楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 井戸沼尚也のニッポン沼めぐりっ!

都心から意外と近いパラダイス! 埼玉・東松山の名店「レトロバザール」に行ってみた

レトロバザール

  • 制作・企画・編集:デジマート 文:井戸沼尚也 協力:レトロバザール

日本各地に点在するという、ハマったら抜け出せない機材の沼スポット。自他共に認める機材好きで1日に5回デジマートを見る男が、全国の沼を訪ねて歩く連載、それが「ニッポン沼めぐりっ!」。今回は埼玉県東松山市の、あのお店に突撃です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年11月28日に、華々しくスタートした新連載「ニッポン沼めぐりっ!」。しかしその後、デジマート・マガジン編集部からは第2回の訪問先決定の知らせも特になく、時間だけが過ぎていった……。

 「ま、まぁ年末は楽器店さんも忙しいだろうし、取材なんか受けている場合じゃないんだ、きっとそうなんだ……」

 私は自分に言って聞かせるように小声でつぶやきながら、公園に行っては池の鯉に餌をやったり、空き地に行ってはアリの巣に棒を入れたりして、毎日を忙しく過ごしていた。 そして年が明けた2019年のある日、ついにデジマート・マガジンから電話がかかってきた。

 「井戸沼さん、次の店が決まりましたよ。埼玉県の東松山に行ったことがありますか?」

「東松山?」

 「そうです。井戸沼さん、“豚のやきとり”は食べたことあります?」

豚のやきとり?
何それ? なぞなぞ??

 軽い焦らしにも慌てることはなかった。その時点で私にはもう答えがわかっていたからだ。これは、あの店だな! ならば、とりあえず東武東上線に乗らねばなるまい! とりあえず、なぞなぞの答えは記事の最後だっ!

いざ、東松山の名店へ……

 東京・池袋から快速電車に乗って、約45分。結構遠いイメージがあったが、快速に乗ると案外早い。東松山駅に着いた。目指す店は、駅から徒歩10分くらい。いや、7分くらいだったかな。目指すお店の噂は聴いていたので、興奮しすぎて時間がよくわからない……

てくてく






ん? この看板のお方は!

地元が好きすぎて楽器店の店長でありながら市会議員も務めるという、噂の……

ということは……

ここかな?

ここじゃね? ずんずん





やっぱり! ここ!
今回の目的地
レトロバザール!

ね!

お邪魔しまーす

がちゃっ!

おっ!!

おっほ───っ!?

いきなりジャパン・ビンテージのお出迎えだぁ!!

 グヤトーン、フェルナンデス、ヤマハ……いろいろあるぞぉー! なかでも、珍しいBurnyのMelody Makerコピーが私のツボをグサグサと!!

 むおっ! 思わず脱帽、鼻血を抑える私……だって、この棚……

すごすぎるっ!

(この棚の中は、残念ながら非売品とのことです。訪問の際は見てガクガクブルブルし、楽しみましょう)

 ぱっと目につく、エレハモのトライアングルのマフとブラックフィンガー! 奥には箱入りのBig Jamが2個あるっていうも地味にすごいっ!

箱入りのラムズ!!!

 FUZZ MASTER FM-2と箱入りのWAH MASTER!!

 FUZZ MASTERの1? Maestro FZ-1、テスコの最初期真空管アンプ、なんて可愛いんだ!! テスコ、グヤトーンの弦もある! なんじゃ、この棚????

 ふうぅ。棚の衝撃から立ち直り、顔を上げると今度はアコギがズラーリ! 実はアコギにもめちゃ強い店という噂は本当だった……。

 DOVEの色味、たまらんす……

 そして、やはり圧巻なのは得意のビザール系! ビザール本でしか見たことがない、テスコの超初期モデルもさりげなく壁にかかってます!

 フェンダー・コロナドのアンティグア・フィニッシュのコピーなんて初めてみた……

 本気のビンテージもザクザク!

 フィエスタ・レッドのマッチング・ヘッドのジャガー、レイクプラシッド・ブルーのマッチング・ヘッドのジャズマスターも見えますな。

 あー、お金があったらどんどん買いたい!! レトロな小物もいろいろあって、雰囲気が良いんだよなー

 おっ、ここでIbanez WH-10の古いのを発見! やっぱりベース・モードも含めて面白いです! お値段も、お手頃価格!! やった!!! というわけで……

これくださいっ!!

 ……またやってしまったよ、自腹購入……私はいったい何のために働いておるのか……

 このタイミングで、店長の高田さんに話を聞いてみた。

 なんでも、東松山は昔から音楽の街で、店長の高田さんが幼少の頃からハワイアンやジャズが盛んでバンドマンが多かったとか。地元愛に溢れる高田さんは、都心ではなくあえてこの地で楽器店を開業。最初は自宅の10畳間に30本以上のギターを並べて売っていたそう。

 自分の親世代が使っていたギターが、当時はゴミのように扱われていたんですよ。今はジャパン・ビンテージとかビザールとか言われていますけど。そういうギターに光を当てたいという思いが強かったですね ── 高田さん

 レトロバザールは今年オープン25周年を迎える。高田さんは、8年前から市会議員も務め、音楽フェスを多数興して音楽の街・東松山の普及に尽力しているのだという。

 ふーむ、なるほどねぇ。でも、都内からはちょっと距離があるから、お店のHPとかもっと更新したら良いんじゃないすか?

レトロバザールのホームページ

 商売的にはそうなんだろうけど……あれね、日付を見るとわかると思うけど、東日本大震災の日に更新ソフトが固まってしまって、その日からそのままなんです…… ── 高田さん

 そ、そうだったのか。微力ながら、応援させていただきますっ!!

 ここで1本、YAMAHAの最初期SG-3を試奏させてもらいました! 初めて弾いたけど、やっぱりサーフ系に合う音がします。まじでジャガーやジャズマスターに負けてない! これも欲しくなってしまった……

 アコギも1本試奏! こちらもYAMAHA、FG-110です。抱え心地も鳴り方も、なんかちょうど良い感じ!

 本当に本当に買って帰りたかった1本! BurneyのMelody Maker! でも仕事行くっつって出かけて、ギター抱えて帰ったらマジで家族にバレるよな……というわけで断念!

 はああ、見ればみるほどすごい品ぞろえだった……本当にお金があったら、全部買いたかったよ……

 

 また来るからな、レトロバザール! 待ってろよ!

お店訪問後のお楽しみといえば……

  ふう、良い店だった。興奮しすぎたせいか、喉が……。ちょっと、潤す?

  というわけで、創業60年、東松山の「やきとり」の老舗、大松屋さんにイン。

  早速、ビールをジョッキで。

ぐびぐび

うんまっ!

ぷはぁ〜

 外が明るいと、余計うまいわ……

炭火で丁寧に焼かれている

 ここはやきとりの店と称しているが、出てくるのは豚のカシラ。それに、秘伝の味噌ダレをつけて食べる。

 東松山では、なぜかやきとりといえば焼きとんのことらしい。私はそのことを知っていたので、冒頭、そのことを聞いて「これは、レトロバザールに行くんだな」とわかったのだ(なぞなぞの答え!)

ストップと言わないと食べ終わる度にお皿に追加されていくカシラ。秘伝の味噌ダレでいただく

カウンターに設置された味噌ダレ

 これがね、注文しなくても勝手に「もう食べられません」というまでカシラだけが出てくるわんこそばシステム! でもうまいから、無限に食べて、飲めちゃう。他のものを食べたい人は、別途注文ね。 

大松屋
埼玉県東松山市材木町23-14
営業時間 16:15~20:00 /日曜休み
食べログURL

とにかく美味い!

 はっきり言って、東松山、最高です。都心から電車に乗って行く価値あり! もうお腹もいっぱいになってきたので、あとは家に帰ってIbanezのワウ踏みたい。

 とりあえず、ミッション・コンプリートってことで、お勘定お願いします。

レトロバザールの沼度

水深(品揃え)★★★★★
水質(スタッフの対応)★★★★★
沼の面積(フロアの広さ)★★
周辺状況(近隣の飲食店/笑)★★★★★
判定:完全に沼。速やかに再訪すべし。

店舗情報

numa2-51.jpgレトロバザール
住所:〒355-0016 埼玉県東松山市材木町18-9
電話番号:0493-25-2565
営業時間:11:00~18:00(月曜〜土曜)
定休日:日曜・祝祭日

デジマート・ショップページ
https://www.digimart.net/shop/5193/

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

レトロバザール

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

井戸沼尚也(いどぬま なおや)
日本で唯一の、沼鑑定士(自称)。 1日5回デジマートを見る、機材大好きのギタリスト/レビュアー/ライター/ワウペダル奏者。 インスト・ファンク・バンドZubola Funk Laboratoryのメンバー。 2019年3月より、ドラムとギターのみの変態インスト・バンド「Ragos」を始動。マスクをするとデジマート地下実験室の室長に似ているらしい。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS