楽器探しのアシスト・メディア デジマート・マガジン

  • 連載
  • 井戸沼尚也のニッポン沼めぐりっ!

温泉街に楽器店? 岐阜・下呂「Coo’s クマザキ楽器」に行ってみた。

Coo’s クマザキ楽器

  • 制作・企画・編集:デジマート 文:井戸沼尚也 協力:Coo’s クマザキ楽器

日本各地に点在するという、ハマったら抜け出せない機材の沼スポット。自他共に認める機材好きで1日に5回デジマートを見る男が、全国の沼を訪ねて歩く連載、それが「ニッポン沼めぐりっ」! 今回は、岐阜県下呂市のCoo's クマザキ楽器に突撃です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 おかげさまで、この連載の評判が良いらしい。中年男性が楽器店へ赴き、在庫を眺めて「すげえ」か「欲しい」か「これいくらですか」しか言わない記事が良いのかどうか、私自身には不安しかないが、とにかくありがたい。

 今回の行き先は、下呂温泉だ。非常に有名な温泉地だが、実際に行くのは初めて。東京からはまず新幹線で名古屋に出て、そこから特急ワイドビューひだに乗って約1時間半、下呂駅で下車だ。

 ……下呂で、下車。アタック強めな語感ですな。

下呂駅に到着!

空はきれいだし、空気もうまい! いいところな感じが駅前から早くも伝わる……

 下呂駅から2〜3分歩くと、大きな川に出る。飛騨川だ。

もう、本当に本当に水がきれい!

 水質が、信じられないほどきれいで思わず見とれる。こんなところに楽器店があるなんて、本当だろうか……。

空と山並みのコントラストがなんとも素晴らしい

支流(?)に足を浸す、需要のないサービス・カット。とても気持ちが良かった! 加えていうなら、楽器店の取材に行く雰囲気ではない

ん? 帽子になんか止まってる!?

赤とんぼも歓迎してくれました(笑)

 川の近くには、チャールズ・チャップリン(映画俳優、コメディアン)の像があったので、記念撮影! なぜ下呂温泉にチャップリンなのか、由来を調べたが「観光客が映画について語らいながら温泉街を散策できるように設置された」とのこと。うん? それならもっと岐阜にゆかりのある映画人の方が……よく分からない。

「Welcome to GERO!」の文字に目を奪われる

温泉街の定番、顔出しパネル。だが、逆方向からのぞく人は少ないだろう……

 旅の疲れ、そして温泉街の散策で、小腹が減ってきた。聞くところによると、この辺りは「鶏(けい)ちゃん焼き」というのが名物らしい。

 どことなくファンキーな香りのする「喫茶 軽食 鶏ちゃん ジーニョ」という店を見つけ、イン。さっそく鶏ちゃん焼きをいただくとしよう。

適度な枯れ感と独自のグルーヴを感じさせる外観の「ジーニョ」

これが鶏ちゃん焼きだ!

ジャジャ〜ン!

 タレに漬け込んだ鶏肉と野菜を焼いて食べるのだが、店ごとに味付けが異なるらしい。ここは甘辛いタレで、締めに麺を投入するスタイル! 

うっ、うまい!

鶏ちゃん焼き、うまいっ! ビールが欲しくなる味付けだったが、さすがに取材前にビールを飲むバカはいない

 鶏ちゃん焼きを堪能した際に、店主から少し話を聞く。意外にも下呂温泉は音楽が盛んらしく、花火ミュージカル、サンバ・パレードなど、音楽を絡めたお祭りが行なわれ、その際にはこれから伺う「Coo’s クマザキ楽器(以下、クマザキ楽器)」さんが活躍しているという。ほほう?

食べ歩きはまだまだ続く……

 ジーニョを出たものの、取材のアポイントまで時間がある……ということでウロウロしていたら、温泉たまごとアイスクリームが合体した温玉ソフトと、温かいほんわかプリンなるものを発見! こんなものが、果たしてうまいのか? まぁ時間もあるし、食べてみるか……。

右にあるのが「温玉ソフト」。本当にソフトクリームwith温泉たまごですよ。これは、どうなのか……。そして隣にあるのが「ほんわかプリン」。いずれも「あゆみ屋」で食べることができる

ほんわかプリンはこんな感じで、温泉に浸かって温まっているわけ

 まずは温玉ソフトから。温泉たまごをぐちゃぐちゃに混ぜてから食べるという……。大丈夫かいな?

半信半疑でモグモグ……

 ぴっかーん! この顔! もう美味しいか、美味しくないか、分かるでしょう。考えてみればアイスクリームの原料にはたまごが使われているし、合わないわけがないのだ!

うんまい! テーレッテレー!

 続いて、ほんわかプリン!
 またしても、この顔! 
 あったかいプリン、うまっ!

このあと「これ、本当にうまいですよ」と100回言った

 いやー、いろいろ食べたな、しかし。これじゃ友人・知人から「井戸沼さん、デジマートでやってる食レポ、面白いですね」と言われてしまうのも仕方がない。

 が、この企画はそうではない! 本来は楽器店めぐりなのだ。それをこれから証明すべく「クマザキ楽器」に向かう。

いざ、Coo'sクマザキ楽器へ潜入!

こっちの方かな? てくてく……

 じゃーん! あったー! 「クマザキ楽器」! 温泉街のど真ん中から意外と近いよ。歩いて2〜3分で着きます。私の場合は寄り道ばっかりしていたからな。

少し奥に入ったところがクマザキ楽器。手前は駐車場

じゃあ、入りましょうか? この瞬間が最高にワクワクするんだよなー

うわー、広い! 
都内の楽器店では、この広さ、
このゆったり感はないぞぉー!

写真で広さがどこまで伝わるか……通路の幅とか、これまでの楽器店では経験がない感じ

 よし、じゃあいろいろ見ていくか! 

 まずはお目当のギター・コーナー! 

 じゃーん! ん? あれ? 意外と、なんというかコンパクトだな……

重量級のビンテージやハイエンド品の姿はなく、リーズナブルな価格帯のギターが中心

 で、では、アンプ・ウォール!

小型の練習用アンプが目につく

 ぱっと見、あっと驚くようなアンプは見当たらないが……

 じゃあじゃあ、エフェクター・コーナー!

非常にすっきりとした棚

 厳選された品ぞろえ、なのか?

 これはどうしたことだ? 

 今までの沼めぐりっの店とはずいぶん雰囲気が違うぞ? 

店主の熊崎さんに話を聞いてみた

── えーと、すいません。率直に言って、意外とギターが少ないんですね?

熊崎さん ── 地方の楽器店は、いま本当に厳しいんですよ。特にギターが。特にここ数年はひどい状況で……だからギター・コーナーを縮小したんです。今はネットで買っちゃう人も多いから「ギターは触って、確かめて買うものですよ」とアドバイスしているんですが、そうすると地元で買わずに東京まで交通費をかけて買いに行ってしまうんですよ……。

えっ……

店主の熊崎さんと、大きなPA卓の前で

── そ、そうなんですか……。エフェクターも、正直点数が少なめですよね?

熊崎さん ── エフェクターも厳しいですね……。なんとか状況を変えようと、思い切って高価なエフェクターをいくつか仕入れたこともあったのですが、それが万引きされてしまって……。

んなにぃーっ!? 

許さんっっ!!(怒)

 楽器やエフェクターの製作者がどういう思いで作っているか、それを楽器店さんがどれだけ苦労して売っているか。盗んだ奴はそういったことを全部踏みにじり、本当はいつかそれを手に入れるはずだった人のチャンスも潰したんだ。あー、これを書いていたら本当に涙が出てきたよ…………

熊崎さん ── いま楽器販売がそういう状態ということもあって、それで、うちはPA機器の販売やレンタル、オペレート業務中心にシフトしたんです。

 なるほど、それで……

こちら充実したPA機器コーナー!

PAスピーカー各種を中心に、照明、ミキサーなどいろいろそろってる!

温泉街にあってこんなにPAスピーカーが置いてある楽器屋さんってほかにある?

マイクやミキサーなどがずらりと展示。なおクマザキ楽器では、販売だけでなくPAや照明機器のレンタルもやっているらしい

熊崎さん ── PAのオペレートといっても全部独学で身に付けたので、最初は大変でした。でも最近のPA機器がどんどん良くなっていることにも助けられて、今ではこの辺り一帯のお祭りやコンサートでPAを担当することが多いです。

お人柄がにじみ出ている熊崎さん。ホッコリ

 あっ! それで!! さっきの鶏ちゃん焼きの店「ジーニョ」の店主も、熊崎さんと懇意にしているって言っていたもんなぁ!

こんな風に卓やアンプを運んでいって、ステージを裏から支えている

熊崎さんいわく「上手いバンドは中音のバランスがいいから、PAを担当していても楽なんです」とのこと

熊崎さん ── 最近のものは、アンプにしろスピーカーにしろ、低価格でコンパクト、それでいて音質も良くなっています。ちょっと、実際に音を聞いてみますか?

numa5-51.jpg

 といって、超々爆音でかけてくれたのが、TOTOの曲「Africa」のライブ・バージョン

おおーっ、すっげえ!

本当にライブを見ているような臨場感!

マジで! ライブ会場にいる感じ! 超アガりましたよ

 スティーヴ・ルカサーがそこにいるのが見える!!

 しかも、ここにあるスピーカー全部から音が出てるかと思ったらこんな小さなスピーカーから鳴っていた! ここからあれだけの音量が出るとは……

Wharfedaleのラインアレイ・スピーカー。「このブランドはリーズナブルなのにクオリティが高い」と熊崎さん。小さいのに良くできてる!

 すごいなぁ、良い音、でかい音で聴く音楽は、やっぱり格別だ。

 一瞬でご機嫌になった自分に、熊崎さんはこんな寂しいことを言う……。

せっかく遠くから来ていただいたのに……
こんな感じの店で申し訳ないです。

 なにをおっしゃいますか! ここまで話して、自分はなんとしてもこの店の魅力を伝えたくなった。プロの沼メグラーの、腕の見せどころだっ! というわけで店内を再チェック!

 アンプ・ウォールに古いAce Toneを発見!

この押しボタン式のスイッチがたまりませんな!

 お、これは初期型のYAMAHAのFG-180 弾かせてもらっていいですかね?

これ赤ラベルっすよ!

FG-180を試奏させてもらい、薄〜くニヤつく不審な男性。ちなみに机の上にあるのはご当地の「下呂茶」と求肥をカステラ生地で包んで鮎の形にした岐阜の銘菓「鮎菓子」。熊崎さんがわざわざご用意してくださった。ありがたい!

── これ、ギター自体もいいんですけど……弦、新品ですよね? 取材に来るということで、わざわざ張ってくださったんですか?

熊崎さん ── いやいや……在庫は少ないですけど、せっかく来てくれたお客さんが試奏するときに弦が古いと申し訳ないでしょう? 特にアコギは、ね。だから気をつけているんです。

 ……都心の店でも、古い弦を平気で張りっぱなしにしているところはある。こういうところに人柄が出るんだよなぁ。

 弦のストックも、在庫数は多くはないが、多岐にわたる。ギターはもちろん、バイオリン、マンドリン、バンジョー、三味線、大正琴、二胡……

「来てくれたお客さんは、欲しいものがないと分かると二度と来てくれなくなりますから」と熊崎さんは言う

ほかにも、なんととなーく面白いポイントが点在!

カセットテープ、そしてMDもあるっ!

遠慮がちに添えられた「お買い上げくださいネ」のネにぐっとくる。てか、買いなよ、吹いたらよ!

アナログ・レコード・コーナーで、エミリー・レムラー発見! 今見ても、可愛い。本当に惜しい人を亡くしたなぁ。ちなみにこのギター、335に見えますが330にハムバッカーを載せた改造品で……(以下、割愛)

このフォント! たまらん!

マイ・ミラーボール、いかがっすか? デジマートで売れてるらしい

フレディを挟んでスペシャルなギタリスト2名が加わった豪華なバンド(笑)

 こうしてみると、面白い店じゃないですか! 温泉街にあって、時がゆっくり進んでいるような……ちょっと地味ではあるけど、噛むほど味のある店なので、下呂温泉に行くミュージシャンは必ず立ち寄るべし! というか、ここに行くついでに温泉に行ったらいいんじゃないの??

 最後に、熊崎さんと卓の前で写真を!

失礼ながら、子供のようないいお顔をしているんですよ、熊崎さん。ぜひ会いに行って! 

再び周辺散策へ……

 というわけで、取材終了。ふう、ちょっと汗をかきました。で、歩いていたら露天風呂を発見!

なになに、ここ入れんの?

 それじゃ、せっかく温泉街に来たんだし、ひとっぷろ浴びますか!

ここ、ここ。「河鹿の湯」っていうのか

こういう時でも、下駄箱の番号は「69」とか選んじゃう

〜入浴シーンは割愛させていただきます〜

ふーっ、いい湯でした。トゥルットゥルのピッカピカですよ

 さて、仕事もほぼほぼ終了、締めのビールをプハーッといこうか。またしてもウロウロしていたら、「下呂牛乳ラーメン」というパワー・ワードを掲げた店にぶち当たる。入ってみますか。

これが中華酒房「桃庵」の名物「下呂牛乳ラーメン」だっ! とんこつと鶏ガラからとったスープに下呂牛乳がブレンドされている

いただきまーす。……どことなく、元気がない……

ビールだって飲んじゃうぜ

むふぅぅ……

 下呂牛乳ラーメンは、名前のインパクトに反して普通にうまい。ビールだって、うまいよ。

 だけど、やけに苦かった。

 理由はわかっている。

 地方の楽器店の苦しさを、目の当たりにしたからだ。ギターも、アンプも、エフェクターも……。

 なんでだろう?

ギターって、なによりも
カッコいいはずだよね?

 個々のメーカー、卸や代理店などの流通、楽器店、みんな必死に頑張っているんだと思う。

 なにが足りないんだろう? 

 自分にできることは、なんだろう? 

 今回も、お腹はいっぱいになった。

 でも胸の奥にモヤモヤしたものを抱えたまま、とりあえずミッション・コンプリート……。

Coo’s クマザキ楽器

水深(ギターの品ぞろえ)★☆
水質(店舗の美しさ)★★★
沼の面積(フロアの広さ)★★★★★
周辺状況(近隣の飲食店など)★★★★★
判定:厳しい干ばつに見舞われている沼。保護すべし!

店舗情報

numa5-52.jpg

Coo’s クマザキ楽器
住所:509-2202 岐阜県下呂市森1068
電話番号: 0576-25-2339
営業時間:平日9:00〜18:00 土曜9:00〜17:00
定休日:日曜日

デジマート・ショップページ
https://www.digimart.net/shop/5024/

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品情報

Coo’s クマザキ楽器

デジマートでこの商品を探す

フロア・スピーカー/PAセット

デジマートでこの商品を探す

スピーカー・アクセサリ

デジマートでこの商品を探す

ミキサー/コンソール

デジマートでこの商品を探す

パワー・アンプ

デジマートでこの商品を探す

プロフィール

井戸沼尚也(いどぬま なおや)
日本で唯一の、沼鑑定士(自称)。 1日5回デジマートを見る、機材大好きのギタリスト/レビュアー/ライター/ワウペダル奏者。 インスト・ファンク・バンドZubola Funk Laboratoryのメンバー。 2019年3月より、ドラムとギターのみの変態インスト・バンド「Ragos」を始動。マスクをするとデジマート地下実験室の室長に似ているらしい。

人気記事RANKING

製品レビューREVIEW

製品ニュースPROUCTS