楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • "夢の空間"を実現した自宅スタジオに大接近!

アコースティックエンジニアリングが手がけた"ドラムが叩ける"プライベート・スタジオ Vol.15

アコースティックエンジニアリング

“自宅で思いきり音を出したい!”、“いつでも楽器を鳴らせる環境を手に入れたい!”……自分のスタジオを持ちたい願望は、楽器を演奏する人ならば誰もが思うこと。そんな“マイ・スタジオ”の夢を実現してくれるのが、プロ用のスタジオやライヴ・ハウスの防音/音響工事も行う、アコースティックエンジニアリングだ。ここでは同社が手がけた“ドラムが叩ける”プライベート・スタジオにフォーカス! 今回は東京都在住の加藤大介さんのケースを見ていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CASE:15 東京都 加藤大介さん宅スタジオ

小学生の頃に聴いたXに憧れ、中学1年のときにお年玉でツーバス・セットを購入しドラムを始める。現在は仕事の傍ら、2年前に組んだバンドで活動しており、月1回ほどのペースでライヴを行っている

小さい頃から夢だったスタジオ
家ではほとんどここで過ごしてます

 プロ用のスタジオやライヴ・ハウスなどを手がける防音/音響建築の専門業者、アコースティックエンジニアリングが設計した自宅スタジオで、好きな時間に思いきりドラムを叩きたいという夢を叶えたドラマーを訪ねるこのコーナー。今回の訪問先は、東京都に住む加藤大介さんが昨年11月に自宅の地下に完成させたスタジオだ。 

 加藤さんは11年前に地下室つき住宅を購入。学生時代から趣味でバンドを組み、社会人になってからも仕事と並行してバンド活動を続けている加藤さんは、家でもドラムを叩けるようにと地下室のある家を見つけたものの、「そのままだとドラムを叩くのは無理で、エレドラで練習していました」という。

 「生ドラムを叩きたいときはリハスタへ、けっこうな頻度で通っていました。でもいちいち行くのは大変だし、叩きたいときに予約で埋まっていたりするし、やっぱり家で叩けるようにしたいと思っていました」。

 そこで地下室のリフォームを決めた加藤さんは、この連載記事で知ったアコースティックエンジニアリングへ依頼することに。

 「他の業者にもいくつか電話で問い合わせましたが、ドラムを叩きたいと伝えると“高いですよ”と言われて終わり。でもアコースティックさんは最初の対応から全然違って、すぐに具体的な話ができたんです」。

スタジオの広さは約7.5畳。モノトーンの内装や、ドラム・セットから見て2方向に設けられた鏡は加藤さんの要望。「叩いている姿を前からだけじゃなく横からも見られるので、姿勢のバランスを意識するようになりました。ここで叩くドラムの音はすごく気持ちいいですよ」

「好きな音楽がパンクやハードコアで、その中でも埋もれない音のドラムが欲しかった」ということで購入したキタノのチタン製ドラム・セット。取材時に叩いてもらったが、耳をつんざくほどの大音量にもかかわらず、芯があり心地良く感じるサウンドが印象的だった。シンバルは以前から持っていたというジルジャンZXTのチタン・コーティング仕様

加藤さんのリクエストで設けられた作りつけの棚のおかげで収納力も抜群

 工期は通常のリフォームと変わらない3週間程度。地下室ゆえに遮音性能の高さは段違いで、購入したばかりのキタノのチタン製ドラム・セットから放たれる大音量もまったく問題なし。「家にいるときは、ほとんどこの部屋で過ごしています」という。

 「小さい頃からの夢だったスタジオがこんなに早く実現するとは思っていませんでした。バンド・メンバーからも“プレイが良くなった”と言われてうれしいです。ここでドラムの録音もしてみたいですね」。

ドラム・セット側から見た様子。以前は収納用の小部屋だったスペースを利用した凹み(写真奥)にデスクを設け、自宅での事務仕事に使っている

スタジオの出入り口は木製防音ドア×2枚。1階へはU字型の階段を介して距離があるため、ドアを閉めれば階上に対する音漏れはほとんど気にならない

※本記事はリズム&ドラム・マガジン2017年4月号の記事を転載したものです。

アコースティックエンジニアリングとは?

 株式会社アコースティックエンジニアリングは、音楽家・音楽制作者のための防音・音響設計コンサルティングおよび防音工事を行う建築設計事務所。1978年に創業して以来、一貫して「For Your Better Music Life」という理念のもと、音楽家および音楽を愛する人達へより良い音響空間を共に創り続け、携わった物件の数は2,000件を超えている。現在も時代の要請に答えながら、コスト・パフォーマンスとデザイン性に優れ、「遮音性能」、「室内音響」、「空調設備」、「電源環境」、「居住性」というスタジオの性能を兼ね備えた、新しいスタイルのスタジオを提案し続けている。

株式会社アコースティックエンジニアリング

【問い合わせ】
TEL:03-3239-1871
Mail:info@acoustic-eng.co.jp
住所:東京都千代田区九段北2-3-6九段北二丁目ビル

HP:http://www.acoustic-eng.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

アコースティックエンジニアリング

【問い合わせ】
株式会社アコースティック・エンジニアリング TEL:03-3239-1871 http://www.acoustic-eng.co.jp
住所:東京都千代田区九段北2-3-6九段北二丁目ビル

ドラム

デジマートでこの商品を探す

シンバル

デジマートでこの商品を探す

ペダル

デジマートでこの商品を探す

ドラム用スタンド

デジマートでこの商品を探す

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS