楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • ベーシストのモニター環境を一変させるパッシブ・モニター・スピーカー

Phil Jones Bass / EAR-BOX

Phil Jones Bass / EAR-BOX

  • 試奏・解説・文:瀬川信二 動画撮影・編集:川村健司 マイク提供・録音協力:ANIMA Products
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベーシストを取り巻くモニター環境

 ベース・プレイヤーにとって、自分のベースの音を思ったようにモニターしたり、聴き手に届けるのは常に課題としてつきまとい続けています。というのも、ある音域より下の低音というのはその他の中高域とは違い、全体に散るように飛んで行き、音がぼやけてしまう傾向があります。なのでベース・アンプの近くにいたとしても、スピーカーの位置や向きによっては、必要以上に音量を出さないと聴き取りにくくなり、アンサンブルに支障をきたしてしまいます。あるいは、ベース音が聴こえないせいで無駄な力が入り、練習時よりも強いタッチで演奏してしまい、音質や音量のコントロールが難しくなるなど、モニタリング環境が悪いとさまざまな問題を引き起こします。イヤフォンを使ったモニター・システムの開発が進んでいるのは、このようなモニタリングの難しさからきていると言えます。しかし現時点ではイヤフォンを使ったモニター・システムを、個人レベルであらゆる場所で使うことは難しい状況です。

ヘッドフォン並のモニター・クオリティを実現する「EAR-BOX」

 そんな問題を解消するために生まれたとも言えるのが、この「Phil Jones Bass/EAR-BOX」。持ち運びやすい大きさにも関わらず、想像以上の音量で楽器や声などの音をモニターしやすくしてくれる、新しいタイプのモニター・スピーカーです。ベース・プレイヤーの場合は、アンプまたはスピーカーのスピコン・アウト(パラ・アウト)からEAR-BOXに繋いで、マイク・スタンドに装着して聴きやすい位置を探すだけです。パッシブのため電源も必要ないうえ、スピコン端子を搭載しているものであれば、どれだけ大きな出力を持ったアンプにも接続することができます。EAR-BOXとの距離が定まれば、ベース・アンプからの出力と相まって、今までヘッドフォンでしか感じたことがないようなクリアなベース・サウンドをモニターすることができます。小さな違いだと思う人もいるかもしれませんが、実際演奏をするとなると、この環境がいかに有利かを知ることになるでしょう。

Phil Jones Bass / EAR-BOX

 ベースは環境によって、どんなに頑張ってもクリアなサウンドを作れない時があり、低音を削る必要が出る場合も少なくないです。しかし、EAR-BOXによってクリアなモニター環境を作れていれば、そもそもベース・アンプの音量をそれほど上げなくていいので、リッチな低音を保つことができたりします。実際に現場で使ってみた感触として、クラシック用のコンサート・ホールや、教会などでの演奏における効果はテキメンで、気分良く演奏することを可能にしてくれました。

ベーシストだけでなくボーカリストにもお薦め!

 モニター環境の良し悪しが演奏のクオリティに与える影響は知っている人も多いと思いますが、EAR-BOXほど個人レベルでモニター環境を好転させられるものは他に見当たりません。ベースはもちろん、その他の楽器、そしてボーカリストにもぜひ試してほしいと思います。個人的に一番のオススメは弾き語りをするシンガー/ソングライターの方々! 楽器を変えたり、マイクを変えたりする前に、ぜひEAR-BOXを試してみましょう。そしてベース・プレイヤーの皆さまも、アンプを買い替える前にEAR-BOXの導入が賢い選択かもしれないですよ!

底面にはスタンド設置穴とスピコン端子のみ装備している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Phil Jones Bass / EAR-BOX

価格:オープン

【スペック】
●周波数特性:250Hz〜20KHz ●インピーダンス:340Ω@20Hz、24Ω@1000Hz ●入力端子:ノイトリック・スピコン端子 ●寸法:17(H)x9.5(W)x14.5(D)cm ●重量:1Kg
【問い合わせ】
JESインターナショナル TEL:0561-72-9801 http://pjbjapan.com/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

瀬川信二(せがわ・しんじ)
1975年6月13日生まれ、北海道札幌市出身。1993年から地元で本格的に音楽活動を始め、2000年にイギリス在住のベース・プレイヤー、クマ原田氏が名誉顧問をつとめる芸術会館・音楽科・ベース科の講師に就任。2001年に上京し、同年にMIジャパン東京校のB.I.T講師に抜擢される。以降、伊勢正三や竹内まりやなど、一流アーティストのサポートを務めつつ、2010年にセンチメンタル・シティ・ロマンスに加入。そのほかにも自身のバンドThe CASHを組み、ソウル・レジェンド=ジェリー・ジェモット(b)の来日クリニックを主催するなど、多岐にわたる活動を繰り広げている。ベースのほかにも、多弦楽器であるスティックやコヤブボードを巧みに操り、近年では自身が開発したグランドボードを携えたライブ活動も行なっている。

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS