楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • e☆イヤホンの広報部長たっくんが“耳”に素敵な製品を紹介!

究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう 〜人気ブランド紹介編

カスタムIEM(インイヤーモニター)

  • 文:岡田卓也(e☆イヤホン)
  • 写真提供:e☆イヤホン

イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」の広報部長・たっくんこと岡田卓也が話題のイヤホン・ヘッドホン製品を選りすぐって紹介する本連載コラム。前回、前々回に引き続きカスタムIEMの魅力をお伝えしていきますが、今回は国内アーティストにも人気の高い主要ブランド5つをピックアップ、各ブランドの特徴と主な機種をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回記事の「究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう~モデル選び&オーダー編」ではカスタムIEMオーダーの様子をお伝えしました。引き続き今回は、出来上がったカスタムIEMをご紹介! 国内アーティストにも人気の高い主要ブランドの特徴もご紹介します!

 その前に、今回もカスタムIEMについておさらいしておきましょう。数あるイヤホンの中でも、“究極のイヤホン”と言えるのが『カスタムIEM(インイヤーモニター)』。ライブやテレビなどでアーティストが装着しているのを見たことがあるかと思います。通称“イヤモニ”と呼ばれているものですね。従来からのモニター・スピーカー(コロガシ)によるモニタリングでは、ステージ上での移動に制限が出てしまったり、聴き取りづらさなどの問題が発生しがちです。その点、イヤモニならステージのどの場所にいても安定したモニタリングが可能であり、ハウリングの軽減や、耳への負担を減らすなどのメリットがあるのです。
 最近ではイヤモニを使うアーティストも多くなり、カスタムIEMブランドも増え、一般ユーザーのリスニングに向けたモデルも多様なニーズに合わせて数多くリリースされています。

 ということで、今回は日本で人気のあるカスタムIEMブランドの紹介と、モニタリングにオススメのイヤホンをご紹介していきます!

FitEar

FitEarロゴ FitEarは半世紀に渡る歯科技工・歯科関連技術の蓄積と、補聴器製作において毎年1万を超える耳型と向き合う事で培った、ノウハウを基にカスタムIEMを製造しています。FitEarのカスタムIEMは、日本国内で製造されており、作りの精巧さや現場の意見を反映した使い勝手の良さ、堅牢さを兼ね備え高い人気を誇ります。
 サウンドは日本屈指のマスタリングエンジニア、原田光晴氏によって音質設計され、音のプロフェッショナル達によって鍛え上げられてきたブランドです。
 コネクターが本体外側のプレート部分にあり、汗が侵入しにくく、交換も容易に行える様工夫がされているのが特徴です。国内ブランドらしく、1ヶ月程度の納期の早さも特徴です。

MH334

4Driver、高域1基、中域2基、低域1基 ¥154,900-

FitEar MH334

e☆イヤホンで購入

 FitEar MH334は、業務用カスタムイヤーモニターをベースに、より音楽を楽しめる機種として生まれました。低域と高域にそれぞれ1基づつ、低中域に2基のドライバーを配置、音楽性を保ちつつ正確な音を再現します。

MH335DW

5Driver、高域1基、中域2基、低域2基 ¥179,900- 低域がより聴き取りやすくなったモデル

FitEar MH335DW

e☆イヤホンで購入

 FitEar MH335DWは、FitEar MH334をベースに、低域の質感を高めるためにダブルウーハー化したモデルです。新たなドライバー構成とネットワーク設定により、MH334が持つ優れたバランスを活かしつつ、ローエンドの拡張と低域の更なる高解像度化を実現しています。

Ultimate Ears

Ultimate Earsロゴ Ultimate Earsは、アメリカに本社を構える音響機器ブランドで、UEと略されアーティストはもちろん、熱狂的なオーディオマニアに親しまれています。世界中をツアーするトップミュージシャンのために、カスタムIEMを提供しているブランドで、今日のステージで使用されるモニタリング用のイヤホンは、Ultimate Earsが普及させたと言っても過言ではありません。最初のカスタムIEM UE5Proは開発から10年が経った今でも多くのユーザーに選ばれ続ける名機となっています。
 UEのカスタムIEMは、汗の侵入を防ぐために、コネクターのメス側が突起しているのが特徴です。海外ブランドの中では納期が早いほうで、約1ヶ月程度で納品されます。

5Pro

2Driver、高域1基、中低域1基 ¥79,800-

Ultimate Ears 5Pro

e☆イヤホンで購入

 UE初のカスタムIEMで、ドライバー数こそ少ないものの、迫力がありながらキレの良さを感じられる名機です。

18Pro

6Driver、高域2基、中域2基、低域2基 ¥174,800-

Ultimate Ears 18Pro

e☆イヤホンで購入

 UE最上位に当たる18Proには、片耳に6基のドライバーが組み込まれています。多ドライバーモデルらしく、ポテンシャルの高いイヤホンです。

Reference Remastered

3Driver、高域1基、中域1基、低域1基 ¥129,800-

Ultimate Ears Reference Remastered

e☆イヤホンで購入

 UEのモニター専用のモデル。バランスの良さが絶妙で、忠実なモニタリングが可能。

JH Audio

JH Audioロゴ JH Audioは「イヤホンの神」と謳われる「Jerry Harvey氏」によって設立された米国を代表するカスタムIEMの製造・開発メーカーです。ジェリー氏はまだインイヤーモニターが普及していなかった当時、Van Halenのモニターエンジニアをしていました。
 1995年にドラマーであるアレックスに請われ、試行錯誤の末、初めてのIEMを開発。Ultimate Ears(UE)という会社を設立し、そのIEMはUE5として世界に広まりました。しかしその後、自らが本当に作りたいモノを作り続ける為、UEを離れて設立したブランドがJH Audioです。
 ジェリー氏が開発するIEMは常に最先端の技術が採用され、オーディオマニアにもファンが多いブランドです。

Roxanne

12Driver、高域4基、中域4基、低域4基 ¥228,900-

JH Audio Roxanne

e☆イヤホンで購入

 片耳12基のBAドライバを搭載したJH AudioのカスタムIEM。 圧倒的な解像度で、全帯域の細かい音までも再生してくれます。

Layla

12Driver、高域4基、中域4基、低域4基 ¥352,100-

JH Audio Layla

e☆イヤホンで購入

 Layla は、Jerry Harvey 氏が初めて手掛けた「スタジオ・マスタリング」のリファレンス用途をコンセプトに開発されたIEMです。その特徴として低域は、低域調整用のアジャスターの値を完全に下げた際に完全なフラットになるよう設計されています。

Westone

Westoneロゴ Westoneアメリカのコロラド州に本社を構えるブランド。最新の音響技術と、職人による耳用カスタム製品の50年以上に渡る経験とを融合させたカスタムIEMをラインナップしています。
 「カスタム」と聞くと、多くの人はステージに立つプロミュージシャン向けの製品と想像する場合がほとんどですが、オーディオマニアにも多くのファンを持ち、さらには競技や種目によって、カスタムIEMで競技前に集中力を高めるアスリートたちにも使用されています。
 WestoneのカスタムIEMには、『フレックスカナル』と呼ばれる耳の温度によって柔らかくなるWestone独自のシリコンを使用しています。他メーカーのカスタムイヤホンと比較しても、格段に快適な使用感と、高い遮音性を持っています。

ES50

5Driver、高域2基、中域2基、低域1基 ¥128,000-(☆8/31まで特別価格!)

Westone ES50

e☆イヤホンで購入

 ES60と比較すると低域に1基ドライバーが少ないですが、大型のドライバーを組み込む事で、ES60よりも力強い低域再生を可能にしています。ベースやギターなどの弦楽器が得意なカスタムIEMです。

ES60

6Driver、高域2基、中域2基、低域2基 ¥158,000-(☆8/31まで特別価格!)

Westone ES60

e☆イヤホンで購入

 Westoneのモデルの中でも特にフラットで自然な音の鳴り方のするイヤホン。Westoneの中でも1番人気のモデルです。

Canal Works

Canal Worksロゴ Canal Works(カナルワークス)は埼玉に本社を構える、カスタムIEMブランドです。Pioneerの設計部門出身の林一博氏によって2010年に設立され、技術力を活かした製品ラインナップを持っています。
 特に注目を集めたのが、『CW-L05QD』という4基のフルレンジBAドライバーを、ネットワークを用いずに並列に置いたモデルや、『CW-L51aPSTS』では『パーソナル・サウンド・チューニング・システム(PSTS)』という、抵抗を自分好みにチョイスできる機構を取り入れた製品も。技術畑出身ならではの個性的な製品が魅力のブランドです。

CW-L33BB

5Driver、高域1基、中域2基、低域2基 ¥118,800-

Canal Works CW-L33BB

e☆イヤホンで購入

 低音用に複数の音響管とチャンバーによる新規開発高次音響フィルターを搭載し、サブ・ウーファーのような重低音が再生可能に。EDMなどのダンスミュージックやヒップホップなどをライブの臨場感で楽しめます。

CW-L52

6Driver、高域2基、中域2基、低域2基 ¥135,000-

Canal Works CW-L52

e☆イヤホンで購入

 3Way6Driverの理想的なドライバー配置で、カナルワークス製品の中でも特に解像度が高く、バランスの良いサウンドが特徴のモデルです。


 ということで、オススメのブランドとモデルをご紹介しました! e☆イヤホン秋葉原店では、紹介したカスタムIEMがすべてご試聴可能です。カスタムIEMが気になる方は、ぜひ試聴してみてください!


究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう Pt.2 〜モデル選び&オーダー編
究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう Pt.1 〜インプレッション(耳型)採取編


★こちらの記事もご参考ください!
クラムボンがカスタムIEMを製作体験!〜前編 @ e☆イヤホン[FitEar編]
クラムボンがカスタムIEMを製作体験!〜後編 @ e☆イヤホン[FitEar編]

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

カスタムIEM各種

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

岡田卓也(おかだ・たくや)
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」CS推進部課長。帰省時にイヤホンが断線し、たまたま購入したSHURE E2cでイヤホンにハマる。これまでに試聴したイヤホン・ヘッドホンの数は数千機種に及ぶ。日本人で初めて(おそらく)beats本社やUltimateEarsのラボ見学をしたことが自慢。

オススメRECOMMEND

    人気記事RANKING

    製品レビューREVIEW

    製品ニュースPROUCTS