楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • いっちーのデジタル・デジマート〜第43回

手のひらサイズのDIYシンセ KORG NTS-1 digital kitを試してみた!

KORG NTS-1 digital kit

KORG Nu:tektブランドから発売されたDIYシンセ・キット「NTS-1 digital kit」が注目されています。「えっ、自分で組み立てるシンセ?」「音質は?」「実用性は?」そんな疑問を解消すべく、いっちーがレビューします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

KORG NTS-1 digital kitとは?

digidigi-42-40.jpg prologueminilogue xdから継承されたデジタル・オシレーターとアナログ・モデリングのフィルター、エンベーロープ・ジェネレーター(EG)、デジタル・エフェクト(モジュレーション、ディレイ、リバーブ)を搭載した、軽量コンパクトなモノフォニック・シンセサイザー。入出力端子にAUDIO IN、SYNC IN、SYNC OUT、MIDI INコネクターを備え、MIDIコントローラーやシーケンサーを使ったコントロールや同期も可能。

デジマートでこの商品を探す

いざ開封の儀!

 突如デジマガ編集部に届いた白い箱。先日KORGさんから「送りました〜」と連絡があったことを思い出しました。おぉ、これが噂の組み立て式のシンセ「NTS-1 digital kit(以下、NTS-1)」ですか! さっそく開けてみましょう。中にいくつか用紙が入っているのでチェックしてみます。

NTS-1の外箱。すでに組み立てのヒントが載ってる模様

早く組み立てたいところですが、ひとまず内容物を確認しましょう

 まず箱を開けて目に入ったのがKORG Software Bundleのライセンス・カード。KORGのコントローラーや一部のシンセに付属するソフトシンセやプラグイン・エフェクトのバンドルが、NTS-1にも付いてくるなんてお得すぎです!

あっ、これはKORGのコントローラーを購入すると付いてくるお得なソフトウェア・バンドルじゃん! KORGさん太っ腹!

ちゃんと組み立て方の動画が用意されていて助かります!

 付属するQRコードをスマホで読み取るとこちらのYouTube動画が立ち上がりました。取扱説明書も入ってましたが、こっちの方が分かりやすそうなので見てみましょうか。

NTS-1 - 組み立て動画

 なるほど、組み立て方のイメージがつかめましたよ。それではさっそく作業に取り掛かりましょう!

組み立て開始!

 まずは、ひとつにつながっている上基板、底板、フロント・パネル、リア・パネルを分けます。カッターなど無くても、手で圧力をかけて簡単に分けることができるのでご安心を。必要なネジやドライバーなどもすべて付属しています。なんて親切なんでしょっ!

両手を使って慎重かつ大胆に力をかけるとミシミシという音を立てながらきれいに分かれます

左から順に、上基板、フロント・パネル、リア・パネル、底板

 それではサイド・パネルの両端にコーナー・ブロックを取り付けましょう。サイド・パネルはコーナー・ブロックの溝に差し込んでから銀色の小さいネジで止めます。同じパーツを2つ作ったら、黒いネジで底板に取り付けます。

付属のドライバーを使ってコーナー・ブロックとサイド・パネルを取り付けます。細かい作業なので慎重に

このように2つ同じものが完成すればOK!

ネジの取り付けが完了したら、ゴム足も貼り付けましょう

 続いて、鍵盤シートを上基板に取り付けます。鍵盤シートは、左側のフラット・ケーブルを上基板の穴に通した後に貼り付けます。この順番を間違えないようにしましょう。フラット・ケーブルは、軽く曲げながらコネクターにグッと挿し込んで、コネクターの両端を押すとロックされます。

フラット・ケーブルを穴に差し込みながら鍵盤シートをトップ基板に貼り付けます

折ったりねじったりしないように、軽く曲げましょう

コネクターにしっかり差し込んで両端をグッと押すとロックがかかります

 そして、上基板と下基板を合わせる前に、下基板の4隅を取り除いてください。下基板の4隅を取り忘れるとケースに収まりません。これは実体験に基づいたアドバイスです(笑)。板の上下を確認しながらすべてのピンを差し込みます。ちゃんと差し込んだつもりでも、ズレていることもよくあるので最終チェックは怠らずに!

下基板の端を折らないとケースの中に収まらないので注意!

取り外したパーツは、念のため取っておきましょう(後できっと役に立ちます)

上下逆に取り付けないように注意しましょう

これはダメな例。すべてのピンがしっかり刺さっているか確かめましょう

 いよいよ最終仕上げです。フロントとリアを確認しながら基板とサイド・パネル付きの底板を合わせます。黒いネジで上基板をコーナー・ブロック、銀色の小さいネジでフロント・パネルとリア・パネルを取り付けます。最後に全体のネジをしっかり止めて……

合わせた基板をサイド・パネル付きの底板を合わせて……

上基板とコーナー・ブロックを止めて……

最後にフロントとリアのパネルを取り付ければ……

組み立て完成〜!

完成しました〜!

 さっそく動作チェックです。電源は付属のUSBケーブル経由でコンピューターのUSBポートやUSB電源アダプタでも供給できますが、今回はモバイル・バッテリーを使ってみます。さて、ちゃんと電源入るかな? ドキドキです!

電源を供給してみます。動くかな? ドキドキ……

電源入りました! やった〜!

 おお〜! 鍵盤シートを押さえたら、ちゃんと音鳴りました! 良かった〜! 

 初めてシンセサイザーを組み立ててみましたが、なかなか楽しかったです。あらかじめパーツが基板に実装されているから安心して組み立てられました。

NTS-1の操作方法

 NTS-1は、MODEボタン(OSC、FILTER、EG)とFXボタン(MOD、DELAY、REVERB)、ARPボタン、そして各ボタンごとに機能が割り当てられているTYPEノブ、Aノブ、Bノブというシンプルな操作子で構成されています。

NTS-1の操作子の名称

 つまり「ボタンごとに3つのパラメーターがコントロールできる」ということなんですが、ボタンを押しながらノブを回わすことで3つ以上のパラメーターのエディットが可能なんです。

(例)OSCのエディット]TYPEノブ:オシレーター波形、Aノブ波形のシェイプ、Bノブオシレーターごとに割り当てられたパラメーター、OSCボタン+AノブLFOスピード、OSCボタン+BノブLFOの深さ

NTS-1を演奏してみた!

演奏動画の補足

 prologueminilogue xdの直系サウンドとは聞いていましたが、ここまでクオリティの高いサウンドだとは! さまざまな表情を持ったレンジの広いオシレーター波形も特徴的ですが、何と言ってもエフェクトは単体機に匹敵するほどのクオリティの高さに驚きました。

 動画の冒頭では、同社のステップ・シーケンサーSQ-1からNTS-1を演奏しています。ステレオ・ミニ・ケーブル1本で、MIDI IN/OUTをつなぐだけです。

相性抜群のNTS-1とSQ-1

 0:31〜では、アルペジエーター機能を使ってみました。ARPボタンを点灯させリボン鍵盤を押さえるとアルペジエーターが機能します。また、ARPボタンを長押しするとLEDが点滅して、リボン鍵盤から指を離してもアルペジエーターが機能します。

[アルペジエーターの設定]:ARPボタン+TYPEノブ:パターン、ARPボタン+Aノブ:パターンの長さ、ARPボタン+MODEボタン or FXボタン:スケール、ARPボタン+Bノブ:テンポ

 0:48〜ではLFOを使ったピッチ・モジュレーションで遊んでみました。OSCボタンを押しながらBノブを左に振り切らせて、OSCボタンを押しながらAノブを回すとシンセらしい効果音が鳴らせます。さらにディレイやリバーブをかけると、まるで異次元空間に入り込んだような気分になります(笑)。

 1:38〜はDAWのMIDIシーケンサーでフレーズを演奏させながら、オシレーター波形やパラメーターを変更したり、フィルターやエフェクトをかけたりして演奏しています。コンピューターとUSBケーブルでつなぐと、MIDI機器として認識される(Windowsの場合はKORG USB-MIDIドライバーが必要)ので、DAWのMIDIトラックの出力をNTS-1に設定すればOK。デジタル波形とリバーブの相性が心地良すぎてずっと触っていられます(笑)。

NTS-1はさらにこんなことも!

 カスタム・コンテンツを取り込む

ダウンロードしたファイルは管理ソフトNTS-1 digital Librianに取り込みNTS-1へ送ることができる

 logue SDKというソフトウェア開発キットを使うと、NTS-1用のデジタル・オシレーターやエフェクトが自作できます。プログラムに自信がある方は挑戦してみてください。ボイス・サンプルなんかを取り込めたら面白いかもしれませんね。

 とは言え、自作オシレーターやエフェクトというのはハードルが高すぎますね(汗)。ご安心ください! サード・パーティーの開発者が作ったオシレーターやエフェクトが、Librarian&Custom Content pageで公開されているんです! これは管理ソフトNTS-1 digital Librianを使ってNTS-1に取り込むことができます。ちなみにユーザー・オシレーターは本体に16個まで取り込むことが可能。試しに無料で公開されているオシレーターをいくつか本体にロードしてみました。

オーディオ機器の音声を入力可能

NTS-1のリア・パネル

 NTS-1に搭載されているステレオ・ミニ端子のオーディオ・インを搭載しています。ここに入力した音はシンセ回路は通らず、エフェクト回路だけを通って出力されるようになっています。

 ちなみにエフェクトは、モジュレーション→ディレイ→リバーブの順に直列でつながっていて、デフォルトではシンセ音と外部音声がミックスした状態ですべてのエフェクトがかけられるようになっていますが、ルーティングを変更することで、外部音声をモジュレーションとディレイを通さずにリバーブだけ通したり、エフェクトを全く通さずマスター出力へ送ることもできます(グローバル・パラメーターで設定可能)。

パラメーターを外部MIDI機器からコントロールする

 NTS-1をDAWにつないでノブを動かしたところ、DAW側が何かMIDI信号を受信しているようだったので、MIDIインプリメンテーション・チャートを調べてみると、コントロール・チェンジで各パラメーターをコントロールできるようになっていました。つまり、本体のノブで同時にコントロールできるパラメーターは3つですが、MIDIコントローラー次第で、たくさんのパラメーターを同時にコントロールすることも可能になるわけです。NTS-1はDAWやMIDI機器と組み合わせても相性バッチリということですね!

Ableton LiveをMIDIマップ・モードに切り替えて各パラメーターをマクロ・コントロールにアサインしてみました

いろいろ試してみましたが、このレイアウトがわかりやすいと思います。ここではアルペジエーターのコントロールを省略しています

本体をカスタマイズして自分だけのNTS-1に!

 NTS-1のWebサイトを見ると「簡単にカスタム・サイド・パネルを取り付けることができる」と書かれており、このような例が紹介されていました。

NTS-1+monotron delay

NTS-1+ NTS-1

 えっ! 何これすごい! やりたい!

 というわけで、アンティーク調のウッド・パネルをつけてみたくなったので、100円ショップで調達した板と塗料を使ってちょうど良いサイズに加工してみました。

かかった費用200円(税別)。手間暇かけた分だけプライスレスなアイテムに生まれ変わるのだ〜

 ここで再び登場するのが、下基板で不要になった4隅の切れ端です。これが自作のサイド・パネルと本体のすき間を埋めるスペーサーとして活躍するんです!

ここで下基板の切れ端が役に立ちます!

下基板の切れ端が本体と自作サイド・パネルのすき間を埋めるスペーサーに早変わり!

できた〜!

ウッド・パネル・バージョンNTS-1が完成!

ウッド・パネルを付けると高級感が増しますね!

リアからの見た目もいい感じ!

 自画自賛ですが、かなり良くできたと思います(笑)。ますます愛着がわいてきました!


 いかがでしたでしょうか? 1万円程度で購入できる手のひらサイズの小型シンセですが、かなりポテンシャルを秘めていることがお分かりいただけたかと思います。 是非皆さんも試してみてくださいね〜! それではまた〜(^_^)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

KORG / Nu:Tekt NTS-1 digital KIT

【スペック】
【スペック】 ●鍵盤部:リボン鍵盤 ●音源:デジタル・オシレーター、マルチモード・フィルター、EG、LFO :MOD (コーラス、アンサンブル、フェーザー)ディレイ、リバーブ ●入出力:ヘッドホン(3.5mmミニ・ジャック)、オーディオ・イン(3.5mmミニ・ジャック)、シンク・イン(3.5mmミニ・ジャック、最大入力レベル20V)、シンク・アウト(3.5mmミニ・ジャック、最大出力レベル5V)、MIDI IN(3.5mmミニ・ジャック)、USBポート(micro Bタイプ) ●電源:USBバスパワー・モード 消費電力:500mA以下 ●外形寸法:129mm(W)×78mm(D)×39mm(H) ●重量:124g ●付属品:USBケーブル、マニュアル、プラス・ドライバー
【問い合わせ】
https://www.korg.com/jp/products/dj/nts_1/index.php
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

いっちー
学生のころから作曲やDJ活動、バンド活動などの経験を積む。某楽器販売店を経てリットーミュージックに入社。前職では楽天市場内の店長Blogを毎日10年以上更新し、2008年ブログ・オブ・ザ・イヤーを受賞。得意ジャンルはクラブ・ミュージック。日々試行錯誤中。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS