楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品ニュース

【Roland/SH-01A】4音ポリフォニックへ拡張し、忠実に再現されたSH-101サウンド

Roland / SH-01A

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、ローランドが808DayにTR-08と合わせて発表した新製品がもう一つあります。それがSH-101サウンドを再現したRoland SH-01Aです。

 SH-101は、1982年に発売されたモノフォニック・シンセで1VCO、1VCF、1VCA、1LFO というシン
プルな構成でありながら特徴的な音色で高く評価され、現在もなおコレクターズ・アイテムとして入手困難になっています。

 SH-01Aは、同社独自のACBテクノロジーにより、ピッチの微妙な揺らぎやLPF、ENVの特徴的な振る舞いなど、SH-101のアナログ回路設計に起因するパラメーターの相互作用まで完全再現。さらに同時発音数が4音に拡張し、オリジナル相当のMONOモードに加え、4つの音をレイヤーしたり、和音で演奏できるようになりました。

 また、SH-101の特徴でもあったステップ・シーケンサーも搭載し、さらに64のシーケンス・パターンを保存可能。パターンを呼び出し、CV/GATE、MIDI、USB MIDI を介して、モジュラー・シンセや、ハードウェア・シンセやソフト音源などをコントロールすることができます。

▲ リア部

 オリジナル同様の堅牢設計のメタル・ボディ、ノブやスライダーを採用するだけでなく、当時のカラーバリエーションまで忠実に再現しており、希少性の高いレッド、ブルーもラインナップしています。

▲ カラー・バリエーションは3色。左からSH-01A-RD、SH-01A、SH-01A-BU(別売キーボード・ユニットK-25mを取り付けた状態)

▲ テクノ・ジャズ・バンドCOBBLESTONE JAZZのMathew JonsonによるTR-08とSH-01Aのデモ演奏。2機種の魅力があふれている非常にクールなプレイだ

 価格はオープンで市場予想価格は50,000円前後(税込)。SH-01Aは9月下旬、カラーバリエーションのレッド、ブルーは10月下旬発売を予定しています。

▲別売キーボード・ユニットK-25mを取り付けた状態のSH-01AとTR-08。どちらも台数限定販売のため早めに手に入れておきたいところだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Roland / SH-01A

価格:オープン

【発売日】
2017年9月下旬
【スペック】
●外形寸法:300(幅)×128(奥行)×46(高さ)mm ●質量(電池含む):965g ●付属品:取扱説明書、アルカリ電池(単3形)×4 ●別売品:キーボード・ユニット:K-25m、Boutiqueドック:DK-01
【問い合わせ】
ローランド株式会社 お客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.roland.com/jp/products/sh-01a/

Roland / SH-01A-RD(レッド)、SH-01A-BU(ブルー)

価格:オープン

【発売日】
2017年10月下旬
【スペック】
●外形寸法:300(幅)×128(奥行)×46(高さ)mm ●質量(電池含む):965g ●付属品:取扱説明書、アルカリ電池(単3形)×4 ●別売品:キーボード・ユニット:K-25m、Boutiqueドック:DK-01
【問い合わせ】
ローランド株式会社 お客様相談センター TEL:050-3101-2555 https://www.roland.com/jp/products/sh-01a/

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS