マニア垂涎のビンテージ・ディレイをシミュレート!
テープ・エコーやスペース・エコーなど多彩な12モードを搭載

TC ELECTRONIC Flashback X4

[ディレイ/ルーパー]   価格:31,500円この商品を探す

▲TC ELECTRONIC Flashback X4

 デジタル・ディレイの名機TC2290を始め、1976年の創業以来デンマークから世界中の音楽シーンに多大な影響を与えてきた名門TCエレクトロニック。しかし、同社の原点は“高品質のコンパクト・エフェクター”にあると言えよう。
 そんな同社ならではと言えるデジタル・ディレイが、このFlashback X4だ。まずはマニア垂涎のビンテージ・ディレイをシミュレートしたテープ・エコーやスペース・エコー、お家芸である2290など、12タイプにも及ぶ多彩なモードが目を引く。更に、スマートフォンもしくはUSB経由で世界中の著名アーティストが作成したオリジナル・サウンドをダウンロードできるTONEPRINTも4スロット搭載し、この1台が実現するサウンド・バリエーションには限りがない。
 一方で本体操作は、感覚的に扱えるノブ式を採用。直感的で、実用性の高い配慮がなされている。ループは40秒の録音が可能だ。

NOMURA's IMPRESSION

“音がクリアに返ってくるのが素晴らしい”

野村:いろいろなディレイ・タイプを選べて、どれも特徴をしっかりとらえていて使いやすい。確かにデジタルのディレイという感じはあって、TAPEなんか本物はもっとヨレるイメージもあるんだけど、こちらの方が実用的で、よくできていると思いますね。僕が気に入ったのはREVERSE。もう少しエグく逆回転してもいいかなって感じましたけど、さりげなく使ってもすごく面白い。SPACEも広がりがあって気持ちいいですね。
 それからTONEPRINTは今回試せなかったですけど、ネットやスマホでプリセットをダウンロードできる機能。電話と連動するなんてすごい(笑)。あとやっぱり面白いのは演奏をループさせてオーバーダビングできる機能ですね。録音タイミングとか、テンポをキープする点では慣れが必要ですけど、ギター・ソロ・タイムとかに便利で楽しい。
 とにかく、音はモードによってアナログ的になったりもするんだけど、決して音が劣化するわけではなくクリアに返ってくるのが素晴らしいです。普通にディレイとして使うにはもちろん、飛び道具的に使える面白さもあり、守備範囲が広いですね。やっぱり老舗なだけあって、サウンド・機能共に安心の1台かと。

▲TC ELECTRONIC Flashback X4

▲多彩なモードの目玉は、スマホ/USB経由で世界中のカスタム・サウンドが追加できるTONEPRINT機能。

▲ディレイ音の跳ね返り方も、わかりやすいイラストで選択。U2のようなディレイ・リフも簡単だ。

[SPECIFICATIONS]
●ディレイ・タイプ:12+TONEPRINT×4 ●プリセット:3 ●コントロール:TONEPRINT、DELAY TIME、符割りセレクター、FEEDBACK、DELAY LEVEL、DELAY/LOOPER切替、LOOPER LEVEL、キルドライ・スイッチ(内部)●備考:40秒間のループ録音が可能 ●入出力:イン(MONO/STEREO)、アウト(MONO/STEREO)、EXP PEDALイン、USB、MIDI IN、MIDI THRU ●電源:専用ACアダプター ●サイズ/重量:236(W)×144(D)×56(H)mm/2.3kg ●価格:31,500円

WeeklyGibson
BOSSエフェクター&アンプ
楽器買取

デジマガ製品レビュー

製品レビュー一覧

  • VOX / VX50 KB

     小型・軽量でありながら、50Wの大出力で高音質を誇るVOXのVXシリーズ・アンプに、キーボード用モデルVX5...

  • Trace Elliot / ELF

     ELF(童話に出てくる小さな妖精)と名づけられたTrace Elliotのベース・アンプ・ヘッドは、幅17....

  • DV MARK / EVO1

    アナログ・アンプのような簡単操作が魅力の2chデジタル・アンプ  ベーシストにはお馴染みのアンプであるMARK...