楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 製品レビュー
  • AC100をミニチュア化したグッド・デザインのVOXアンプ

VOX / MINI SUPERBEETLE

VOX / MINI SUPERBEETLE

このエントリーをはてなブックマークに追加

VOXファンにはたまらない
名機AC100をミニチュア化!

 ビートルズがUSAツアーを行なった1964年当時、大きな会場で演奏するには高出力のアンプが必要ということで、それまで使用していたVOXのAC30に変わるアンプとして、100Wのアンプ(AC100)を用意しました。そのミニチュア版が、今回ご紹介するVOX MINI SUPERBEETLEです。インテリアとしても抜群のカッコ良さがあり、見た目とサウンドの両方を楽しむことができる、マニアにはたまらないモデルでしょう。当時のサウンドの再現や、セッティングの仕方などを細かくチェックしていきたいと思います。

VOX / MINI SUPERBEETLE(Front)

VOX / MINI SUPERBEETLE(Back)

 MINI SUPERBEETLEのヘッド部分にはNutubeを搭載しており、最大出力50Wでアナログ・サウンドが存分に楽しめます。キャビネット部分はセレッション製の10インチ・スピーカーを1発搭載。オープン・バック仕様で、かなりの大音量を鳴らすことが可能です。キャビネットにはクローム製のスタンドが一体になっていて、ヘッドをしっかりと積めるように設計されています。ヘッド裏にはヘッドフォン/ライン端子が装備されているので、宅録などの録音にも使えるようになっています。

ヘッドのバック・パネルにはスピーカー・アウト×2、ヘッドフォン/ライン・アウトといった端子を始め、MV50シリーズにも採用されているフラット/ディープを変えるEQスイッチやECOスイッチも装備

60年代から現代のサウンドまでカバーできる
幅広いゲイン&レンジ感

 ゲインはクリーン・サウンドから歪みまでレンジ感が広く、AC30よりもAC30TBに近いところまで歪みが得られる印象でした。ベースとトレブルのEQはかなり効きが良く、どの帯域でも細かく設定が可能です。60年代のサウンドを出したいのであれば低音を削り、現代のサウンドに近づけるには低音を多めに設定すると、サウンド・メイキングがやりやすくなると思います。そして、このアンプは小型ながらかなりの音量感、押し出し感があり、自宅使用では十分すぎるほどのサウンドが得られるでしょう。

ヘッド上部にコントロール類を搭載

 数あるギター・アンプの中でも特にデザイン製に優れており、60年代の象徴のようになっているVOXアンプ。見た目がとにかくカッコ良く、自宅に置きたいと思っていたVOXフリークの方も多いと思います。ただ、ビンテージのAC100だとサイズが大きすぎるし、なかなか手に入らないという問題がありましたが、今回はそれをミニチュア化して、サウンドは60年代から現代までをしっかりカバーできるという、ふたつの意味でおいしいアンプが登場しました。また、VOXアンプには必要不可欠なトレモロ&リバーブもちゃんと搭載されていて、良いところは残しつつもヘッドフォン端子を搭載するなど、現代のニーズに対応する自宅アンプの理想形のように思いました。ぜひ一度実物を見て、このルックスの良さを体験していただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

VOX / MINI SUPERBEETLE

価格:¥46,000 (税別)

【スペック】
《アンプ・ヘッド部》●コントロール:GAIN、TREBLE、BASS、REVERB、TREMOLO、VOLUME、EQ(FLAT/DEEP)、ECO(ON/OFF)、インピーダンス切替(4/8/16)●入出力端子:INPUT端子×1、SPEAKER OUTPUT端子×2(6.3mmモノラル・フォーン・ジャック、不平衡)、PHONES/LINE端子×1(6.3mmステレオ・フォーン・ジャック)●真空管:Nutube 6P1●パワー・アンプ出力:最大50W RMS@4Ω、25W RMS@8Ω、12.5W RMS@16Ω 《スピーカー・キャビネット部》●スピーカー:1×10インチ Celestionカスタム・デザインG10R●最大入力:50W RMS@8Ω●電源:ACアダプター(DC 19V)●消費電流:3.43A●外形寸法:323(W)×180(D)×596(H)mm●質量:8.7kg●付属品:ACアダプター、電源コード、スピーカー・ケーブル、クッション4枚
【問い合わせ】
コルグお客様相談窓口 TEL:0570-666-569 http://www.voxamps.com
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

野村大輔(のむら・だいすけ)
1975年、東京都出身。エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。15歳からビートルズに憧れアコースティック・ギターを弾き始め、その後ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどに影響を受けエレキ・ギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディング・サポート、ライブ・サポート、作曲、編曲、プロダクト・スペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS