楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 【連載】HELIXの達人 〜HELIX Masters 第10回

麗(the GazettE) 〜理想のサウンドを世界に響かせるための基幹システム=Line 6 Helix Floor

Line 6 / Helix Floor

Line 6 Helixシリーズを愛用するトップ・アーティストたちに、その活用法とインプレッションを披露してもらう本連載。その第10回目は、独自の世界観とラウドなロック・サウンドで世界中から支持を受けるthe GazettEのギタリスト麗(URUHA)に登場いただく。かつては膨大な機材システムを組み、アンプのマイキングすら自身で行なっていた彼が、今やHelixに絶大な信頼を置き、システムの心臓部としてフル活用しているという。麗がHelixに魅せられた理由に迫っていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Helix/HXファミリーのファームウェアが2.80にアップデート!

 Helix/HXファミリーすべてに適用されるファームウェア2.80がリリースされた。当アップデートは、すべてのHelix/HX製品を同一のエコ・システム内に統合するための新しいHelixコア・エンジンを採用した最初のファームウェアとなり、すべてのHelix/HXユーザーが対象となる。その内容でまず注目したいのは、大量に追加された画期的な機能群。例えば、HelixをPCと接続して、DAW/DJソフト/照明ソフト/メディア・プレイヤー/動画ソフト/webブラウザ/画像編集ソフト/ビデオ・ゲーム/エクセル/パワーポイントなどのコントローラーとしても機能させることができる“ホットキー”(※HX Stompは対象外)、VDI経由で接続されたVariaxの個々の弦のレベルをリモートで独立して調整できる“Variax ストリングス・レベル”(※HX StompとHX Effectsは対象外)の追加、さらにHelixおよびHX間でプリセットを共有できるようになるなど、その内容は多岐にわたる。もちろん今回も新たなアンプ・モデルとエフェクト・モデルも追加されているので、ぜひ以下のURLから併せてチェックしてほしい!

■ニュース・ページはこちら
https://line6.jp/news/1168/

■ファームウェアのアップデート方法はこちら
http://yamaha.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/10135/session/L2F2LzEvdGltZS8xNTYzODgzNTI0L3NpZC9WajIyVnNrbw%3D%3D

※2019/7/24追記

about Helix Floor
フロア・タイプの最高位マルチ・プロセッサー

Line 6 / Helix Floor

Line 6 / Helix Floor

 最新テクノロジーとこれまでLine 6が培ってきたノウハウをすべて投入した“最高のギター・プロセッサー”を実現するべく、6年にも及ぶ開発期間を経て2015年にリリースされたHelixシリーズ。現在までにフロア・タイプ2種とラック型、プラグインをラインナップしているが、中でも宅録/ライブといったシチュエーションを問わず人気を呼んでいるのが、フロア・タイプのHelix Floorだ。最新のVer2.71では、新開発のHXモデリングによる72タイプのアンプ・モデリングと37タイプのキャビネット、MシリーズやDL4などから移植された77種の“レガシー”エフェクトを含む194種類以上のエフェクトなどを内蔵し、まさにギター・サウンドメイクの中枢システムとして活躍してくれる。

 今回は麗の使用例を元に、Helix Floorのライブ・ギアとしての強みを見ていきたい。麗はライブで演奏する楽曲ごとに細かなプリセットを作成しているが、フットスイッチへのアサインに工夫を凝らしている。通常BANKのアップ&ダウンがアサインされている左端上下のスイッチにはPRESETの上下を置き、上段スイッチにはバッキングやソロなど場面ごとの音色を“スナップショット”で配置。下段には、スイッチを踏んだときだけ作動するモーメンタリー設定で、オクターバーやリング・モジュレーターなど特殊効果的なエフェクトを置いている。リアルタイムな操作性も考えたアサインだ。ちなみに麗はVariax(モデリング・ギター)との連携なども模索しているそうで、Helixと組み合わせて、ギター音色も含めたさらに多彩な音色を足下で切り替えることも視野に入れているという。また、ライブ現場でのプリセットの切り替えは、マニピュレーターがMIDI信号を介してコントロールしており、同期音源なども使用するthe GazettEらしい合理的な方法と言えるだろう。そのぶん、MIDI信号の安定した送受信が重要となるが、アンプやエフェクターなど複数の機器をMIDIで管理するシステムに比べ、単体機であるぶん格段にトラブルが少ないのは間違いない。この点も麗がHelix Floorに信頼を置く理由だ。

デジマートでこの商品を探す

Uruha's View
麗が語るHelix Floor

実機のアンプやエフェクト・システムでは、Helix Floorの利便性や安心感には敵わない

 もともとライブでは、アンプ3台にスピーカーもドライとディレイで分けたりといった大がかりなセットを使っていたんですが、やはりトラブルが多かったんですね。それで、徐々にプラグインを使ってパソコン上で完結させるシステムにのめり込んでいったんですが、それでもパソコンがフリーズするなどのリスクがありました。そのとき出会ったのがLine 6のプラグインHelix Nativeで、まず音の良さと種類の多さが気に入りましたね。プラグインの良さは、さまざまなメーカーのものを自由に組み合わせることができる点だと思いますけど、Helix Nativeはこれ単体でそれに匹敵するというか、今までやってきた曲に必要なエフェクトにも問題なく対応してくれました。アンプ・サウンドもとにかくリアルで、スピーカーの挙動まで表現されている。そういったことも含めてHelixの実力がわかったので、1年ほど前にHelix Floorを導入したんです。

 パソコンを使っていた頃は、MIDI信号の送受信がうまくいかずプリセットが切り替わらないなどのトラブルがあったんですが、単体機でギター向けに作られているHelix Floorは、そういったトラブルが一切ない。まずそれがありがたかったです。それと、“スナップショット”のおかげで、音色を切り替えたときも遅れがまったくないというのも嬉しいですね。僕はポリフォニック・オクターバーみたいなエフェクトで一瞬だけピッチを上げたり下げたりすることが多いんですけど、そういったことも瞬時にできるというのはすごく便利です。ギタリストにとっては理想的な操作性ですね。

 Helix Floorを導入した理由のひとつには、海外での活動を見据えていたというのもあります。海外でのツアーだとどうしてもシステムが縮小されてしまいますけど、そこで音が変わってしまうのはすごくストレスになる。だったら国内の活動でも最初からミニマムで理想の音が出るセットにしておこうと思ったんです。それに、もし本体が故障してもスペアにデータを移し替えて同じ音を出せるというのはありがたいです。昔はスピーカーのマイキングまで自分でやっていたんですけど、とにかく時間がかかるし、マイクのミックス具合や位相などが気になって自分が出したいサウンドがよくわからなくなってしまうこともありました。それが、Helix Floorは好みのスピーカーのIRデータを取り込んで使うことができますし、とにかく時間がかからない。いろいろなストレスから解放されて、演奏に集中することができるようになりましたね。

 もちろん実機のアンプを懐かしく思うこともあるんですけど、Helix Floorで作った音色を実機のアンプやエフェクト・システムで再現することはできませんし、何よりHelix Floorの利便性や安心感には敵わない。もう戻れませんね(笑)。

▲同期が走らない楽曲や自身でフットスイッチを切り替える楽曲で使用するプリセット“*MANUAL”。【10 Band Graphic】【Placater Dirty】【サードパーティ製IR】【Parametric】を基本に、各スナップショットでは【Simple Pitch】や【Scream 808】【Searchlights】などを組み合わせている

▲「GUSH」(アルバム『NINTH』収録)用のプリセット。こちらも“Backing”には【10 Band Graphic】【Placater Dirty】【サードパーティ製IR】【Parametric】を配し、各スナップショットには【Obsidian 7000】や【Hard Gate】【Pitch Ring Mod】【Pitch Wham】【Glitz】などを組み込む。“Position”には【Pitch Wham】をアサインしている

▲「13STAIRS[-]1」(アルバム『DIM』収録)用のプリセット。“Backing”は“*MANUAL”や“GUSH”と同様で、そのほかのスナップショットに【Tycoctavia Fuzz】や【Low and High Cut】【Simple Delay】【Pitch Wham】【Deez One Mod】【Clawthorn Drive】【AM Ring Mod】などを組み込む。こちらの“Position”にも【Pitch Wham】をアサイン

達人の格言

麗「Helixを使えば、さまざまなストレスから解放されて演奏に集中できる」

Helix 関連記事

「HELIXの達人」第9回
アンディ・ジョーンズ 〜Line 6 Helix Floorでクイーン・サウンドを忠実に再現する手練れギタリスト

helix_serial09_main.jpg

「HELIXの達人」第8回
ビリー・シーン 〜ベース・レジェンドが感服するLine 6 Helix Floorの高い汎用性とモデリング・サウンド

helix_serial08_main.jpg

「HELIXの達人」第7回
押尾コータロー 〜アコースティック・ソロ・ギター界の先駆者が示すLine 6 Helix Floorの新たな地平

helix_serial07_main.jpg

製品レビュー:Line 6 / Helix

Helix_thumb_640.png

特集:日向秀和(ひなっち) meets Line 6 Helix LT

line6_helixlt_ba_main.jpg

製品レビュー:Line 6 / Helix LT

HelixLT_thumb_800.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Line 6 / Helix Floor

価格:オープン

【スペック】
●プリセット・ロケーション:1024 ●エフェクト数:194 ●アンプ数:72 ●キャビネット数:37 ●マイク数:16(※以上ファームウェア・バージョン:v2.71の場合)●液晶:6.2インチ ●コントロール:プリセット、セーブ、メニュー、ホーム、アンプ、ジョイ・スティック、バイパス、アクション、ページ、ノブ×6、ボリューム、ヘッドフォン・ボリューム、フット・スイッチ×12、エクスプレッション・ペダル、パワー・スイッチ、グランド/リフト・スイッチ ●入出力端子:EXP2、同3、EXTアンプ、CV/エクスプレッション・アウト、ギター・イン、AUXイン、MICイン、センド/リターン×4、XLRアウト×2、1/4インチ・アウト×2、ヘッドフォン・アウト、VARIAXインプット、MIDIイン、MIDIアウト/スルー、S/PDIFイン/アウト、AES/EBU-L6 LINKアウト、USB、ACイン ●電源:電源ユニット内蔵 ●外形寸法:560(W)×301(D)×92(H)mm ●重量:6.6kg
【問い合わせ】
株式会社ヤマハミュージックジャパン Line 6インフォメーションセンター TEL:0570-062-808
Helix製品ホームページ Line 6 Helix Japan User Group(Facebook)
デジマートでこの商品を探す

プロフィール


うるは●2002年に結成されたthe GazettEの上手(かみて)ギタリスト。バンドは2005年にメジャー・デビューし、翌年には日本武道館でワンマン・ライブを開催する。2010年には東京ドームでワンマン・ライブを敢行して以降も、精力的に国内外のロック・フェスに出演しライブ・バンドとしての地位を確立する。2013年からワールド・ツアーを行なっており、独自の世界観やビジュアルとラウドな音楽性が世界中で認知され、大きな人気を得ている。最新作は2018年にリリースした9thアルバム『NINTH』で、同作を引っさげた世界16都市を回るツアー「WORLD TOUR 19 THE NINTH PHASE #4 -99.999-」を大成功させた。また、2019年8月15日に、1年強に渡るロング・ツアー“THE NINTH”の新たなフェイズ『LIVE TOUR18-19 THE NINTH PHASE#05「混血」』を横須賀芸術劇場にて、同年9月23日にはツアー・ファイナル『the GazettE LIVE TOUR18-19 THE NINTH TOUR FINAL 「第九」』を横浜アリーナで開催する予定だ。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS