楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • イケベの専門店が1つのビルに集結してリニューアル!

渋谷Ikebe楽器村"PRO SHOP TOWER" 〜ギター&ドラム編〜

イケベ楽器店プロショップタワー

渋谷駅西口エリアと言えば、それぞれの専門分野に特化したイケベ楽器店のプロ・ショップが点在していることで知られる場所。駅周辺の再開発が進み注目度が増す中、そのうち7店舗が1つのビルに集まり、“プロショップタワー”として2020年までの期間限定でオープンした。ここでは、バンド仲間と一緒に立ち寄るのも便利なこの“プロショップタワー”を2回に分けて詳しく紹介! 前編となる今回は、ギター関連の3店と、ドラムステーションにフォーカス!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマー&パーカッショニスト御用達のドラムステーション渋谷のレポート記事はページ中段へ

渋谷イケベ楽器村の新拠点となる
“プロショップタワー”

渋谷駅西口エリアにオープンした"プロショップタワー"

 11月3日にオープンした渋谷イケベ楽器村“プロショップタワー”。JR渋谷駅を西口方面に出て、国道246号線をまたぐ歩道橋を渡るとすぐ見えてくる、大きな“IKEBE”の文字が目印のビルがそれだ。

 1Fはアコースティック・ギターを中心にウクレレやバンジョーなども取り扱うハートマンギターズ、2Fはプロから厚い信頼を得る打楽器奏者にお馴染みのドラムステーション、3Fは世界でも類を見ないアンプ&エフェクター専門のアンプステーション、4Fにはこだわりの品揃えが魅力のギターズステーションと、ギター&ベースのリペアやチューンナップなどを手がける工房=WSR、そして5Fは良質な機材のみを取り扱い、“スーパープロショップ”を謳うベースコレクションと、貴重なビンテージ楽器が並ぶハートマンヴィンテージギターズがそれぞれ入居。ミュージシャン御用達の専門店が集結した、まさに夢の“楽器タワー”と言える。豊富な経験と知識を備えたスタッフが各フロアに揃い、“プロ”の目でセレクトしたバラエティ豊かなアイテムがズラリ。初心者から上級者まで、楽器を演奏するすべてのプレイヤーにとって新たな“聖地”と呼べる場所が誕生した。(✳︎)

ギタリスト垂涎の3つの専門店をチェック!

前店舗のイメージを引き継ぎながら、ゆったりとレイアウトされたスペース。新たにリペア・ショップWSRが同居したことによる連携も期待できる

スタッフこだわりのセレクト・ショップ
ギターズステーション《4F》

ギターズステーションでは"マイスター/店長"の肩書きを持つ鈴木健太郎氏

 “スタッフが厳選した商品を届けるフラッグシップ店舗”をコンセプトに掲げるギターズステーション。隣接するビルで従来から営業しているグランディ&ジャングルが“広く厚く”の品揃えであるのに対し、こちらは海外ブランドのオーダー品や現地選定モデルを筆頭に、カスタム・アンプやこだわりのエフェクターなどを“より深く”そろえたセレクト・ショップだ。

 イケベ楽器店に20年近く勤める店長の鈴木健太郎氏によると、“移転後はご来店されるお客様の数が明らかに増えましたが、お店のコンセプトは変わりません。海外のミュージシャンを含め、プロが何をどんな風に使っているかといった情報や、世の中の動きなどを自分たちで検証し消化した上で、できるだけ他店にはないものをご提案する。そこの軸はブレないようにしたいと思っています”とのこと。とはいえ、単にハードルの高いショップにするという意図はなく、“プロにあこがれてギターを始めようというお客様にも、目標にしていただけるような店作りを考えています。高額な商品だけでなく、例えば500円の商品であっても、そこからより良いものにつながっていけばいい。プロの現場で使われているものを、よりわかりやすく伝えていくためのアイディアは、新しいお客様が増えてきた今、我々がもっと切磋琢磨しながら出していく必要があると思っています”。

選び抜かれたギター、アンプ、エフェクター、弦などのアクセサリー類が並ぶ他、最新のデジタル・システムも試せる店内

店舗の奥はギブソン&フェンダーのカスタムショップ系を中心に展示。新たにソファーが置かれ、リラックスして過ごせるように

マイケル・ランドウ氏が、今秋の来日時に以前と違うピックを使っていたのを鈴木店長が発見し、すぐに店頭に置いたというジム・ダンロップの1.07mmナイロン・ピック。こうした小物も“セレクト”の対象だ

ギターズステーション 11:00〜20:00 年中無休(元旦を除く)
Tel:03-3477-0089 Mail:guitars_station@ikebe.co.jp
Web:https://www.ikebe-gakki.com/gs/

ギタリスト垂涎のチューブ・アンプから最新のデジタル・ツールまで、すべて音を確かめて選べる圧倒的な品揃えが魅力

音作りに関するすべてが揃う
アンプステーション《3F》

取材に対応してくださったアンプステーションのチーフ、波多野聖也氏

 タワー3階には、世界的にもめずらしいアンプ&エフェクター専門のプロ・ショップとして知られるアンプステーションが入った。チーフの波多野聖也氏は、“基本的には前の店舗の規模と雰囲気を崩さず、長くご利用いただいているお客様にも変わりなく来ていただけるような店作りを心がけています”と話す。

 “約12年前、専門性の高いコンセプトで始めたショップですが、徐々にお客様の層も広がり、それに合わせて間口も広げてきました。いたずらに高級志向にすることなく、ギタリスト以外の方も来られるような受け皿は持っておきたいです”。

 近年の傾向としては、デジタル・ツールの台頭に加え、そうした機器をチューブ・アンプと組み合わせたシステムも注目されているとのこと。“それぞれの分野に特化した専任スタッフを置き、お客様に100%説明できるようにしています。お客様が求める音に対して、製品の組み合わせまで含めたアイディアを出せるのは、音作りの専門店としての強みだと思っています”。

ガラスで仕切られたサウンドトライアルルームでは、各社のデジタル・システムをさまざまな出力環境で試奏可能。もうひとつの試奏室も前店舗の2倍に広がった

店頭の全商品が音出し可能。“プラグインから入られたお客様にも、実機のアンプの音をぜひ体感していただきたいです”(波多野氏)

アンプステーション 11:00〜20:00 年中無休(元旦を除く)
Tel:03-5459-6550 Mail:amp_station@ikebe.co.jp
Web:https://www.ikebe-gakki.com/realshop/ampstation/

ウッディな雰囲気で統一された温かみのある店内。全フロアで唯一天井を黒にしたのも前店舗のインテリアを踏襲している

使える“ビンテージ”を提供
ハートマンヴィンテージギターズ《5F》

ハートマンヴィンテージギターズのチーフ、小松崎倫広氏

 5階の奥に鎮座するのはハートマンヴィンテージギターズ。チーフの小松崎倫広氏は“ビンテージに求める価値は人それぞれだと思いますが”と前置きしつつ、次のように話してくれた。

 “当店はフル・オリジナルにこだわるより、プレイヤーさんに選んでいただけるよう、即戦力として弾けるコンディションを心がけています。お店自体は来年で15周年を迎えますが、昔と違って今はネットで買える体制作りにも力を入れながら、幅広い商品を網羅するようにしています”。

定番モデルからビザールまで幅広い品揃え。“ジャンルは特に限定していないので、自然といろんなギターが入ってきます”(小松崎氏)

隅々まで目が離せないエフェクター棚。ちなみに撮影前には某プロ・ギタリストが来店しており、イケベ各店の高い信頼度を目の当たりにしながらの取材となった

ハートマンヴィンテージギターズ 11:00〜20:00 木曜定休(元旦休業)
Tel:03-3476-1959 Mail:heartman-vg@ikebe.co.jp
Web:http://www.heartman-vintage.com/

リニューアルして生まれ変わったドラムステーション渋谷

1フロアにさまざまな打楽器がズラリと並ぶドラムステーション渋谷

ドラマー&パーカッショニストの頼れるお店
ドラムステーション渋谷《2F》

取材に対応してくださったチーフ/主任の山田甚氏。他のスタッフと同じく、自身もドラマーとしての目線で商品選びや接客を行なう

 国内外メーカーのドラム・セットや、シンバル、スティック、ハードウェア、パーツ類、各種アクセサリー、そしてパーカッションまで幅広く揃えるドラム専門プロ・ショップ、ドラムステーション渋谷。同店チーフの山田甚氏は“来店者数はすごく増えた気がします”と話す。

 “前の店舗は、探して辿り着く感じが少しありましたが、今はもっと気軽に立ち寄っていただけるお店になったと思います。その感触を踏まえて、実は店内のレイアウトもオープン当初から少し変えているんです。お客様の要望などを取り入れつつ、我々自身も楽しみながら店作りをしています”。

豊富に揃ったスティックをはじめ、練習パッドやチューニング・キー、グリップ・テープなど小物が並ぶ。奥に見えるドラム・ヘッドも含め、消耗品系は客層の広がりに合わせて充実させていきたいそうだ

壁一面を埋め尽くすシンバル群。最近はスプラッシュやチャイナなどのエフェクト・シンバルや、ジャズ系のダークで薄いシンバルが特に人気だという。スタッフが海外で選定したプロトタイプにも出会える

ドアで仕切られたスネア専用ルーム。国内外主要メーカーのスネアはもちろんのこと、近年注目されているカスタム・ブランドの製品も数多く揃っている。ついつい長時間過ごしてしまいそうな空間だ

スネア・ルームの奥にはもう1つブースがあり、トリガーを使ったハイブリッド・ドラムが体験可能。モニター環境が整っていることで、実際の使用環境をイメージしながらチェックできるのがうれしい

 プロも厚い信頼を寄せる専門店であると同時に、初心者に優しいところも同店の魅力。その点は、よりオープンな雰囲気の新店舗でさらに強まったように感じられる。

 “これからドラムを始めたいというお客様に声をかけていただけるのはとても光栄です。特に1人で来られたお客様の場合、専門店のスタッフに話しかけるのは勇気がいると思うので、そういう空気を出さないように心がけています。その一方でドラムステーションらしさは損なわず、スタッフのこだわりを反映した商品ラインナップにも力を入れていきます。ビル全体の新しくて華やかなイメージのとおり、誰でも来ていただけるお店を目指したいですね”。

電子ドラムやパッド類も、エントリー機からプロ仕様まで幅広く揃う。奥に見えるドラム・セットのチョイスも専門店ならでは

再び盛り上がりを見せているというカホンの他、さまざまな楽器が並ぶパーカッション・コーナー。話題のハンド・パンも置かれていた

こちらはフット・ペダルのコーナー。海外のレアなモデルや中古ペダルまで、幅広いラインナップから選ぶことができる

ドラムステーション限定品も同店の魅力の1つ。手前のスネアは左からタマ14"×4"(ベルブラス)、ソナー14"×6.5"(ベルブロンズ)、ポークパイ14"×6.5"(ウォルナット+カーリー・メイプル)、右奥はセイビアンAAホーリー・チャイナの24"プロトタイプ

ドラムステーション渋谷 11:00〜20:00 年中無休(元旦を除く)
Tel:03-5428-0069 Mail:drumstation_shibuya@ikebe.co.jp
web:https://www.ikebe-gakki.com/realshop/drumstation-shibuya/

渋谷イケベ楽器村"PRO SHOP TOWER"・店舗情報

■住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町16-12 桜丘フロントビル1F〜5F
■営業時間:11:00~20:00 年中無休(元旦を除く)
■WEB:https://www.ikebe-gakki.com/sib-proshop-tower/

ギター・マガジン&ドラム・マガジン発売中!

AGM1812.jpg ギター関連3店舗のレポート記事は、リットーミュージック刊『ギター・マガジン2019年1月号』の記事を抜粋・転載したものです。今号では“音楽で世界を変えようとした男の知られざるギター美学”と題し、ジョン・レノンを大特集。ビートルズ時代からソロ期と幾多の研究がされてきた中、あまりやられていないだろう“ギター弾きとしてジョン・レノン”を徹底的に見つめる企画です。そのほかにも、FREE THE TONE特集・Part.1エフェクター編や、[ALEXANDROS]白井眞輝へのインタビュー記事など多彩なコンテンツを収録。ぜひチェックしてみてください!


AGM1812.jpg

 ドラムステーション渋谷のレポート記事は、リットーミュージック刊『リズム&ドラム・マガジン2019年2月号』の記事を抜粋・転載したものです。今号の表紙特集は"ドラム・ソロ"。わかりやすく"起承転結"のついたストーリー性のあるソロに絞って、Kid'z[MY FIRST SYORY]、鈴木貴雄[UNISON SQUARE GARDEN]、工藤"KUDO→"義弘[EARTHSHAKER]、菅沼孝三の実演映像、ソロの創り方、フレーズ集など、挑戦したくなる!/やってみたくなる!コンテンツが56P(!)に渡って満載です! こちらもぜひチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS