楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 【連載】RYOGA NAVI リョウガ・ナビゲーション powered by 島村楽器

軽量で弾きやすく、多彩な音作りができる万能ギター RYOGA / HORNET-H3

RYOGA / HORNET-H3

高品質のオリジナル・ギターを続々と発表しているRYOGA。今回は、同ブランドの中でも核となるモデル、HORNET-H3を紹介する。フロントに1シングル、リアに1ハムバッカーの2PU仕様で、奇をてらったところのないシンプルなモデルだが、ギターを弾く楽しさに溢れ、長く使っても飽きることのない奥深さを持つ名器だ。ここではビンテージ・ギター・フリークとして知られながらレコーディング、ライブの最前線で本器を愛用するギタリストの坂本夏樹氏が、その魅力を演奏とトークで紹介してくれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジマートでこの商品を探す

弾きこなす楽しさを味わえ長く付き合える1本
HORNET-H3

RYOGA / HORNET-H3(MNR)

 RYOGA HORNET-H3は、ボディとネックのマテリアルにマホガニーを用いたオリジナル・デザインのモデル。一般的に、マホガニーのモデルはよく言えば音に温かみがあって粘りもあるが、別の言い方をすれば少し音が濁り、低音の出方がもたつくことがある。HORNET-H3は、考え抜かれた設計・仕様と、それを実現する高い技術力により、温かみがありつつ澄んだ音、粘りがあるのにキレの良さもあるという、相反する要素を見事に両立させている。その仕様について、見ていこう。

 まず、やや薄めに仕上げられたボディ(42mm厚)がポイントだ。抱えやすい、軽量化できる(約3.3kg)というメリットがあり、それによって、良いフォームで演奏できる、長時間のプレイでも弾き疲れしにくい、ライブでも自由に動きやすいといった様々な効果がある。さらにサウンド面でも下記の構造、パーツとの相乗効果で、低音がタイトになっている。

 重量のあるノントレモロ・ブリッジ、弦を裏通しする構造が、薄いボディと関連したポイントだ。全体に軽量なHORNET-H3だが、重量のあるパーツ(ブリッジ)を弦の振動に直接影響する部分に採用することで、引き締まってレスポンスの良い音を生み出している。このサウンドは、現代的なJ-POPやJ-ROCKのサウンドに非常によく合い、そのためそういったサウンドを志向する若いプレイヤー、そしてまさにそういったサウンドをレコーディングしているプロのプレイヤーには最適な1本となっている。

 もうひとつ、見逃せないポイントがRYOGAオリジナル・ピックアップの音の良さだ。余計な色付けがなく、ネックとボディが作り出した良質なサウンドを素直にアウトプットしてくれる。フロント・シングルはボディに直付けされており、よりダイレクトで甘いながらも抜ける音を、リア・ハムバッカーはエスカッション・マウントによって輪郭がはっきりしながらも広がりのある音を狙っていることがわかる。他にも、ペグには精度が高く軽量なゴトー製、ポットやスイッチなどの電装系には耐久性の高いメイド・インUSAのパーツを用い、楽器としての信頼性を高めている。

良質で余計な色付けがないサウンドをアウトプットするRYOGAオリジナルのフロント・シングル、リア・ハムバッカーPU

コントロールは2ボリューム、1トーン。ミックス・ポジションでは、フロントを下げてリアをやや強めに、といったサウンド・バリエーションを簡単に作り出せる

滑らかなヒールカット加工によりハイ・ポジションにも無理なく指が届く。こうした弾きやすさへの配慮は、身体が成長過程にある若いプレイヤーや、小柄で手が小さい女性のプレイヤーにとっても嬉しいポイントだ

デジマートでこの商品を探す

 最後に、モナコレッドのフィニッシュにも注目してほしい。表面に薄くパールの粒子を吹いてあり、見る角度によって表情を変える。このフィニッシュの美しさは間違いなくライブで目を惹くだろう。ネックのサイド・ポジションには蓄光素材のマークが採用され、ステージで暗転した時でも安心してプレイできる。ライブによし、レコーディングによし、もちろん自宅で練習する場合にも、軽量で自然に手が伸びる1本だ。RYOGAの核となるモデルという評判にふさわしい、質の高いギターである。

SAKAMOTO's TOTAL IMPRESSION

 動画のオープニング曲は、完全にこのHORNET-H3によって導かれた曲ですね。HORNET-H3のグリップはとても弾きやすく握りやすいので、ストレッチが必要なアルペジオでも楽に弾けます。だからこそああいうプレイが生まれましたし、このギターの持つモダンなサウンドから曲想が生まれたのは確かです。

 最近のギターをいろいろとチェックしているんですが、低域にちょっと味付けされているものが多い印象です。でもそういったギターの音はコードの響きが濁ってしまうんですね。HORNET-H3の味付けが少なく自然なサウンドは、コードも綺麗に響くんですよ。今日もほぼアンプに直接繋ぐだけでいい音が出るので、弾いていて楽ですし、音も録りやすかったです。薄めのマホガニー・ボディ、弦を裏通しする構造、素直なピックアップ等、いろいろな要素がこのサウンドに良い影響を与えているんだと思います。自分はこのギターのリア・ハムバッカーの音が特に好きなんですが、フロントの音もいいですよ。ボリュームを絞るとアコースティックな音がします。片側がハム、片側がシングルのギターってどうしてもバランスが良くないものが多いのですが、これはバランスが良く、どちらも使える音なのがいいですね!

 僕自身もそうですが、スタジオで実際にプロ・ギタリストがHORNETを好んで使っているんですよ。第一線で使われているプロの道具が、10万円台で買えるということが凄いですよね。若いプレイヤーは、頑張ってこれを買えばその後のギター人生においての判断基準ができますし、耳が育つと思います。それくらい、良いギターです。長く使っているうちにパーツが消耗したり、好みが変わった時に、改造しやすそうなところもいいなと思います。あとは、やっぱりこの見た目のかっこよさですよね! そこにピンときたら、もうそれだけで買ってもいいと思います。音質や弾きやすさについては、自信を持ってオススメできますので! 気になる人は、とにかくショップで弾いてみてほしいですね。

RYOGA NAVI 関連記事

エアー感溢れるサウンドが魅力のシカーダにトレモロを搭載!
RYOGA / CICADA-T2

RYOGA発売1周年記念の特別なSKATERがミディアム・スケールで登場!
SKATER-MH3/ANV

軽量・コンパクトで圧倒的な扱いやすさを実現!
RYOGA / BUMBLE-F4

ロング・スケールならではのハリのあるトーンが魅力!
RYOGA / SKATER-H3

ホロウ・ボディ構造が独特のエアー感を生む!
RYOGA / CICADA-G2

日本の新ブランドからオリジナル・デザインのギターが登場!
RYOGA / HORNET-T3V

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

RYOGA / HORNET-H3

価格:¥172,800 (税込)

【スペック】
●ボディ:マホガニー(3P) ●ネック:マホガニー(1P) ●指板:ローズウッド ●スケール:628mm ●フレット:22 ●ピックアップ:RYOGA RS-1(フロント)、RYOGA RH-1(リア) ●コントロール:2ボリューム、1トーン、3ウェイ・トグル・スイッチ ●ブリッジ:WSC JSB-CR ●ペグ:GOTOH SG301-P4N ●カラー:MNB(モナコブルー)、MNR(モナコレッド)
【問い合わせ】
島村楽器商品開発事業部 TEL:03-3613-4160 https://www.ryogaguitars.com/
デジマートでこの商品を探す

プロフィール

坂本夏樹(さかもと・なつき)
チリヌルヲワカ、She Her Her Hers、Over The Topでのバンド活動を経て、スタジオ・ミュージシャン、プロデューサーとして、Creepy Nuts、DE DE MOUSE、HOME MADE 家族、たんこぶちん、酸欠少女さユり、新山詩織など、数多のライブ、レコーディングに参加。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS