楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 動画でお届けする“アコギ・ソムリエ有田純弘のニューギア ・チェック”

JOURNEY INSTRUMENTS / FP412B byアコギ・ソムリエ有田純弘

JOURNEY INSTRUMENTS / FP412B

アコースティック・ギター・マガジンの看板企画ニューギア ・サウンドチェックが、動画で楽しめる“アコギ・ソムリエ有田純弘のニューギア ・チェック”が始まります。 2021年3月号 Vol.87からお届け!

このエントリーをはてなブックマークに追加

JOURNEY INSTRUMENTS / FP412B

JOURNEY INSTRUMENTS / FP412B

ナット幅は44.5mm。またロック式となっているので、ネックを着脱してもチューニングが安定する。

 ネックをはずしてTSA準拠のバックパックに収納できる、アメリカ、テキサス州のブランドによるトラベル・ギター。ボディは小型のパーラー・タイプだが、腕が当たる部分のベベルド加工や622mmスケール、オリジナルの内蔵ピックアップなど、ライブ用途もカバーする本格的な仕様のモデルだ。

Arita's impression

生音にしっかりしたコシがあるのは驚きですね。
出先でちゃんとした演奏に使える。

 ネックが取りはずし式とは思えないぐらい生音にしっかりしたコシがあるのは驚きですね。低音はむしろ、同じサイズの普通のギターより芯も深みもあるかもしれません。頑丈なジョイント構造はサステインが豊かで独特なサウンドにも貢献しているようです。スケールは短めですが、ナット幅が個人的に好きな44.5mmなので、弾きやすいギターの感触が味わえます。ピックアップの音も素直ですね。出先でちゃんとした演奏に使えるというのがすごいと思います。

全試奏動画プレイリストを公開中!

 Vol.87ニューギア ・サウンドチェック掲載の15本の演奏動画はすべてYouTubeで公開中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

JOURNEY INSTRUMENTS / FP412B

価格:¥97,000 (税別)

【スペック】
●ボディ・トップ:シトカ・スプルース単板 ●ボディ・サイド&バック:アフリカン・マホガニー(サイド)&アフリカン・マホガニー単板(バック) ●ネック:アフリカン・マホガニー ●指板:オバンコール ●ブリッジ:オバンコール ●ピックアップ:オリジナル3点式ピエゾ
【問い合わせ】
Journey Guitars Japan TEL:0422-66-2745
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

有田純弘(ありた・よしひろ)
1957年生まれ。84年に渡米し、翌年、U.S.ナショナル・バンジョー・チャンピオンシップにて優勝。一時期はボストンを拠点にジャズ、ブルーグラス、民族音楽などさまざまなジャンルで活躍、さらにはベラ・フレック、デヴィット・グリスマンを始めとした数々のビッグ・ネームと共演を果たした。92年にソロ・アルバム『Whale Dance』(Strictly Country Records:SCR-28)を発表。現在はギター、マンドリン、バンジョーなどあらゆる弦楽器を操るマルチ弦楽器プレイセッションに参加。洗足音楽大学ジャズコース講師を務める傍ら、鬼怒無月や竹中俊二とのトリオ“FRETLAND”などで精力的な活動を展開している。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS