楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • ESPを愛するギタリストの1本。

高崎晃(LOUDNESS)のRANDOM STAR “THE RED LEGACY”

ESP / RANDOM STAR “THE RED LEGACY”

ESPを愛用するギタリストに登場してもらい、自身のこだわりがつまった名器について語ってもらう新連載“ESP Lovers Gallery”がスタート! 記念すべき第1回は日本が誇るトップ・プレイヤー、高崎晃の登場だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RANDOM STAR “THE RED LEGACY”
35周年で蘇った伝説の初号機

RANDOM STAR “THE RED LEGACY”(Front)

RANDOM STAR “THE RED LEGACY”(Back)

ピックアップはセイモア・ダンカン製のシグネチャー・モデルであるThunder In The Eastを2基搭載。オリジナルの“赤ミラー”はもともとESPのLH200が装備されていたが、Thunder In The Eastはそれをもとに作られたものだとか。バッキング/リフ時はリア、リード/ソロ時はポジションを細かく切り替えるとのこと

ボリューム・ツマミをプルするとコイルタップすることができる

これまでの復刻モデルとの大きな違いがこのトレモロ・ユニット。オリジナルに搭載されているのは、ご存じESP製のフリッカーⅠ(プロト・タイプ)で、名器を象徴するスペックとなっている。ただ調整の問題などがあったのか、これまでの復刻モデルはフロイドローズなどが採用されていた。今回、フリッカーまで再現されているのはファンならずとも胸が熱くなるポイント

ネック・プレートに貼られていたステッカーは剥がれ具合までそっくり。本人も驚いたようだ

経年変化を表現した特徴的なミラー・ガード

オン/オフ・スイッチも搭載されている

【Specifications】●ボディ:アルダー ●ネック:ハード・メイプル ●指板:ローズウッド(240R) ●フレット:21 ●スケール:648mm ●ピックアップ:セイモア・ダンカン CS THUNDER IN THE EAST(フロント/リア) ●コントロール:ボリューム(タップでコイル・スプリット・スイッチ)、ピックアップ・セレクター、ON/OFFスイッチ ●ブリッジ:ESP FLICKER-I w/FR NFT Modify ●ペグ:シャーラー M6 mini ●カラー:Distressed Red ●付属品:オリジナル・ハード・ケース

 今回紹介するのは、LOUDNESSの35周年を記念して2016年に制作されたランダムスター“レッド・レガシー”。もととなったのは1980年前後、LAZYの後期から使われ始めた赤ボディにミラー・ガードのランダム・スターである。当時多くのギター・キッズが憧れた伝説の名器を、仕様はもちろん細部の傷まで忠実に再現した1本というわけだ。特筆はブリッジがオリジナル器のフリッカーⅠ(プロトタイプ)を再現していること。初期曲「LOUDNESS」のアームダウン・サウンドはこれでないと出せないという本人談もあるほど、重要なスペックである。

デジマートでこの商品を探す

高崎晃(LOUDNESS)が語る
RANDOM STAR “THE RED LEGACY”

ステッカーまで同じに再現されてるんですよ。

 これはLOUDNESの35周年に合わせて、僕の赤のランダムスターを傷から何からすべてそのまま再現した1本です。貼ってあるシールからアーミングでできたボディのへこみ傷まで、そっくりなんですよね。僕自身、遠くから見たら見わけがつかないです。ライブではこれとKillerを併用していて、「LOUDNESS」や「In The Mirror」など、それこそまだKillerが誕生してない初期の曲で使うことが多いですね。あの頃の曲はランダムスターで作ったものもあるから、やっぱりこっちで弾くほうがしっくりくるんですよ。

 80年代当時、僕がランダムスターを使い出した時は、よほどの変わり者でもない限り変形ギターを使う人はいなかった。フライングVでさえ変わった形だと思われていて、右も左もストラトかレス・ポール、たまにテレキャスターがいるくらいだったんです。でも、僕は“もっといろんなギターの形があってもいいんじゃないかな?”と思っていたんですよ。

 それから40年近く経った今、こういうものがスタンダードなロック・ギターの形になってきたし、世界中のギタリストがいろんな形のものを当たり前に使うようになっている。それがすごくうれしいんです。そして、個性というのはギタリストにとって本当に大事だと思う。ギターがうまい人は一杯いるけど、やっぱり個性がないと埋もれちゃいますからね。僕のように形から入ってもいいし、ギタリストのみんなには何より個性を大事にしてほしいと思います。

ギター・マガジン 2020年5月号 発売中!

GM202005 cover.jpg 本記事は、4月13日(月)に発売されたリットーミュージック刊『ギター・マガジン 2020年5月号』にも掲載されています。表紙巻頭特集は「ファンキー・ブルース」。ぜひチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

ESP / RANDOM STAR “THE RED LEGACY”

【スペック】
●ボディ:アルダー ●ネック:ハード・メイプル ●指板:ローズウッド(240R) ●フレット:21 ●スケール:648mm ●ピックアップ:セイモア・ダンカン CS THUNDER IN THE EAST(フロント/リア) ●コントロール:ボリューム(タップでコイル・スプリット・スイッチ)、ピックアップ・セレクター、ON/OFFスイッチ ●ブリッジ:ESP FLICKER-I w/FR NFT Modify ●ペグ:シャーラー M6 mini ●カラー:Distressed Red ●付属品:オリジナル・ハード・ケース
【問い合わせ】
イー・エス・ピー営業本部 TEL:049-274-3810 http://www.espguitars.co.jp
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS