楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • 元フェンダーカスタムショップのシニアビルダーが立ち上げたブランドのハンドメイド・ペダル

MARK KENDRICK DESIGN / Advancing Drive

Mark Kendrick Design / Advancing Drive

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的ギター・ビルダーが作り出すハンドメイド・ブースター

 ギター・ビルダーであるマーク・ケンドリック(以下MK氏)が独立してブランドを立ち上げたことをご存知だろうか。MK氏はフェンダーカスタムショップのシニアビルダーとして多くのアーティストから信頼を得たカリスマだ。エリック・クラプトン、ジェフ・ベックといった大御所のギター製作を担当したことはもちろんだが、クラシックなフェンダー・フォーマットを崩さずに定番モデルの魅力とプレイアビリティを引き出したその楽器作りは、“リアル・ギター・プレイヤー”にファンが多いのも頷ける。

 今回ご紹介するMARK KENDRICK DESIGNのAdvancing Driveは、ブランド初のオリジナル・ペダルだ。ギターと同じようにMK氏によって1台1台ハンドメイド製作されているこのペダルは、かなりマニアックなサウンドを秘めている。……簡単に言ってしまえば、本機はブースターなのだが、このサウンドに似ているペダルはパッと思い浮かべることができない。そして最初に音を出した時は“?”というサウンドの印象だった。昨今のいわゆる“ブースター”のサウンド・イメージで向き合うと、その本質を見抜けない。

MARK KENDRICK DESIGN / Advancing Drive(※カラーは1台1台異なります)

 このAdvancing Driveは、“オールド・フェンダー・アンプをブースト・アップさせた時のミッドの持ち上がり方やサウンドを小音量のアンプでも再現する”ことを目的としている。つまり、あまりアンプの音量を稼げない自宅での演奏や、小規模の会場でも“ビッグなアンプ・サウンド”を鳴らしているような、“レスポンス感とアンプのプッシュ感”を再現するためにある……それこそがこのペダルが“マニアック”だと思うポイントだ。

アンプやドライブ・ペダル本来の力を発揮させる使い方

 一見地味なペダルだが、使いこなせば手放せない“楽器本来の音”を引き出す力を持っている。ギターとアンプ、楽器同士の相乗効果で得られるはずのトーンが得られない……そのおもな原因は音量の問題にある。

 真空管アンプを愛用するプレイヤーであればご理解いただけると思うが、ピッキングに対する“アンプの反応/増幅感”を満足に得るためには、ある程度の音量が必要である。大音量を出力できるチューブ・アンプを小音量で鳴らしたところで、アンプは“ドライブ”しないし、倍音も期待できない。しかし、現在のライブ/レコーディングのシチュエーションでは、大音量は“トゥー・マッチ”とされる場合も多く、名機と呼ばれる大型アンプを小音量で鳴らしても、ハッキリ言って何のメリットも得られないだろう。これはオーバードライブ・サウンドに定評のあるスタック・タイプのアンプだけでなく、クリーン系を得意とするアンプでも同様だ。このAdvancing Driveは小音量でプレイせざるを得ない場面において、本来の力を発揮できずに“くすぶっている”アンプに喝を入れてくれる、そんな印象を感じた。

 もちろんアンプだけでなく、オーバードライブ・ペダルをプッシュしても効果は同じ。レンジは広いが、小音量だと歪みに“腰”が足りないドライブ・ペダルにこのAdvancing Driveを組み合わせれば、なんともリッチなミッド・レンジと、ピッキング時に感じるコンプ感を加えてくれる。その辺りの細かなニュアンスは動画で確認してほしいが、気に入ったギター、アンプがそろっているはずなのに“なぜかイメージどおりの音が得られない”と感じているギタリストには、ぜひお試しいただきたい。

裏にはハンドメイドの証、マーク・ケンドリック氏の直筆サインが!

ボディと同じカラーリングが箱にもペイントされている

ペダル・ボードの中で存在感を放つカラーリングもあるので、好みに応じて選ぶことができる

 また、MK氏のアーティスティックな一面を感じさせる豊富なカラー・バリエーションも魅力で、1台1台異なるペインティングが行なわれている。パッケージの箱にも同様のペインティングが行なわれているのがニクい演出だ。自らの作品にこだわりを持つビルダーならではの計らいが、このペダルを手に取るみなさんに伝わるだろう。すでに複数台購入しているコアなファンがいるということだが、ペダルを手に取った時に感じる質感を知ると、その気持ちも理解できる。世界に名を馳せたギター・ビルダーが作ったペダルは、トーンからも外見からも、さすがの説得力を覚えた。

ペダルのカラーリングは手作業で行なわれるため、すべて表情が異なるのもポイントだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

MARK KENDRICK DESIGN / Advancing Drive

価格:¥29,000 (税別)

【スペック】
●Switching:True-Bypass ●Size:約60(W)×112(D)×31(H)mm(※突起物含まず) ●Weight:約220g ●消費電流:約6mA ●9V DC Port:センター・マイナス/2.1mm
【問い合わせ】
株式会社 池部楽器店 http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/mark-kendrick-design
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

村田善行(むらた・よしゆき)
ある時は楽器店に勤務し、またある時は楽器メーカーに勤務している。その傍らデジマートや専門誌にてライター業や製品デモンストレーションを行なう職業不明のファズマニア。国産〜海外製、ビンテージ〜ニュー・モデルを問わず、ギター、エフェクト、アンプに関する圧倒的な知識と経験に基づいた楽器・機材レビューの的確さは当代随一との評価が高い。覆面ネームにて機材の試奏レポ/製品レビュー多数。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS