プログレッシブ・アンプ搭載でクリーンからウルトラ・ハイゲインまで対応
最新COSM技術を集積した新世代アンプ

ROLAND GA-212

[ギター・アンプ]   価格:オープン・プライスこの商品を探す

▲ROLAND GA-212

 1975年発表の名機JC-120、95年開発のCOSM技術、2000年発表のVGA-7と現在のCUBEシリーズ。革新的な技術とアイディアでギター・アンプの概念を塗り替えてきたローランドだが、このGA-212でまた次なる段階へと進む。
 本機は12インチ・スピーカーを2基搭載した200Wのコンボ・アンプ。これまで同様、核となっているのはCOSMモデリングだが、何々の再現ではなく、培ったデータを元にクリーンからウルトラ・ハイゲインにまで変化するオリジナル・アンプを作り上げている点が新機軸だ。
 コントロールもシンプルにDRIVE、VOLUMEと3バンドEQのみ。各々の設定を自動的に記憶し、4チャンネルで使い分けられるというのもストレスがなく実用的だ。未来型JCといった趣のルックスにも、ネクスト・ステージを感じる1台。

NOMURA's IMPRESSION

“完全にライブ用の今のアンプですよ”

野村:やっぱりこの音の広がり感は独特だね。これはローランドのアンプの専売特許です。これだとステージで弾いていても気持ちいいし、アンプの前に立っていてもOK。直線的に音が飛ぶアンプだと、圧がツラい時もあるからね(笑)。僕も長い間JCを使っていたけど、コレが20年前にあったらな~(笑)。
 今回は工場出荷時の4つのチャンネルを試したけど、どれも良い。ここから好みでコントロールをいじっていけばいいんじゃないかな。クリーンもヘヴィなディストーションも出せるし、そのメリハリも効いていて、どんなに歪ませても音がダマにならない。今みたいな、そのどちらの音色も必要なバンドにはピッタリだと思うよ。アンプも○○系のモデリングとかじゃないのが潔いね。
 あと、ツマミのセッティング位置が光るのも面白かったな。ステージでもよく見えるし、自動的に設定位置を覚えてくれるのもすごい。僕でも使えるデジタル・アンプです(笑)。大体、ギタリストが取り扱い説明書を読むなんておかしい! これは、昔ながらのアンプと同じように使えるっていうのがいいね。懐かしい感じがしないのもいいし、完全にライブ用の、今のアンプですよ。

▲ROLAND GA-212

▲DRIVEとVOLUMEのみで様々なキャラクターを作り出す新技術、プログレッシブ・アンプ。

▲4チャンネル構成で、クリーン、リズム、リードなどすべてに対応。設定は自動記憶される。

[SPECIFICATIONS]
●出力:200W ●コントロール:DRIVE、VOLUME、BASS、MIDDLE、TREBLE、PRESENCE、REVERB、MASTER、VOICE、BOOST ●入出力:イン×2、メイン・イン×2、ライン・アウト、EFXループ×2、チューナー/スルー・アウト、フット・コントロール・イン ●プリセット数:4 ●スピーカー:12インチ×2 ●サイズ/重量:715(W)×337(D)×560(H)mm/32kg ●備考:専用フット・コントローラーGA-FC(別売)●価格:オープン・プライス

WeeklyGibson
BOSSエフェクター&アンプ
楽器買取

デジマガ製品レビュー

製品レビュー一覧

  • VOX / VX50 KB

     小型・軽量でありながら、50Wの大出力で高音質を誇るVOXのVXシリーズ・アンプに、キーボード用モデルVX5...

  • Trace Elliot / ELF

     ELF(童話に出てくる小さな妖精)と名づけられたTrace Elliotのベース・アンプ・ヘッドは、幅17....

  • DV MARK / EVO1

    アナログ・アンプのような簡単操作が魅力の2chデジタル・アンプ  ベーシストにはお馴染みのアンプであるMARK...