楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集

デジマート決済で買う!5万円以下の“使える”中古&ビンテージ・ギター・アンプ

中古&ビンテージ・ギター・アンプ(コンボ&ヘッド)/5万円以下

  • 文:井戸沼 尚也

今回のテーマは、5万円以下の中古&ビンテージ・ギター・アンプの中からお宝を見つけ出すこと。そして、それを手に入れるためのポイントについてご紹介します。ギター編と同様に、アンプ選びにも原則や注意点があります。そしてお宝機材は、中古市場ではいつも争奪戦になります。そこで便利なのが最近話題のデジマート決済。深夜であってもお目当ての楽器の購入手続きができますから、これを利用しない手はありません。今回は、5万円以下のアンプ選びのポイントを、コンボ編、ヘッド編に分けてご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

※“ビンテージ”の定義には諸説があり、確たる定義は存在しないのが実情です。ここでは、5万円以下のアンプであっても年式等から楽器店がビンテージと判断しているものについては、そのままビンテージとして掲載させていただきますので、ご了承ください。

 さあ、それではデジマート流5万円以下の使えるアンプ探し、スタートです! まずは「アンプ」の中の「ギター用アンプ/アンプシミュレーターすべて」を選び、「コンボ・タイプ」か「ヘッド・タイプ」かを選んで、「中古」「ビンテージ」「売却済を除く」「デジマート決済」の各ボックスにチェックを入れ、「価格上限」を5万円に設定したら、「この条件で検索する」をクリック! ここから全てが始まります!
(もっと細かい条件を指定したい人は「詳細条件を指定する」から、仕様を特定していってください)

コンボ・アンプ編

 一口に“5万円以下のギター用コンボ・アンプ”といっても、中古市場に流れてくるアンプの顔ぶれは実に多様です。特にビギナーの方は、何を買っていいのかわからないかもしれませんね。その時に“とにかく安いから”という理由だけで購入をきめてしまうと、後あと後悔することにもなりかねません。
 “アンプをどのような状況で使用するか”を考え、最適なアンプを探していきましょう。例えば“とりあえずギターは買ったものの、家で弾くのにアンプが無いとつまらない”という方には、色々な音が出せる小出力のモデリング・アンプがオススメです! フェンダーライン6ローランド等有名ブランドの多機能アンプが中古で5万円以下で買えますから、狙い目です!

小出力モデリング・アンプ(※画像はタイプの一例です。在庫を保証するものではありません。)

 “ピッキングのタッチを鍛えるために、自宅で弾けるフル・チューブのアンプが欲しい”という方には、プリ部/パワー部ともに真空管を使った小型のアンプがよいでしょう。フル・チューブのアンプは比較的高価格帯に多いのですが、5万円以下だって、探せばあります。ただしタマ数は多くないので、見つけたらすぐに“ポチリ”をおススメします。

小型フル・チューブ・アンプ(※画像はタイプの一例です。在庫を保証するものではありません。)

 “部室での練習や小規模なライブで、みんなで使えるアンプが欲しい”という方は、アンプ選びの際に出力をチェックしてください。この価格帯はどうしても小出力のアンプが中心になりますが、よくよく見れば、ほら、30W以上のものもありますよ!

30W以上のアンプ(※画像はタイプの一例です。在庫を保証するものではありません。)

デジマート決済で買う!「5万円以下の中古&ビンテージ・ギター・アンプ(コンボ)」を検索

ヘッド・アンプ編

 ヘッド・アンプで5万円以下のものは、非常に数が限られています。日頃からこまめにチェックし、気になる機種を見つけたら“即ポチ”をおススメします。この価格帯でヘッド・アンプを買う場合も、使用するシチュエーションを考えれば、自ずと選ぶべきアンプが決まってくると思います。
 “自宅での練習や録音に使えるヘッドが欲しい”という方には、近年流行している小型ヘッド・アンプがおススメです。運がよければオレンジのタイニーテラーや、ヒュース&ケトナーのチューブ・マイスター等の実力派ミニ・ヘッドを、手ごろな価格で手に入れることができます。

小型ヘッド・アンプ(※画像はタイプの一例です。在庫を保証するものではありません。)

 “とにかくバンドで使えるヘッド・アンプが欲しい”という方には、それなりの出力があるヘッド・アンプが必要です。この価格帯ではなかなかモノがありませんが、それでもこまめにチェックしていれば、必ず出会いがありますよ!

中〜高出力ヘッド・アンプ(※画像はタイプの一例です。在庫を保証するものではありません。)

デジマート決済で買う!「5万円以下の中古&ビンテージ・ギター・アンプ(ヘッド)」を検索

アンプを買う場合の注意点

 古いアンプの状態の良し悪しは、ギター以上にわかりにくいところがあります。外装の状態、改造歴の有無、何年前のモデルか、保証の有無など、楽器店が記載している商品説明や、写真の状態を良く見てみましょう。不明点があれば、問い合わせをしてもいいかもしれません。きちんと対応してくれるショップから購入する意味は、個人売買等で起こりがちなリスクを回避できるというメリットもあるのです。

 それから、アンプのサウンドを知るには自分で弾いてみることが一番ですが、それができない場合には動画検索サイトなどでそのアンプのサウンドや特性が自分の希望とマッチするか、よく検討してから購入するようにしてください。

 なぜこのような注意をするかというと、“アンプは、使ってみて気にいらないから売ろうとしても、ギターよりリセール・バリューが低い”からです。簡単にいうと、あまり高く買ってもらえません。
 ですから、くどいようですが、
◎自分はなぜそのアンプを必要としているのか(どんな音や機能が欲しいのか)、そのアンプをどういう状況で使うのか(出力、運搬のしやすさ等)を十分に検討すること
◎その上で、“やはり自分にはこのアンプが必要だ”と決断したら、即行動に移すこと(特に5万円以下のような激戦区の場合)
 これが中古&ビンテージ・アンプ購入のポイントです。

 エレクトリック・ギターは、よいアンプと組み合わせることで、弾く楽しさが2倍にも3倍にも広がります。この機会に、あなたの愛器のパートナーとなる良いアンプとめぐり合えるといいですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

デジマート決済で買う!5万円以下の中古&ビンテージ・ギター・アンプ(コンボ)

デジマートでこの商品を探す

デジマート決済で買う!5万円以下の中古&ビンテージ・ギター・アンプ(ヘッド)

デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS