厚いディストーション

 エディ・ヴァン・ヘイレンの愛機[5150]を生み出したピーヴィー。この6505 PIRANHA HEADはプリに真空管を1本使い、パワー部がソリッド・ステートのマイクロ・ヘッド。使いやすい2チャンネル仕様で、出力は20Wながら重厚感のある分厚いディストーション・サウンドが魅力だ。AUXインとヘッドフォン・アウトも装備しており、家庭用練習にもバッチリと対応。音量環境に余裕があれば、マッチング・サイズのキャビネット(別売)もオススメだ。

端子&コントロール部

センド&リターンがあるのもうれしいポイント。── miyako

metal_amp_k3.jpg

miyako ── “PEAVEYって、あそこのジャリ感がいいんだよな”っていう音を、小型化してもしっかり残しているんです。[クランチ]チャンネルでギターのボリュームを絞ればクリーン的な使い方もできるし、[リード]チャンネルにすればより抜けてくるので、カッコいいリフを弾くにはいいだろうなって。

midori ── ザラッとした歪みがすごく感じられて、ザクザク感が好きな人におすすめしたいですね。重量はスゴく軽くて、片手で持てちゃいます。専用のキャビも小さいんですけど、かなりボリュームは出せますし。

miyako ── 4発のキャビにつなげてライブをやってみたいなぁ。センド&リターンがあるのもわたし的にはうれしいポイントだな。

midori ── なかに真空管が入っているのが見えるのもカッコいい(笑)!

【Specifications】
ワット数:20W サイズ:178mm[W] 132mm[D] 82mm[H] 重量:1.13kg
●入出力端子:インプット、AUXイン、ヘッドフォン、センド/リターン、スピーカー・アウト ●コントロール:ゲイン、EQ、ボリューム、チャンネル・スイッチ ●電源:DCアダプター ※キャリー・バッグ付属 ●価格:19,800円 ●問い合わせ:逸品館MI事業部 045-633-7530 http://ippinkan-music.jp

TOTAL IMPRESSION
〜 11機種の試奏を終えて

 たっぷりとメタル・フレーズを弾きまくってくれたmidoriとmiyako。それでは11機種の卓上&小型ギター・アンプを弾ききった2人に、総評を語ってもらおう。

midori『小さいなかにすごい技術が詰め込まれている』

miyako『ボリュームが小さかろうが、音を直接感じたほうがいい』

◎令和系小型アンプの傾向

miyako ── わたしがギターを始めた頃に比べたら、小型アンプってこんなに進化を遂げているんだってビックリ。しかも、どのアンプもそのメーカーらしい音作りをしているんですよ。使いこなせれば本当に無限大の可能性を秘めていて、令和ってすごいですね。

midori ── ちっちゃいアンプからこんなすごい音が出て……どれも練習用アンプとして気持ちよく弾けました。それぞれ特徴もあって、アプリと一緒に使えるとか、Bluetoothでつながるとかワイヤレスで弾けるとか、すごい技術がこの小さいなかに詰め込まれている。イイ時代だな(笑)。

◎セレクトのポイントは?

midori ── これは自分がどうしたいかによりますね。パッとつないでやりたいのか、めっちゃ作り込みたいのかでも、選ぶ機種は変わってくると思います。逆に自分の好みが決まっていない人は、いろんな音が出るモデルを試して “自分が好きな音”を知るのもいいと思います。

miyako ── 部屋のサイズに合わせてもいいですよね。机の上にポンッと置けるくらい本当に小型なものもあって、もちろん“小さいと音が悪いとか、大きければ音が良い”という時代でもないので。あとは、インテリア的に考えるのもアリだと思います。今日弾いた中で“見た目はいいけど音はダメ”なんてアンプは全然なかったですから。充電式もありがたいですよね。ただ、わたしの性格だと充電し忘れがあるかも(笑)。

midori ── これくらい小型なら、楽屋とかツアー先のホテルで練習するときにも持って行けるのでいいですよね。

◎スピーカーを鳴らすことの重要性

miyako ── もちろんヘッドフォンで聴くのかスピーカーで音を出すのかは環境に合わせてとなりますけど、もし人前で弾くプロを目指している人ならば、やっぱり“アンプを鳴らしてナンボ”というところもあるんじゃないですか。スピーカーから出ている音を勉強するためにも、ボリュームが小さかろうが大きかろうが、音を直接感じたほうがいいなと思いますね。

midori ── わたしも家ではアンプにしろモニター・スピーカーにせよ、実際に鳴らすことが多いですね。奥行き感などから、いろいろ気づくことがあるんですよ。もちろんヘッドフォンで気づけることもあるので、交互に使い分けられるとイイかもしれませんね。

miyako ── わたしも練習がキツいなってときは、イヤフォンでディレイをかけまくって気持ちよくなって弾いてます(笑)。

◎小型アンプでメタルをしよう!

midori ── シンプルにこだわったタイプからめっちゃ作れるタイプまで本当に幅広いので、最初に言ったように、まずは自分がどうしたいかが大切。自分の用途に合うもので、ピンとくるものを。メタル用アンプとしては……どの機種も歪むので、どれを選んでも安心です(笑)。

miyako ── 今はコロナ禍ということもあり、試奏して買うのがなかなか難しかったりするとは思います。考え方にもよりますが、まずはお手頃価格のモデルから手を出して小型アンプの沼にはまるも良し、最初からいろんなことができるタイプを選んでも良し。どちらも使いこなせれば、きっとハッピーなギター・ライフになると思います。迷ったときも、自分の直感を信じてください!

メタルハマー・ジャパン Vol.4』発売中!

mhj_04_top.jpg 本記事は、ハードロック/へビーメタル総合雑誌『METAL HAMMER JAPAN Vol.4』の特集記事を転載したものです。今号は、2020年で結成10周年を迎えたBABYMETALをスペシャル・フィーチャー。さらにヘビーメタルのパイオニア、ブラック・サバスの2ndアルバム『パラノイド』が発売50周年を記念した特集や、メタラー女優、水野真紀さんインタビューなどユニークかつマニアックな特集を多数掲載。日本のメタル・ファンにぜひ読んでいただきたい1冊です!
https://www.metalhammer.jp/

amazon_assocbtn_orange.png

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

小型ギター・アンプ

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

midori & miyako(LOVEBITES)
メロディク・スピード・メタルからスラッシュ・スタイルまで、幅広い音楽性を持つ楽曲を堅実かつ流麗なプレイで支えるLOVEBITESのギター・コンビ。クール&ビューティなステージングとも相まって、欧州を筆頭に世界中のメタル・ファンを魅了している。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS