楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • MOSHIMOのライブ&リハをiOS用マイクMV88とiPhoneだけで撮ってみた!

MOSHIMO meets Shure MOTIV MV88 & ShurePlus MOTIV Video App

Shure / MOTIV MV88

iOS端末に接続して使用するShureの小型高性能マイクMOTIV MV88はソロ演奏やライブ、屋外でのフィールド・レコーディングなどさまざまなシーンで、手軽に高音質で録音できるのがポイントだ。その手軽さゆえに、バンド練習の録音や、思いついたメロディの記録など、すぐに録音したい時にとても重宝する。そしてShureがリリースするiOS用アプリMOTIV Videoを組み合わせれば、MV88マイクの高音質サウンドで手軽に映像を録画できるのだ。今回はMV88とMOTIV Videoを使って、福岡発・新進気鋭の4ピース・ギター・ロック・バンド、MOSHIMOのワンマン・ツアーのリハーサルやライブ本番を収録してきたので、ぜひお楽しみあれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOSHIMO meets Shure MOTIV MV88 & ShurePlus MOTIV Video App

※映像・サウンドはすべてiPhoneとShure MV88マイクのみで収録しています。

iOS端末用コンパクト&高音質コンデンサー・マイク MOTIV MV88

Shure MOTIV series MV88 デジタル・ステレオ・コンデンサー・マイクロフォン

amazonで買う

 ShureがリリースするMOTIV MV88は、iPhoneなどiOS端末のLightningコネクタに接続して使用するコンデンサー・マイクロフォン。重量わずか40.5gという軽量/小型な設計ながら、ミッド・サイド方式の採用によるクリアかつ整ったステレオ感と、トップ・メーカーらしい高音質な集音を実現した人気製品だ。90度幅でマイク部分を回転させることができるほか、連動アプリとしてリリースされている“ShurePlus MOTIV”あるいは“ShurePlus MOTIV Video”と併用することで、本格的な録音・録画の収録設定が手軽に行なえ、さまざまなシチュエーションに対応する高い汎用性を持ち合わせている。楽器の練習やデモ制作、ライブ収録など音楽系の現場での使用はもちろん、そのクリアで分離の良い特性や簡単な操作性から、会議や取材などの記録や動画配信などでも幅広く活用できる優れものだ。
Shure MOTIVシリーズ・製品情報

MV88とベスト・マッチなビデオ録画アプリ ShurePlus MOTIV Video

Shure ShurePlus MOTIV Videoアプリ|ダウンロード

 そしてShurePlus MOTIV VideoはMV88を始めとするShure MOTIV製品と連動したiOSアプリケーション。同じくShureがリリースしている“ShurePlus MOTIV”は録音に特化したアプリだが、こちらはその便利な録音機能はそのままに動画撮影を可能にしたアプリだ。近年はスマホのカメラ機能もすさまじい進化を遂げており、誰でも高画質な動画撮影が可能になっているが、 MOTIV製品とMOTIV Videoはここに“高音質”も付加してくれるというわけだ。

 アプリ操作は非常に簡単で、MV88などのMOTIV製品を接続してアプリを立ち上げればすぐ録画を開始できる。マイク・セットアップからプリセットを選べば録音環境に合った収録設定にでき、ゲインやマイクの指向性、コンプレッサーなど、より追い込んだ設定も直感的な操作で行なえるようになっている。オーディオ・フォーマットはWAV、AAC(96、128、256)、ALACの3種が用意され、サンプル・レートは44.1kHzと48kHzの2種から選択可能だ。録画設定も素早く行なえるよう作られており、スタンバイ画面からワンタッチでフォーカス設定、露光、画面解像度(720p、1080p、4K)※やフレーム・レート(24p、30p、60p)※が変更できる(※デバイスにより使用できる設定は異なる)。グリッド表示や水平計が搭載されているのも嬉しいポイントだ。

ShurePlus MOTIV Videoのスタンバイ画面。赤枠内のメニューをタップしてオーディオ・フォーマットや画面解像度などがワンタッチで切り替えできる

ShurePlus MOTIV Videoのマイク・セットアップ画面。プリセットの選択や、ゲイン、リミッター、コンプ、EQなどの調整が可能

マイクの指向特性はステレオ、モノ・カーディオイド、モノ双指向性、ミッドサイドから選択可能。ステレオ幅は60度から135度まで可変できる

 そして収録したファイルはそのままiPhoneの写真アプリに保存されるため、バックアップは普段と同じ流れで行なえ、iOSの動画編集アプリにもそのまま取り込める。SNSなどへのアップロードにも特別な手順が必要なく、かなり扱いやすい印象だ。

MOSHIMOならShure MV88をどう使う?
Interview with MOSHIMO

 今回、iPhone+MV88マイクによる撮影に協力してもらったMOSHIMOは、岩淵紗貴(Vo&Gt)、一瀬貴之(Gt)、宮原颯(Ba)、本多響平(Dr)の4人からなる福岡発のギター・ロック・バンドだ。ポップながら骨太なロック・サウンド、“女心の光と闇”を独特の語感でキュート&パワフルに歌う楽曲は、若者を中心に人気を集めている。そんなMOSHIMOのワンマン・ツアーにMV88を持ち出してもらい、リハーサルやライブ本番の様子を撮影してもらった。撮影に使用したiPhoneは6s〜8を数台、MOTIV Videoのマイク・セットアップでは、おもにバンドなど音の大きい録音向けのプリセット「バンド」を選択、画面解像度は1080p〜4Kで撮影している。続いてのインタビューでは、MOSHIMOが感じたMV88のサウンドやアプリの使用感、そして今後彼らの活動でどのように使ってみたいかを聞いてみた。

MOSHIMO(左から:Ba.宮原颯、Vo&Gt.岩淵紗貴、Gt.一瀬貴之、Dr.本多響平)のワンマン・ツアー東京公演の楽屋にて

一瀬 MOTIV Videoアプリは簡単に操作できるところがすごく良かったですね。使い方を読まなくてもゲイン調整や画質設定が簡単にできますし、用途に応じた録音プリセットが用意されているのも素晴らしいです。簡単に適切な設定にできるので、マイクのことは全然わからないって人でも安心して使えると思います。

岩淵 バンド・サウンドだと基本的に音圧が高いので、スマホで普通に録ると音が割れちゃいますし、女性ボーカルとかシンバルの音が耳に痛い感じになることが多いんです。このアプリとMV88ならゲイン調整ができるので、それが解消されるっていうのがまず良かったですね。あと、バンドだとサウンドが真ん中に寄って、シンバルだけやたら抜けてきて、ギターのバッキングは何をやっているか全然わからないってことが多いですけど、このマイクは分離がすごく良いので、どの楽器が何をやっているかってことがちゃんと聴きとれるんです。

宮原 そうそう。ベースは特にバンド・サウンドの中に埋もれがちで、スマホ録音だともう絶対にわからなくなるんですけど、MV88で録ったものは本当にしっかり分離されていて普通に聴きとれました。

本多 ドラムは普通に録ると極端にコンプがかかったような、ペタッとしたサウンドになりがちですけど、これは奥行き感がしっかり出ていますね。聴いていて疲れるところがまったくないし、練習の時に使うのも良さそうだなと思いました。

一瀬 うんうん、ドラムは絶対良いよね。ドラムってiPhoneで録ると“シャー”って音ばっかりになっちゃって、キックとかスネアが抜けてこない。MV88だったら低音もしっかり拾ってくれるから良いと思う。

岩淵 このサイズ感もすごく良いよね。個人練習だとあんまり荷物を増やしたくないけど、これならポケットにも入るし。

一瀬 あとパワーもね。いちいちファンタム電源用意してって話になると、面倒臭くてやらないってことになりそうだけど(笑)、これはiPhoneから給電されるのですごく手軽。

岩渕 そういう意味ではちょっとしたデモとか、曲のアイディアを録っておくのにも良さそう。パッと取り出して使えるし、音質が良いから後で聴き返した時もアイディアが膨らみそうです。

MOSHIMO ライブ情報

MOSHIMO「BARI BARI ROCK」
〜大忘年会 嫌なこと全部ぶっ飛ばす!! 編〜

■日時:2018年12月26日(水)開場18:00 / 開演19:00
■会場:恵比寿LIQUIDROOM(東京都渋谷区東3-16-6
■前売:¥3,500 ※2枚以上のご購入で1枚あたり¥500割引
チケット詳細はオフィシャルHPまで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Shure / MOTIV MV88

【スペック】
●DSPモード(プリセット):スピーチ/歌声/フラット/アコースティック/バンド ●トランスデューサータイプ:カーディオイド(10mm)/双指向性コンデンサー・カートリッジ(10mm)●指向特性:ステレオ(幅調節可能)/モノ・カーディオイド/モノ双指向性/ミッド・サイド ●ステレオ方式:ミッド・サイド ●ビット深度:16bit/24bit ●サンプリングレート:44.1/48kHz ●周波数特性:20Hz~20,000Hz ●調整可能なゲイン幅:0~+36dB ●感度:-37dBFS/Pa @ 1kHz ●最大SPL:120dB SPL ●詳細設定:リミッター/コンプレッサー/5バンド・イコライザー ●使用電源:Lightningコネクタ経由で電源供給 ●外装:総金属製 ●質量:40.5g ●外形寸法:67(H)×25(W)×35(D)mm
【問い合わせ】
完実電気 https://kanjitsu.com/product/mv88/
【アプリ・ダウンロード】
ShurePlus MOTIV Video
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

圧倒的少女漫画ストーリー / LACD-0290【amazonで購入

MOSHIMO
2015年4月に福岡で結成された、岩淵紗貴(Vo&Gt)、一瀬貴之(Gt)、宮原颯(Ba)、本多響平(Dr)の4人からなるギター・ロック・バンド。2016年6月にデビュー・シングル「猫かぶる」をリリース。ポップながら骨太なロック・サウンド、“女心の光と闇”を独特の語感でキュート&パワフルに歌う楽曲は若者を中心に人気を集め、同年9月にリリースした1stミニ・アルバムのタイトル曲「命短し恋せよ乙女」のミュージック・ビデオはSNSを中心に拡散し、YouTubeで200万再生を突破する。2017年5月には2ndミニ・アルバム「触らぬキミに祟りなし」をリリースし、全公演SOLD OUTとなる初のワンマン・ツアーを開催。2018年4月からはTSUTAYA O-EASTを含む6大都市ワンマン・ツアーを開催し、今後もROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018他、ロック・フェスへの出演が多数決定している。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS