楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 特集
  • ZOOMが生み出した究極のマルチ・エフェクターをチェック!

ZOOM G11 × JUON

ZOOM / G11

数々のマルチ・エフェクターを世に送り続けてきたZOOMから、技術の粋を集約した“究極のマルチ・エフェクター”ことG11が新登場。今回はJUONに登場願い、本企画のためにトラックを書き下ろしてもらい、G11のポテンシャルを徹底的に引きだしてもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ZOOM G11 × JUON

ZOOM G11
多機能かつ明快な操作性を兼備した究極のマルチ

 マルチ・エフェクターと言えばラックか大型のフロア・タイプと相場が決まっていた1990年に、小型軽量なマルチ・エフェクターの9002を発売して以来、コンパクトなものから本格的なフロア・タイプまでさまざまなマルチ・エフェクトを開発してきたZOOM。そんな同社が現時点における技術の集大成とでも言うべきモデル“G11”を発売した。ZOOMオリジナルのものを含めたエフェクターやアンプのモデリングはもちろん、スピーカーの音響特性をデータ化したインパルス・レスポンス(IR)、ルーパー、ルーパーと同期可能なリズム・マシン、iOS機器からの無線操作など、現時点で考えうる機能を網羅。さらにタッチ・スクリーンを装備し、操作性も実に明快だ。近年のマルチ・エフェクター市場への決定打となり得る注目の新製品である。

こちらはG11背面の入出力部だ。センド&リターンはもちろん、外部機器と連帯可能なMIDIのイン/アウト、音楽プレイヤーとの接続に欠かせないステレオAUXインプットに加え、オーディオ・インターフェース機能用のUSB-C端子と、外部IRデータ取り込み用のUSB-A端子も装備。こうした部分からも“あらゆるプレイヤーをサポートする”という気概が感じられる

デジマートでこの商品を探す

G11が“究極”な4つの理由

1. 直感的な操作を実現したタッチ・スクリーン

 わかりやすいユーザー・インターフェースはZOOM製品の大きな特徴のひとつだが、高機能なG11では5インチという大型のタッチ・スクリーンを採用し、ドラッグ&ドロップやスワイプといったスマホやタブレットと同様の操作で素早くサウンド作りができる。エフェクターの接続順も個々のアイコンのドラッグ&ドロップで感覚的に変更可能だ。ホーム画面にはそれぞれの機能が大きなアイコンでわかりやすく表示されている。

2. 合計22種類のアンプ・モデリング

 本機のアンプ・モデリングは往年の定番アンプからハイ・ゲインを得られる現代的なタイプまで全16種類を内蔵。実在する名機を忠実に再現したアンプ・サウンドを得ることができる。それに加えて、主要な音楽スタイルに合わせてチューニングされた6種類のZOOMオリジナル・アンプ・モデリングも用意されているため、幅広い音作りに対応することが可能だ。

3. 70種類のIR(空間音響特性)データ

 スピーカーが音を放出する空間の音響特性をデータ化したインパルス・レスポンス(IR)を利用すれば、アンプにマイクを立てて収録したサウンドが再現可能だ。このデータはインターネットからサード・パーティのIRをダウンロードするなどして利用することもできるが、G11にはあらかじめキャビネットとマイクの距離のバリエーションを含む70種類のIRが内蔵されているので、すぐに音作りが始められる。

4. スマホ・アプリとの連動機能

 床に置いたG11を操作するにはしゃがむ必要があるが、本体に超小型のBluetoothアダプター=BTA-1を接続すれば、専用アプリをインストールしたスマホやタブレットからパッチ・メモリーやバンクの作成、編集、管理、システムの設定、さらにはダウンロードしたIRのロードも行なえる。自宅やスタジオでのサウンドメイクはもちろん、ステージでのサウンド・チェックや本番でも、G11をスマートに操作できるわけだ。

How to use G11 by JUON

レスリー風モジュレーション、“TheVibe”の音が超気持ち良い!

 今回の試奏では、まずG11を使って事前にデモを作ったんです。「LED」という曲なんですが、僕はレッド・ツェッペリンとかディープ・パープルに惹かれたのがきっかけでこの道に進んだので、原点に立ち返る意味も込めましたね。

 デモ曲は3部構成で、王道のロック・フレーズが出てくる第1部では、G11内蔵のオールド・マーシャル・タイプ=“MS 1959”の歪んだ音に、“HD Hall”というリバーブを少し足した音を基本にしています。メロディ・ソロのところではその音に“TapeEcho”を加えて存在感を出しました。“HD Hall”はほかの空間系を混ぜても音の輪郭がボヤけなくて素晴らしいですね。

 次に少し調子を落としたファンキーな第2部では、マッチレス・タイプの“MATCH30”に切り替えて、クランチっぽいクリーン・トーンを軸に、エクスプレッション・ペダルを利用したワウの“Black Wah”を加えています。“MATCH30”の嫌味のない歪みには温かみがありますね。で、クイーンのようにハデに盛り上がる第3部では、第1部のパッチに戻りますが、今度はレスリー風モジュレーションの“TheVibe”を使って厚みを出しています。この“TheVibe”の音は超気持ち良いですよ!

デモ曲「LED」の第1部&第3部ではアンプにMS 1959を使用。エフェクト・セクションは左から順にBlack Wah(ワウ)、TheVibe(モジュレーション)、MS4×12(キャビネット)、TapeEcho(ディレイ)、HD Hall(リバーブ)をセッティング

落ち着いたセクションである第2部ではマッチレス・タイプのMATCH30を起用。エフェクトはBlack Wah(ワウ)、GoldDrive(オーバードライブ)、CloneCho(コーラス)、MA2×12(キャビネット)、Hall(リバーブ)をチョイスしている

ABOUT Original Amps

高級感のある“POLLEX”は
先入観なしで試すとおもしろいと思う。

 G11に内蔵された6つのオリジナル・アンプ・モデリングの印象ですが、まず“KRAMPUS”はマーシャル系の感じでありつつ、低音域が分厚い濃厚な歪みが得られますね。倍音も豊富で、音が散らずに図太いサウンドを真っすぐに出せます。“REDLOOM”は、部屋で音を出すのにちょうど良い歪み感。素直な音なので、いろいろなスタイルに応用できると思います。“VELVET”は毛羽立った感じの歪みが特徴的で、深く歪ませても芯がしっかりしていて、音の粒立ちが失なわれないのが良い。“MUDDY”は1音1音に説得力のある分厚くて重みのあるサウンドで、ブルージィなプレイに最適かな。“7 HEAVEN”は通常のギター・アンプを超えるようなレンジの広さが特徴。やはり7弦〜8弦ギターで威力を発揮しそうです。最後の“POLLEX”はドロップ・チューニングを多用するジェント系を意識したモデリングだそうですが、洗練された高級感のある音なので、先入観なしに試すとおもしろいと思いますよ。

ABOUT IR Roader

マイクの距離感がキレイに再現されている。
これは画期的ですよ。

 マイクとキャビ間の距離を“1インチ”、“12インチ”、“ROOM”で選べるIR機能を、G11オリジナル・アンプの“REDLOOM”を使って試してみました。僕もレコーディングは何千万回も経験してきましたが(笑)、これは画期的ですよ。まず、マイクとキャビの距離を“1インチ”にした状態を再現したIRでは、原音がしっかりしていて、低音も抜けていかない。全部の音がマイクの中に突っ込まれる感じが出ていました。“12インチ”はマイクとキャビの位置が遠すぎて音の輪郭が薄れてしまうこともないですし、マイクの位置が近い時に起こりがちな低音溜まりや、演奏のアラが出やすくなることもない。まさにナイスなポジションでマイキングした音がうまく再現されていますね。“ROOM”はキャビからマイクを離して録音している状態がすごくイメージしやすいようなサウンドになっています。この3種類のマイクの距離感の違いがとてもキレイに再現されているのがすごいと思いましたね。

Total Impression

良い音が詰まったG11は“最高の遊び道具”という感じです。

 G11を使ってみて、“最高の遊び道具を知っちゃったな”という感じです(笑)。僕みたいなギター大好きっ子は、良い音が詰まったG11みたいな機材があると夢中になっちゃうんですよ。モデリングのエフェクターの中で、自分でも現物を使ったことがあるものについては初めて弾いた時の印象まで再現されています。アンプについてもメーカーによる個性の違いはもちろん、真空管の瞬発力みたいなものまで再現されているし、キャビネットもスピーカー4本の音が散る感じとか、2本のタイトな感じといった音像の違いがよくわかります。再現性が高いと、今まで知らなかった機材の価値に気付くきっかけにもなるので、これでいろいろと冒険してほしいですね!

G11専用キャリングバックCBG-11発売!

 G11と一緒に、ACアダプタ、ケーブル、SDカードなどのアクセサリを収納して、快適に持ち運ぶことができるCBG-11が発売中!

デジマートでこの商品を探す

ギター・マガジン 2021年2月号 1月13日発売!

GM202102_cove.jpg 本記事は、1月13日(水)に発売されるリットーミュージック刊『ギター・マガジン 2021年2月号』にも掲載されます。表紙巻頭特集は「ジミー・ペイジ」。ぜひチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

ZOOM / G11

【スペック】
●エフェクト・モデル数:135 ●同時使用エフェクト数:AMPLIFIER + 9 EFFECTS ●アンプ・モデル数:22 ●入出力端子:INPUT、AUX IN、SEND×2、RETURN×2、OUTPUT(RIGHT、LEFT/MONO、PHONES)、CONTROL IN、MIDI(IN、OUT)Bluetooth、USB Type-C、USB Type-A ●コントロール:タッチ・スクリーン、アンプ・セクション(アンプ・キー、GAIN、BASS、MIDDLE、TREBLE、PRESENCE、VOLUME)、エフェクト・セクション(パラメーター・ノブ×20、フットスイッチ×5)、フット・スイッチ(スクロール◀︎/▶︎スイッチ、パッチ・メモリー▼/▲スイッチ、バンク▼/▲スイッチ)、エクスプレッション・ペダル ●電源:ACアダプター DC12Vセンター・プラス ●外形寸法:253(D)×495(W)×64(H)mm ●重量:2.8kg
【問い合わせ】
ズームカスタマーサポートセンター TEL:0570-07-206 https://zoomcorp.com/ja/jp/multi-effects/guitar-effects/g11/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

JUON
じゅおん◎1985年生まれ、 沖縄県出身。3ピース・バンドFUZZY CONTROLで歌とギターを担当。また、JUONとしてソロでも活動中。スガシカオ、稲葉浩志のサポート・ギタリストも務める。

オススメRECOMMEND

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS