楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 【連載】RYOGA NAVI リョウガ・ナビゲーション powered by 島村楽器

RYOGA発売1周年記念の特別なSKATERがミディアム・スケールで登場! RYOGA / SKATER-MH3/ANV

RYOGA / SKATER-MH3/ANV

RYOGA発売1周年を記念して、特別なモデルSKATER-MH3/ANV(スケーター・エム・エイチ・スリー・アニバーサリー)がリリースされた。ロック・テイストがありつつゴージャスな感じもあるクロコダイル柄とオーストリッチ柄、各限定6本のみという超プレミアムなモデルだ。今回も、ギタリストの坂本夏樹氏がSKATER-MH3/ANVを試奏し、その魅力について語ってくれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジマートでこの商品を探す

ミディアム・スケールとスリム・ネックを採用した特別なSKATER
SAKTER-MH3/ANV

RYOGA / SKATER-MH3/ANV(CRO)

RYOGA / SKATER-MH3/ANV(OST)

 SKATER-MH3/ANVは、現代のJ-POP/J-ROCKで聴くことができるモダンなギター・サウンドを出すために設計された、RYOGAのオリジナル・モデル。先行して発売されているSKATER-H3は648mmのロング・スケールを採用し、ハリのあるサウンドが多くのプレイヤーから好評を博している。だが、まだ身体が成長する段階にある10代の若いギタリストや小柄な女性、手が小さいプレイヤーから「このサウンドは大好きだが、もう少し弾きやすいモデルがあれば……」という声も、わずかに挙がっていたという。RYOGAの開発陣はこれを聞き逃さず、RYOGA発売1周年記念のアニバーサリー・モデルで声に応えることを決意。今回のSKATER-MH3/ANVでは、628mmのミディアム・スケールを採用し(レギュラーのSKATERの型番H3に対して今回のモデルの型番にはミディアム・スケールを意味するMが加わりMH3となっている)、さらにネック・グリップもややスリムに変更して、弾きやすさがさらに向上している。

 そのほかにも、オリジナル・シェイプによるSKATER独自のカッタウェイ形状とネック・ジョイント部の大胆なヒール・カット加工、そして各弦とも2オクターブの音域を完全にカバーする24フレット仕様も、弾きやすさを際立たせるポイントに挙げられるだろう。これに、前述のミディアム・スケール、スリム・ネックという要素が加わり、特にハイ・ポジションでは異次元の弾きやすさを実現している。さらに、RYOGAならではのボディ重量を3kg前半に抑えた作り、軽量ペグを採用するなど細部までこだわったバランスの良さも特筆モノだ。

ヘッドに輝く、RYOGAロゴのメタル・プレート。軽量化のための樹脂製ペグ・ボタン、そして弦がナットからきれいに真っ直ぐ伸びた位置に、絶妙にペグが配置されていることにも注目してほしい

質量のあるブリッジを採用していることも、SKATERらしいジャキッとした音を形成する重要なポイント。また、リア・ハムバッカーはエスカッション・マウント、フロント・シングルはボディに直付けされていることも、サウンドに影響している

弦はいわゆる裏通しで、振動を無駄なくボディに伝えている。今回のアニバーサリー・モデルがミディアム・スケールになってもSKATERらしさを失わないのは、こうした構造が影響しているのだろう

 もちろん、サウンドに関しても文句無しで、特にモダン・ロックには最適な音が簡単に出せる。RYOGAオリジナルのピックアップはエッジの立った、キレの良いサウンドが特徴だ。SKATERは、フロント・シングル、リア・ハムバッカーというPU構成で、パワーコードや歪んだオクターブ奏法で攻めたい時にはリア、美しいアルペジオを耳に痛くなく聴かせたい時にはフロントなど、使える音の範囲が広い。エフェクターを多用せずとも良い音が出せることは、動画をチェックしてもらえば一目瞭然だろう(動画では、ほとんどアンプ直で演奏されており、デモ演奏時にオーバードライブを1台使用するだけで収録されている)。弾きやすく、音が良く、さらに人とは違うモデルが欲しい──そんな欲張りな人にこそ、このSKATER-MH3/ANVをオススメしたい。

SAKAMOTO's TOTAL IMPRESSION

 僕は普段ミディアム・スケールのギターを弾くことが多いので、SKATER-MH3/ANVがミディアム・スケールを採用したことは、素直に嬉しいですね。このギターは、とにかく弾きやすいです! スリムになったネックの効果もあって、コードがものすごく押さえやすい。これは初心者の人にもぜひ弾いてみてもらいたいですね。それからハイ・ポジションの弾きやすさも際立っています。このギターは24フレットまでありますが、24フレットまですべて弾かない場合でも、その手前のポジションにすごく手が届きやすいんですよ。バランスが良くて、立っても座っても体に馴染むのも、弾いていてとても楽です。

 サウンドについては、フロントはシャープですが耳に痛くないシングルコイルのサウンド、リアは太くて王道のLPモデルを思わせる粘りのあるハムバッカー・サウンドが出せます。その振り幅の大きさも魅力ですが、特にピックアップのポジションをセンターにした時のサウンドが抜群に良いですね! シングル+ハムバッカーのミックス・ポジションの音は、レンジが広くて、分離が良くて、粘りもあるという、オリジナリティのある魅力的な音だと思います。

 このSKATER-MH3/ANVは、弾きやすくて、ピッチが良くて、音も良いので、プロの現場ですぐに使えるクオリティです。それでいてこの価格というのは、プロの道具という感覚からするとすごく安いですね。もちろん、若いプレイヤーにとっては同じ感覚ではないと思いますが、そのくらいのクオリティのものだということを知っておいて欲しいですし、チャンスがあればぜひ試してみてほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

RYOGA / SKATER-MH3/ANV

価格:¥183,600 (税込)

【スペック】
●ボディ:アルダー(3P) ●ネック:ハード・メイプル(3P) ●指板:ローズウッド ●スケール:628mm ●フレット:24 ●ピックアップ:RYOGA RS-1(フロント)、RYOGA RH-1(リア) ●コントロール:1ボリューム、1トーン、3ウェイ・トグル・スイッチ ●ブリッジ:WSC JSB-CR ●ペグ:GOTOH SG301-P4N ●カラー:CRO(クロコダイル柄)、OST(オーストリッチ柄)
【問い合わせ】
島村楽器商品開発事業部 TEL:03-3613-4160 https://www.ryogaguitars.com/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

坂本夏樹(さかもと・なつき)
チリヌルヲワカ、She Her Her Hers、Over The Topでのバンド活動を経て、スタジオ・ミュージシャン、プロデューサーとして、Creepy Nuts、DE DE MOUSE、HOME MADE 家族、たんこぶちん、酸欠少女さユり、新山詩織など、数多のライブ、レコーディングに参加。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS